コラム

【トレース~科捜研の男~】第4話あらすじ 兄弟が迎えた悲しい結末! 科捜研メンバー・相楽が見せた涙【月9ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【トレース~科捜研の男~】第4話あらすじ 兄弟が迎えた悲しい結末! 科捜研メンバー・相楽が見せた涙【月9ドラマ】

1月28日に、「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第4話が放送された。

同作は実際に起きた事件や経験をベースに描く、本格科捜研サスペンス。月9初主演の錦戸亮演じる真野礼二が、現場に残された痕跡から被害者の思いや無念を明らかにしていく。

前話で過去と現在を結ぶ連続幼女殺人事件に挑んだ礼二たち。第4話では科捜研メンバーに降りかかった事件を解決すべく、科捜研総出で鑑定に奔走する。

虎丸から疑われる科捜研メンバー・相楽

アパートの一室で遺体となって発見された、科捜研メンバー相楽(山崎樹範)の兄・浩司(やべきょうすけ)。死因は頸動脈を切られたことによる失血死で、捜査一課の虎丸(船越英一郎)は首以外に傷がないことから顔見知りの犯行を疑った。

ところが礼二たちが室内を調べても犯人の痕跡は見つからず。いっぽう警察で聴取を受ける相楽は、浩司に何度も金を騙し取られた経験から「殺されても仕方ない嘘つき野郎なんです」と冷たい態度を見せていた。虎丸は浩司にかけられた保険金がらみの線を疑うが、手がかりはこれといって出てこない。

そのころ科捜研では、事件に深入りする礼二に相楽が怒り混じりに「首を突っ込むな」と忠告。相楽の態度が理解できない同僚のノンナ(新木優子)は、飲み屋で相楽に礼二が真相解明に懸ける思いを伝えていく。

ようやく相楽も浩司と過ごした時間を語り始めたが、その矢先に虎丸ら捜査官が乱入。相楽が事件前に浩司と会っていたことが発覚し、重要参考人として任意同行を求められたのだ。

警察は相楽による犯行を疑ったものの、礼二の鑑定によって浩司の毛髪から大麻成分が検出されたため方針を一転。大麻がらみの事件として捜査は進められていく。

科捜研では浩司の秘密を暴いた礼二に、相楽の怒りが収まらない。相楽によると浩司が金を返済するため相楽の前に現れたが、相楽はその手を振り払い絶縁宣言したという。身内に大麻使用者がいると知られたくなかった相楽は、辞表を提出してその場を立ち去ってしまう。

思いもよらなかった事件の“真実”

虎丸は浩司が金を借りていた男をマークし、取り調べを行うが手応えはない。

いっぽうノンナは相楽と浩司が対面した現場へと出向き、散ってしまった浩司の紙幣にヒントがないかと調査を開始。すると礼二やほかの科捜研メンバーたちも姿を見せ、事件解決への思いが一致した面々は未発見だった現金用封筒や紙幣を見つけ出していく。

その後、礼二は浩司の部屋へと向かい、浩司の血の飛び散り方を丹念に調べてある事実に突きあたっていた。

浩司の部屋に集まった礼二・ノンナ・虎丸、そして相楽。礼二は飛び散った血が不自然な点なく部屋内に散っていることから、返り血を浴びた人物が存在せず「犯人はいない」と相楽に語りかける。

真相は胃がんによる余命宣告を受けた浩司による自殺であり、彼は相楽が保険金を受け取れるよう殺人事件を偽装していたのだ。

続けてノンナは封筒に付着した機械油の鑑定から、浩司が町工場で働いていた事実を告げる。相楽に金を返そうと1年前から真剣に働いていた浩司は、病気と判明しても治療費用を出し惜しんだ。

それでも働き続けた結果、浩司は体の痛みを消すため大麻に手を出してしまう。事件の全容とともに浩司の思いを知らされ、兄は嘘が下手だと泣き崩れる相楽。辞表は撤回され、相楽は真相を突き止めた礼二に感謝を伝えるのだった。

視聴者を涙させた山崎樹範の号泣演技

第4話では科捜研メンバーの相楽に不幸が降りかかり、兄の死後に和解するという悲劇的な物語が視聴者の涙を誘うことに。相楽役・山崎樹範の好演も光り、真相を知った際には鼻水まで垂れ流すほどの号泣演技を見せている。

魂のこもった山崎の熱演に、ネット上では「まさか相楽さんに泣かせられるとは思ってなかった」「もともと兄弟の物語には弱いけど山崎さんの演技が迫真すぎて号泣」と称賛の声が続出。

また今回の事件を通じて礼二と相楽の間に信頼関係が生まれており、結末を見守っていた視聴者を喜ばせたようだ。

第5話で科捜研は、遺体で見つかったスナック勤務の海東奈津美(滝沢沙織)の鑑定を行うことに。礼二は鑑定結果から真相を手繰り寄せられるのだろうか?

関連記事