コラム

【トレース~科捜研の男~】第3話あらすじ 少女の遺体に隠された謎… 礼二・虎丸の初共闘で導き出した悲しい真実【月9ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【トレース~科捜研の男~】第3話あらすじ 少女の遺体に隠された謎… 礼二・虎丸の初共闘で導き出した悲しい真実【月9ドラマ】

1月25日に、「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第3話が放送された。同作は実際に起きた事件や経験をベースに描く、本格科捜研サスペンス。月9初主演の錦戸亮演じる真野礼二が、現場に残された痕跡から被害者の思いや無念を明らかにしていく。前話では鑑定から犯人が持つ特異体質を見抜いた礼二。第3話は過去と現在を結ぶ連続幼女殺人事件の謎に挑む。

執念が招いた刑事の暴走

今回、科捜研に依頼されたのは、絞殺疑いがある少女・桃(高松咲希)の鑑定。性的暴行が否定され動機について悩む捜査一課の虎丸(船越英一郎)に、先輩刑事・鶴見(大地康雄)は殺すことだけが目的だと声をかける。

鶴見は20年前と10年前に発生した連続幼女殺人事件を追っており、ボランティア職員・西内(池内万作)をマークしたものの証拠がなく逮捕できずにいた。

遺体発見の前日に桃と一緒に遊んでいた同級生・唯(稲垣来泉)は寝込んでしまい、桃の両親も責任を押しつけ合って険悪なムードに。

そんななか科捜研の礼二とノンナ(新木優子)は、遺体発見現場となった公園内でタバコの吸い殻を回収。タバコからは西内と同型のDNAが検出されたものの、西内は取り調べで容疑を認めようとしない。

いっぽう見つかったタバコに違和感を覚えた礼二は、再び訪れた現場で手を合わせながら「ごめんね」とつぶやく唯を目撃する。

礼二は鑑定結果からタバコが意図的に用意されたものと見抜き、捜査会議室に乗り込むと鶴見に「証拠を捏造しましたね」と宣告。鶴見が認めたため虎丸は激しく非難を浴びせ、証拠隠滅容疑で鶴見を逮捕する事態におよぶ。

取り調べ後に科捜研で礼二らに詫びを入れた虎丸が取り出したのは、1冊の捜査手帳。鶴見が過去の連続幼女殺人事件で使用していた手帳で、そのなかには捜査に関する情報がびっしりと書き込まれていた。

桃をめぐる悲劇的な真実

礼二は虎丸とともに鶴見と面会し、かつての事件で不審者と被害者が偶然捉えられた動画の存在を知る。映像に映った不審者の顔は判定できないものの、礼次は不審者が着用しているジーンズに注目。

西内が所持しているジーンズと映像に映ったジーンズの縫製痕が一致し、なんと不審者が西内だと断定されたのだ。西内を追いつめた虎丸は、鶴見の無念を重ねながら手錠をかけた。

連続幼女殺人事件は解決へ向かうかと思われたが、西内は過去2件の事件は認めながら桃への凶行は否認する。そこで礼二が桃の衣服を追加鑑定したところ脇部分から血液反応が現れ、女性のDNA型と判明。

礼二は衣類の汚れ方から遺体の脇に手を差し込んで移動を試みたものの動かせず、足首を持って引きずったと推測する。桃の体すら運ぶのが困難だったという状況から、礼二たちの脳裏に浮かんだ人物はただひとり。

桃の同級生・唯が全ての真相を告白し、桃は殺害されたのではなく不慮の事故だったと判明する。桃は仲の悪い両親を仲直りさせるため、ネットで知った自殺の偽装工作を練習しようと試みた。

ところが首にかけたロープが食い込んでしまい、唯は必死にほどこうとして指先を負傷。ほどき終えた頃には桃は息絶えており、幼心に発覚を恐れた唯は遺体を隠そうと地面を引きずったという。

虎丸から真相を聞かされた桃の両親は遺影の前で涙をこぼし、失ったものの大切さに気づくのだった。

礼二と虎丸の共闘が熱い!

第3話では連続幼女殺人事件を追う現役刑事が、物語の中盤で逮捕されるという予想外の展開に。そんななか大きな変化を見せたのが、礼二と虎丸の関係性だ。

何度も衝突してきた2人だが、鶴見の逮捕によって初めて事件への向き合い方が一致。虎丸は礼二に謝罪すると、彼の意見を積極的に取り入れる姿勢を見せた。ちぐはぐだった2人の呼吸が今回はぴたりと合い、過去の事件と今回の事故の真相を手繰り寄せている。

礼二と虎丸の共闘に視聴者も興奮したようで、ネット上には「虎丸さんのこと嫌いだったけどこれは名コンビ誕生の予感」「冷静な虎丸カッコいいじゃん。今回だけじゃなく今後の関係にも期待!」といった声が続出している。

第4話ではある殺人事件をめぐり、科捜研メンバーに疑いの目が向けられてしまう。果たして礼二は仲間を救い、真相を解明することができるのか?

関連記事