コラム

【トレース~科捜研の男~】第1話あらすじ 遺留物から真相を追及! クールな“科捜研の男”真野礼二が登場

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【トレース~科捜研の男~】第1話あらすじ 遺留物から真相を追及! クールな“科捜研の男”真野礼二が登場

1月7日に、「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系、月曜午後9時)の第1話が放送された。

同作は実際に起きた事件や経験をベースに描く、本格科捜研サスペンス。月9初主演の錦戸亮演じる真野礼二が、現場に残された痕跡から被害者の思いや無念を明らかにしていく。

山中で見つかったバラバラ死体の謎

第1話では、野犬が切断された人間の左手をくわえてくる衝撃的な場面からスタート。事件を担当する警視庁捜査一課の刑事・虎丸良平(船越英一郎)は、鑑定結果を求めて訪れた科捜研で礼二と対面する。

結果を受け取った虎丸は残りの部位の捜索をはじめるが、礼二は付着物の内容から別の場所を推測。新人の沢口ノンナ(新木優子)を連れて出向いた山中で、女性のバラバラ死体を発見するのだった。

司法解剖の結果、被害者は生前から恒常的な暴力を受けていたことが判明する。また「娘かもしれない」と名乗り出た千鶴(森口瑤子)と、その再婚相手で教育評論家の康信(吹越満)が身元を確認。

警察は被害者・美加(菅野莉央)の婚約者に注目するが、明確な証拠は見つからない。いっぽうノンナは自身の目で死体を見つけて以降体調が優れなかったものの、礼二から「彼女は君が見つけてくれたことに感謝しているはずだ」と励まされる。

虎丸の捜査方針に従わない礼二独自の調査で、千鶴が美加と事件直前に面会していた可能性が浮上。千鶴夫婦のマンションに向かった虎丸は、隣人・飛田(池田純矢)の証言もあり康信が日常的に家族に暴力を振るっていたと推測する。

直感を頼りに康信を犯人と決めつける虎丸のやり方に、礼二は「気持ち悪い」と告げて2人の対立はますます鮮明に。激怒した虎丸は礼二を担当から外すよう医科長の海塚律子(小雪)に注文を入れ、後任としてノンナを指名した。

礼二が見つけた“真実のかけら”

礼二の検証により、美加の腕にあった火傷痕と千鶴の腕の火傷痕が同時に“負わされた”可能性が高いと判明。ノンナは虎丸と向かった家宅捜索で、千鶴に真実を語ってほしいと詰め寄った。

しかしノンナの行為は越権行為であり、虎丸どころか律子からも注意を受けることに。肩を落とすノンナだったが、彼女の言葉に心を動かされた千鶴が血痕の付着した灰皿を警察に提出。血痕は美加のものであり、虎丸は康信を厳しく追及していく。

康信が殺害犯だと示す証拠が見つからず焦る虎丸は、律子から礼二を捜査に戻すよう進言されて渋々復帰を許可。礼二を加えたチームでマンションを調査したところ意外な場所から血液反応が現れ、ついに真犯人の逮捕へと至る。

録音データが押収されたことで、警察は康信によるDVを立証。事件発生前にも灰皿で美加を殴打しており、彼女は額から血を流しながらも部屋をあとにしていた。

しかし康信はそれ以上深追いしておらず、殺害事件については無関係。美加を襲った真犯人は、なんと隣人である飛田だった。無理やり美加を引きずり込んだ際、彼女の血が玄関前の廊下に付着した痕跡を礼二が発見したのだ。

飛田は以前から盗聴によって康信のDVを察知しており、自身もDV被害者であるためシンパシーを感じた美加を拉致。彼女が逃げ出そうとしたため刺殺しバラバラにして遺棄したのが真相で、ノンナは遺留物を調べ上げて真実にたどり着いた礼二に驚きを隠せない。

しかしそんな礼二もまた、凄惨な事件に巻き込まれた過去を抱え込んでいた。

クールな科捜研の男・錦戸に視聴者興奮!

初回となる今回のエピソードでは、虎丸に反発しながらも丹念に遺留物から真実をたどっていく礼二の冷静沈着な目が光った。

そんな礼二の頭の中にフラッシュバックする凄惨な殺人事件が、警察に対する批判的な目線と真相を追及するモチベーションに大きく影響している様子。終幕間際には過去の殺人現場と交互に描かれるように、警視庁刑事部長に就任した壇浩輝(千原ジュニア)の姿が。

ネット上では「錦戸くんのクールな感じが礼二のキャラにぴったりすぎて驚いた!」「もし過去の事件と壇が関係するなら、錦戸VS千原ジュニアの意外すぎる対決が見られるの?」といった声が続出。初回から大きな謎を残すラストとなったが、今後も過去の事件が並行して追及されることになりそうだ。

第2話で礼二とノンナは、パーティー会場で殺害された外科医のDNA鑑定を行うことに。遺留品を通して2人がどのような結論を導き出すのか、片時も目が離せない!

関連記事