TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

高橋一生が声優初挑戦! 話題作「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」の日本最速インタビュー!【前編】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

高橋一生が声優初挑戦! 話題作「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」の日本最速インタビュー!【前編】

(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

全米放送後、たった11日でfacebookの予告映像がTVシリーズ史上最高5,000万回という驚異的新記録を樹立。平均視聴者数は1,530万人を超え、海外ドラマの双璧である「24-TWENTY FOUR- レガシー」や「プリズン・ブレイク シーズン5」の2倍以上の視聴率を獲得したお化け海外ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」。

本作は、誕生日が同じ36歳の男女3人が人生に悩みながらも前に進んでいく姿を描く、共感と感動に満ち溢れたヒューマンドラマ。主役のひとりであるケヴィンの声を、同じ36歳の最旬俳優・高橋一生が務めていることでも話題を呼んでいる。

dmenuTVでは、主役のひとりであるランダルを演じ、2017年のエミー賞主演男優賞を獲得した、注目の俳優スターリング・K・ブラウンのインタビューを日本最速で入手。前後編に分けてお届けする。


■Q:あなたが演じるランダルについて教えてください。

スターリング・K・ブラウン:まずパイロット版(=第1話のこと)では、同じ誕生日の4人が出てくるよね?全員が同じ日に36歳になる。それから、実は彼らには誕生日以外にも共通点があることが判明するんだ。ランダルは非常に成功している実業家で、ウォール街で働いていて、仕事の内容は説明しづらいんだけど、それは今後分かってくる。しかも彼には美しい妻と2人の美しい娘がいて、彼の人生はとても順調なんだけど、生まれた時に養子になって以来、いま初めて生物学上の父親と連絡を取ろうとしているところなんだ。その人には一度も会ったことがないのに、なぜだか彼を探し出して会わなければならない気持ちに駆られている。それが彼の現在の状況だよ。

■Q:「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」や、ランダルという役にどのような魅力を感じましたか?

スターリング・K・ブラウン:まずはドラマ全体に興味を持ったんだ。ダン・フォーゲルマンは非常に素晴らしい才能を持った脚本家だからね。妻と僕は彼の映画『ラブ・アゲイン』を観ていたし、もし彼が何かやるとしたらぜひとも参加したいとチャンスを待ち望んでいたんだ。脚本を初めて声に出して読んだ時、笑って泣いて、あごが外れるほど驚かされたよ。ランダルに関しては、自分とたくさん共通点がある気がして本当に興味深いね。僕たちはお互い子供がふたりいて、美しい妻がいて、仕事も非常にうまくいっていて、どちらも父親を失っている状態で。僕の父は僕が10歳の時に亡くなったから、ずっと憧れのような、父親的存在への憧憬があって。僕が思うにランダルもかなり近い状況で、いま自分の人生に父親がいて、妻や友達に会わせたらどんな感じなんだろうと想像したり……僕も同じようなことを自問したりするんだ。

■Q:近年、アメリカでは、涙を誘うようなドラマが増え、大人気となっています。なぜ今、こういった大きな感動を呼ぶ家族ドラマが求められているのだと思いますか?

スターリング・K・ブラウン:なぜなら自分の人生をどうにかしようとしている人々のドラマだからさ。僕は、そこにはすごく普遍的に訴えかける何かがあると思っている。たぶん30代半ばはそれなりの分岐点で、そこから人生がいくつかの方向に分かれていく可能性がある。自分のキャリアだったり、初めて親になったり、それまで知らなかった家族と繋がったり。誰もが次にどうしたらいいか答えを見つけ出そうとしているという、そこがみんなが共感できるところなんだと思う。それで僕たちはよく、自分だけが孤立した状態でそういった選択を迫られていて、「どうして自分だけにこんなことが起きるんだ?」と感じがちだけど、このドラマはある意味、それは誰でも同じなんだっていうのを示しているんじゃないかと思うんだ。そして自分ひとりだけじゃないと気づくというのは、すごく励まされるものがあるんじゃないかな。

■Q:家族を描いたドラマは、ここ10年ほどはコメディに限定されることが多かったように思います。「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」で、ついにドラマがより繊細な、よりパーソナルな問題と向き合い始めたのではないかと感じることは?

スターリング・K・ブラウン:それは正しいと思う。家族のドラマは分かりやすいものや、あるいはダークな感じのものが多かったよね。僕は「ゲーム・オブ・スローンズ」も「ハウス・オブ・カード 野望の階段」も「ブレイキング・バッド」も大好きだけど、それはいわゆる心温まるストーリーではなくて。だから僕たちのドラマには何か、希望はあるっていう感覚を広めようとしているような、いまの社会全体に対する軟膏のような、そういう何かがあると思うんだ。たぶんここアメリカでは特にね。

【後編に続く】

THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから

「THIS IS US/ディス・イズ・アス 36歳、これから」

デジタル配信中、レンタル・セル 2018年2月21日(水)
【DVD】DVDコレクターズBOX  9枚組 希望小売価格 ¥14,400+税
発売元/20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
NHKでは、2018年1月3日~5日にかけて、毎日深夜より1話~12話を再放送。1月7日(日)に13話、その後は毎週日曜日に次回のエピソードを放映。

新規会員登録初回31日間無料!【dTV】でも配信中。

バナー画像


取材・文/田嶋真理

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP