コラム

注目の英国イケメン俳優を主演に迎え、伝説の名作ホラー『オーメン』がTVドラマで復活!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

(c)2016 A&E Television Network, LLC. All rights reserved.

映画『ファーゴ』『スリーピー・ホロウ』『マイノリティ・リポート』『リーサル・ウェポン』『トレーニング デイ』『ローズマリーの赤ちゃん』など、近年、名作映画のTVドラマ化が相次いでいる。オリジナルの世界的な知名度を生かし、新たな物語をプラスすることで、手早くファンを獲得出来る旨味があるからだろう。

アルフレッド・ヒッチコック監督の名作スリラー『サイコ』の前日談を描き、スマッシュ・ヒットとなったTVドラマ『ベイツ・モーテル』を生み出した米A&Eが次に目を付けたのが、ホラー映画『オーメン』。映画『ローマの休日』で知られるハリウッドのレジェンド、グレゴリー・ペックが悪魔の子を持った父親の苦悩と悲しみを繊細に表現。ホラー描写だけでなく、人間ドラマも高く評価された名作だ。

その後日談をTVドラマ化した『オーメン』の製作総指揮と脚本は、人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のグレン・マザラが担当。奇しくもドラマがスタートした2016年は、映画『オーメン』の公開から40年という節目の年にあたる。またとないタイミングで『オーメン』は放送をスタートさせたのだ。

TVドラマ『オーメン』の主人公は、ダミアン・ソーン。映画『オーメン』で5歳だった少年は、30歳のたくましい男性に成長。戦場カメラマンとして、世界中を飛び回る生活を送っていた。そんなある日、ダミアンはシリア、ダマスカスにあるキリスト教区で、謎めいた老婆に遭遇。その正体を調べるうちに、自身が反キリストであり、善と悪の決戦が間近に迫っていることを知る。

特に印象的なのは、老婆がダミアンに「愛してる。すべてあなたのためよ」と囁き、封印された彼の幼い頃の記憶を呼び覚まそうとするシーン。これは、映画『オーメン』で、ダミアンの乳母が衆人環視の中、飛び降り自殺を遂げるショッキングなシーンの名セリフを再現したもの。さらに、ダミアンの回想という設定で、映画『オーメン』の名場面の数々も挿入されるため、オリジナル版を知らない人でも楽しめる工夫がされている。

映画『オーメン』は大ヒットしたため、『オーメン2/ダミアン』『オーメン/最後の闘争』『オーメン4』という続編があるが、TVドラマ『オーメン』の世界では、これらの話はなかったことになっているため、続編の予備知識は不要だ。
TVドラマ『オーメン』でタイトルロールを演じるのは、BBC製作の人気ドラマ『魔術師 マーリン』のアーサー王子役でブレイクした英国イケメン俳優ブラッドリー・ジェームズ。本作でダミアンはプレストン校やオックスフォード大学に通った設定。知性と品位を感じさせるルックスの彼にもってこいの役と言えよう。映画『オーメン』にハマった方はもちろんのこと、オリジナルを知らない世代にとっても一見の価値がある注目のドラマだ。

『オーメン』吹き替え版

FOXチャンネルにて毎週水曜よる11時ほか放送中。
新規会員登録初回31日間無料!【dTV】のFOX チャンネルでもリアルタイム配信中。

バナー画像


取材・文/田嶋真理

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP