コラム

【QUEEN】水川あさみが竹内結子を追い詰める!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【QUEEN】水川あさみが竹内結子を追い詰める!

3月7日に「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第9話が放送された。氷見江(竹内結子)が政治家・吾妻涼介(山本耕史)の不正を手助けしていると気づいた与田知恵(水川あさみ)は、氷見にその事実を追求。氷見は否定することもなく、鈴木法律事務所を去ってしまう。

吾妻の不倫&不正献金疑惑

第9話では、氷見が吾妻と不倫関係にあったというスキャンダルが流出。氷見の行方も分からず、与田や真野聖子(斉藤由貴)は事務所に殺到する電話や問い合わせ対応に追われるハメに。そこへいつも通り呑気な副所長・鈴木太郎(バカリズム)が現れ、氷見が正式に事務所をやめたことが告げられる。さらに新しいクライアントとして、吾妻と総務大臣・林光蔵(山田明郷)が事務所を訪ねてきた。

吾妻の妻・美咲(山崎紘菜)は、党のトップである五十嵐幸夫(小野武彦)の娘。スキャンダルで顔に泥を塗る訳に行かないため、不倫騒動と同時に浮上した不正献金疑惑ももみ消すよう命じてくる。氷見に不信感を募らせる与田は、本当に吾妻と氷見の間には何もなかったのかと質問。吾妻は否定し、吾妻と氷見を大学時代から知る鈴木も2人がそういう関係になることはありえないと念を押す。

与田は世間の目をそらさせるため、吾妻と美咲の仲の良さをワイドショーでアピール。記者会見にも夫婦そろって出席し、吾妻が愛妻家だという認識が広まった。ワイドショーでは氷見が吾妻以外の男性と映っている写真が流出し、目的のためなら手段を択ばないという本性まで報道される。

氷見を追い詰めるスキャンダル

記者会見のスピーチ文を用意した与田は、吾妻の印象回復が成功したと確信。しかし報道直後、真野は氷見がアップした告発動画を発見する。動画内で氷見は、自分は不正献金には関与していないと否定。「先生がそのような対応をされるのであれば、私にも考えがございます」と言って反撃をほのめかした。

氷見が吾妻の秘書をやめたのは、5年前の出来事。その頃起きた交通事故で、氷見は1人の男性を死に追いやっていたことが発覚。与田と真野は週刊誌やネットに情報をバラまき、氷見の評判を落としていく。氷見へのバッシングは日に日にエスカレートし、何者かが氷見に刃物を向ける騒動が勃発。命に別状はなかったが、世間では犯人を称えるような声も上がっていた。

5年前氷見に何があったのか探っていた与田は、当時吾妻が選挙のために個人情報を買っていたという情報を入手。一方与田の命令で記事を書いていた東堂裕子(泉里香)も、吾妻にまつわる過去の記事を漁って何かに気づく。与田は林に連絡し、「氷見を潰しきる準備が出来ました」と宣告。氷見の選挙法違反行為が明るみに出て、世間に波紋が広がるのだった。

マイペースな副所長に安堵の声

氷見と与田が完全に対立するという今回の案件は、危機管理部にとっても最大の試練。信頼していたパートナーが何も言わずに自分の前から姿を消したことに対して、与田は終始イライラを隠せずにいる。

しかし鈴木はこれまでと変わらない調子で、与田をからかったり奇妙なお菓子を食べたりとマイペース。与田はさらに苛立ちを募らせていたが、視聴者からは「鈴木さんが茶々入れてくると和んでしまう」「副所長いなかったら見てられなかったかも」「氷見&与田コンビがピリついてる分この人の出番が多いと救われる」といった声が。いつもは時々現れるコメディ要因といった扱いだったが、ここに来て緊張感を和らげる存在になっていたようだ。

第10話では、選挙法違反疑惑についてマスコミも招いた公な調査会が開かれる。吾妻や氷見、そして与田が対峙することになるが、果たしてどんな結末が待っているのだろうか。

関連記事