コラム

【QUEEN】ママ友トラブル!自慢話、マウントの取り合い…

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【QUEEN】ママ友トラブル!自慢話、マウントの取り合い…

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】第4話あらすじ 高級マンション内のママ友トラブル!? 親子の秘密が議会を揺るがす【木曜劇場】

1月31日に「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第4話が放送された。鈴木法律事務所の危機管理部に所属する氷見江(竹内結子)は、スキャンダルからクライアントを守ることが専門の弁護士。前回のエピソードでは、世界大会の金メダルを巡る事件を解決に導いている。

高級マンション内のご近所トラブル

第4話では、氷見や与田知恵(水川あさみ)が連日テレビで取り上げられている議員・土方朝子(江藤あや)の映像をチェック。土方は待機児童問題を訴えるために子連れで議会に出席し、男性議員からのバッシングを受けていた。氷見たちが土方や教育問題について話していると、そこへ副所長の鈴木太郎(バカリズム)が乱入。鈴木は大手ゼネコンの次期社長候補・佐久間からの依頼を危機管理部に任せる。

佐久間家はタワーマンションの1室で暮らしているのだが、何者かの恨みを買ってしまいたびたび嫌がらせを受けていた。氷見と与田は妻・京子(原田佳奈)の知り合いを装い、マンションのママ会に潜入。ママ友同士は一見仲良しに見えるが、会話の内容は子どもの受験や家族旅行など自慢話やマウントの取り合いばかりだった。嫌がらせの中には玄関前にゴミを撒くようなものもあったのだが、マンションのセキュリティー上住人以外が実行するのは困難。

ママ会の雰囲気に嫌気がさした氷見に代わり、与田はマンション内に犯人がいると仮定して調査を進める。藤枝修二(中川大志)もベビーシッターを名乗り、佐久間家の一人息子・怜(南出凌嘉)の周辺を探ることに。大人しいが頭のいい怜は、クラスでも浮き気味で友達が少ない。与田と藤枝が集めた情報を整理していると、京子が階段で誰かに突き飛ばされたと連絡が入った。

佐久間家の過去と教育問題

京子の怪我は軽いもので済んだが、与田は佐久間家のゴミの中から「オマエタチノカコヲスベテシッテイル」と書かれたビラを発掘。ママ友に聞き込みをして過去のトラブルを調べると、怜が1年生の時の担任・佐野太一(菅裕輔)の名が浮上する。発達障害を抱える怜は昔から問題を起こしがちだったのだが、佐野は怜のために尽力していた様子。しかし怜が進級する前に教師を退職しており、現在は睡眠薬による自殺未遂が原因で入院中だった。

氷見が佐野の病室を訪ねた直後、怜が姿を消したと連絡が。ようやく見つかったときには側に佐野の妻・亜矢(木下あかり)の姿があり、嫌がらせは亜矢が行っていたことが分かる。佐野が担任だったころ、京子以外の保護者の間では怜だけが特別扱いされていると不満が蓄積。

佐野はそんな保護者の対応にも追われ、ストレスに耐え続けていた。さらに亜矢は、京子が教育委員長の柿崎英孝(アキラ100%)に金を渡して問題をもみ消していた事実を追求。互いに怒りをぶつけ合う京子と亜矢に対し、氷見は「怒りを向ける相手が別にいるんです」と声をかけて教育委員会に目を向けさせる。

京子と亜矢は教師の増員や処遇の改善を求め、子連れ議員・土方が率いるデモに参加。実は土方も氷見のクライアントの1人で、議会での言動も氷見のアドバイスをもとに実践したものだった。議会では教育のあり方が大きな問題として取り上げられるようになり、氷見はご近所トラブルを巧みに利用して議会を大きく動かすことに成功する。

謎の記者・茂呂の上裸に歓喜

ママ会から一旦離脱した後、氷見は佐久間家の案件を離れてフリーの記者・茂呂裕也(佐野岳)のいるホテルへ。自分の過去を嗅ぎまわる茂呂に釘を刺すために現れたのだが、風呂上がりの茂呂は上裸のままでしばらく氷見と会話を続けた。

氷見と茂呂の色っぽい雰囲気に、視聴者からは「めっちゃエロくて直視できない」「長めの上裸シーンごちそうさまでした…!」「回を増すごとに色気が増してる」と歓喜の声が続出。敵対する思惑を抱えながら接触を続ける2人は、今後のストーリーでどんな展開を見せてくれるのだろうか。

第5話では、経済評論家の木村よう子(遠野なぎこ)と司会業で名を馳せたタレント・中山昌平(デビット伊東)の夫婦が登場。本来専門外の離婚問題に危機管理部メンバーが挑むとあって、次週も目が離せない。

関連記事