コラム

【メゾポリ】高畑充希が佐野史郎の罠にハマる!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【メゾポリ】高畑充希が佐野史郎の罠にハマる!?

3月8日に、「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の第9話が放送された。

元警察幹部の伊達有嗣(近藤正臣)が、父の死に関わっていると疑っていた牧野ひより(高畑充希)。前回のエピソードで疑惑が誤解だと分かり、ひよりは改めてメゾンのメンバーと事件の真相を探ることになる。

謎の死を遂げた人たちの秘密

第9話では、ひよりがフリージャーナリストの館林真琴(東風万智子)と協力して高遠建設の実態を調べることに。現在、高遠建設を仕切っているのは野間仁(佐野史郎)という男であり、野間は警視庁から天下りする形で常務取締役に就任していた。

高遠建設は青幸興行という会社と癒着しており、青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業にあたる。野間は青幸興行の社長・大黒毅(中野英雄)からキックバックとして金を受け取っており、経理部の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に不正会計の処理を任せていた様子。

2人とも過去に不審な死を遂げているが、警察ではどちらも事故や自殺として処理されていた。市野沢は酔って橋から転落したことになっているため、ひよりと夏目惣一郎(西島秀俊)、迫田保(角野卓造)の3人は死の直前に訪れていたというバーへ。

夏目が青戸組の名前を出してバーのマスターを揺さぶると、店を出た直後に数人の暴漢が襲い掛かってくる。迫田の格闘術でなんとか撃退したあと、夏目の衣服についた暴漢の毛髪を藤堂雅人(野口五郎)がDNA鑑定。暴漢の1人が大黒の部下・若林和史(笠松将)だと突き止めた。

バラバラになるメゾン・ド・ポリス

ひよりが市野沢の妻・和子(宮地雅子)から話を聞くと、市野沢とひよりの父・尚人(水橋研二)が同期だった事実が発覚。市野沢は不正会計処理を後輩の池原に引き継ぐよう命じられ、池原を巻き込んでいいのかという悩みを尚人に相談している。

尚人が不正会計の事実を知っていたのなら、口封じに殺された可能性も高い。ひよりは和子との会話をボイスレコーダーに記録し、市野沢が管理していた裏帳簿のデータを探すことを決意する。

しかしその後、和子が突然の交通事故で死亡。柳町北署では捜査が始まるが、ひよりは捜査から外されてしまう。

上司に事の重大さを訴えるためボイスレコーダーを取り出すひよりだが、鍵つきの引き出しにしまっていたはずなのに録音データが消されている。一方そのころ、夏目の元には裏帳簿を持っているという謎の人物から電話がかかってきていた。

夏目と迫田は罠の可能性も踏まえて、電話相手との待ち合わせ場所へ。メゾンで待つ高平厚彦(小日向文世)にも何者かから連絡が入り、「娘さん、可愛いですね」といった意味深な発言と共にメゾンを出るように命じられる。

メゾンの2階では藤堂の部屋で薬品が爆発し、チームは完全にバラバラに。ひよりは管理官・間宮朝人(今井朋彦)によって取調室に連れていかれ、「いわれのない追及を受け、尊厳を踏みにじられました」「死を持って抗議します」と書かれた和子の遺書を見せられるのだった。

黒幕・佐野史郎が話題

全ての黒幕である野間は伊達の元を訪ね、2人でチェスをしながら警察組織と高遠建設の癒着について語り合う。

警察上層部にとって、引退後に自分たちを引き受けてくれる高遠建設はなくてはならない存在。野間は警察組織と裏社会をチェスの駒に例え、「全ての駒を手に入れたらもう敵がいなくなってしまう」「あなたはすべての駒を失い、負ける」と伊達に告げた。

野間を演じる佐野の演技に対し、視聴者からは「出てくるだけで空気が変わる」「佐野史郎さんが容赦なくラスボスすぎて!」「人のよさそうな笑顔の黒幕を佐野さんが演じると怖すぎる」と絶賛の声が。

メゾンの住人たちが愛すべきおじさまばかりだったため、同じおじさまでも一切隙を見せない野間の強さが引き立っているようだ。

第10話では、ひよりや迫田が自分の立場や人脈を駆使して捜査を続行。警察署内の裏切り者探しをすることに。果たして高遠建設の闇をすべて暴くことができるのか、最後まで見逃せない。

関連記事