コラム

【メゾポリ】“世田谷のジゴロ”井上順の正体

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【メゾポリ】“世田谷のジゴロ”井上順の正体

2月22日に、「メゾン・ド・ポリス」(TBS系、金曜午後10時)の第7話が放送された。

新米刑事・牧野ひより(高畑充希)と元警察官の“おじさま”たちによるチーム「メゾン・ド・ポリス」。前回のエピソードでは、メゾンの管理人・高平厚彦(小日向文世)が娘のために“伝説の刑事”を演じて事件を解決している。

資産家を狙った金庫破り

第7話では、本郷幸成(井上順)の自宅で金庫破りが発生。本郷は都内にいくつもビルを所有する資産家であり、女性との噂が絶えないことから“世田谷のジゴロ”と名高い人物だ。

ひよりが先輩刑事と共に現場に赴くと、なぜか迫田保(角野卓造)、藤堂雅人(野口五郎)、夏目惣一郎(西島秀俊)も姿を現す。本郷は幼なじみであるメゾンのオーナー・伊達有嗣(近藤正臣)に、直接捜査を依頼していた。

今回の事件は、本郷が箱根の別荘にいる間に起きた窃盗事件。金庫の中にはさまざまなものが保管されていたが、犯人は中から現金だけ抜き出して立ち去っている。

金庫が破壊されているのを見つけたのは、家政婦の本宮カレン(大西礼芳)。本郷は旅行先で体調を崩し入院しているため、事情聴取には内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)が応じることに。

事件当日の夜、2人は朝方までワインを飲んでおしゃべりしていたと証言。話を聞いていた夏目は、汐里と美香のネックレスが同じものであることに目をつける。

表向きは汐里が本郷のパートナーだが、実は美香も愛人のような存在。汐里は本郷の性格をよく理解しているため、美香だけでなくカレンともそういう関係なのだろうと予測していた。

一方、金庫を調べた迫田や藤堂は、金庫の穴や付着している鱗粉から有名な金庫破り“アゲハ”を連想。アゲハは昭和の刑事なら誰もが知る伝説の人物だが、共犯だった女性が逮捕されたことを機にぱったりと消息を絶っている。

汐里と美香の自首

その夜、カレンが夜道で何者かに襲われて怪我をしてしまう。直後に入院中の本郷から指名があり、ひよりは1人で病室を訪ねることに。本郷はひよりが持参した金庫の中身を確認した後、カレンをメゾンで守ってほしいと頼んだ。

メゾンに戻ると、藤堂が本郷の薬箱からヒ素の入った薬が見つかったと報告。汐里と美香が共犯である可能性が浮上した矢先、2人の方から警察に出頭してくる。

汐里と美香は本郷の遺産が目当てで、ヒ素入りカプセルで本郷を死に追いやって2人で遺産を山分けする予定だった。金庫を破ったのは、遺産が汐里のものになるか確認するため。

汐里は「その通りに書いてあったので安心しました」と語り、偽装のために現金を抜いたことも明かす。計画を中断して自首をしたのは、始めから全て気づいていた本郷のすすめだった。

本郷の正体と事件の真相

2人の自首で事件は解決したが、メゾンに戻ってもなぜか釈然としない表情のひより。そこへ本郷が現れたため、ひよりは意を決して自分の考えを話し始める。

金庫に残っていた鱗粉はやはりアゲハのもので、アゲハの正体は本郷自身。さらに本郷の口ぶりから、カレンは愛人ではなく娘ではないかと指摘する。

本郷の遺言書に書かれていたのは、汐里ではなくカレンの名前。それを知った汐里と美香は2人がかりでカレンに襲い掛かるが、結局失敗に終わった。

金庫破りが2人の仕業だと気づいた本郷は、カレンを守るため自分との関係を口外するなと2人に口止め。大金を渡してから自首をすすめ、黙っていてくれれば裁判でも罪を軽くすると告げている。

カレンの母親は、アゲハの共犯女性・グレース。ジゴロと呼ばれた本郷が、本気で愛していた女性だ。全てを白状した本郷は、自分の身柄をどうするつもりなのかひよりに質問。ひよりは窃盗罪の時効を理由に、本郷を見逃すことを決めた。

アゲハ役・井上順が大人気

本郷を演じた井上の演技には、視聴者から「徹底してダンディーな紳士だった」「メゾンのおじさまにも負けないカッコよさがある」「今回で終わりなんてもったいない!」と絶賛の声が続出。これまでも多くの犯人が登場してきたが、“アゲハ”はひときわ人気の高いキャラクターとなったようだ。

第8話では、藤堂が誘拐される事件が発生。ひよりは犯人の目的を突き止め藤堂を救うことができるのか、次回も見逃せない。

関連記事