TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

個性的な風貌でじわじわ人気を高める名脇役

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

個性的な風貌でじわじわ人気を高める名脇役

ボサボサ頭に広いおでこ、濃いヒゲとメガネ。一度見たら忘れられないほど印象的な風貌でおなじみの古舘寛治。名前は知らなくてもドラマやCMで見たことがある人が多いと思われる。現在放送中の「コウノドリ」にも出演し、ぶっきらぼうな救命科部長役を演じている。
古舘は見た目と同様、一風変わった役で数々の連ドラや映画舞台に出演している。特に嫁の尻に敷かれる夫やダサい男性などいわゆる“しょぼい役”がとても似合い、見ている人をクスッと笑わせてくれる。本日はそんな独特な風貌で脇役として活躍する古舘寛治を紹介する。

■英語も話せないのに渡米

古舘は見た目と同じくらい生き方も個性的である。18歳で俳優を志して上京したが、ゴミゴミした都会が嫌で、別の場所に身を置きたいという気持ちが生まれ、英語も話せないのに単身ニューヨークへ渡った。そこで有名なダンススクールに通ったが、日本人の中でも手足が短く、頭も大きい古舘は、エレガントにダンスが踊れるわけがなく、苦悩の末、英語が堪能な風を装い、俳優スクールに通い、演技を身につけたという個性的な道を進んだ。さらに滞米時、ロバート・デ・ニーロが経営する寿司バーのオープニングスタッフとして働いていた。当時は本人曰く、ダメダメウェイターで、ハリウッド俳優・ハーヴェイ・カイテルに、注文を聞くタイミングを見誤り、怒鳴られた経験もあるという。

■静岡での知名度は絶大

古舘は静岡のパチンコチェーンのローカルCMに長年出演していた。とある家族の日常を綴る内容で、奇抜な演出や出演者が謎の歌とダンスをするシュールな内容で静岡では有名なCMであり、古舘はコンコルド人間という役を演じ、独特な演技を披露。静岡のローカル放送にも関わらず、古舘が「リーガルハイ2」に出演した時には、Twitterに「コンコルゲン」という言葉がトレンド入りするほどの反響があった。

■いい味を出すしょぼい役

日本に帰国後は、舞台を中心に活動していた古舘。舞台で鍛え上げられた演技力には定評があり、「闇金ウシジマくん」で見せた刑事やバーのマスターなど渋い役に欠かせない。さらに優しい夫といった役も似合うが、彼が一番演技の中で村座間を見せるのがしょぼい役である。「リーガルハイ2」で見せたやられっぱなしの弁護士やENEOSでんきのCMで見せた妻にいらないもの扱いされる夫など、誰かに振り回されるダメ男を演じる時は、見た目も相まって独特の存在感を発揮する。ドラマの中でも彼を見るとなぜか笑ってしまう視聴者が多いのも魅力の彼である。
一風変わったCMやドラマでも存在感をみせる古舘寛治。ベテラン名脇役として活躍する彼の今後の活躍にも注目だ。

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

人気記事ランキング


TOP