コラム

ブランチの顔から第2の巨匠へ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

爽やかな笑顔と優しい口調で若い女性のみならず老若男女から好感度の高い俳優の谷原章介。若い頃からイケメン俳優として活躍する傍ら、6人の子供がいる大家族のお父さんで、育児もこなすイクメンパパとしても有名である。最近は俳優以外にも『うたコン』や『アタック25』に『きょうの料理』など様々な番組でMCを務め、そして谷原の代名詞として認知されていた『王様のブランチ』を3月で卒業したのも束の間、4月から『谷原章介の25時ごはん』という自身の名前を冠にした料理番組がスタートする。役者として欠かせない存在でありながら、司会者としても重宝されている谷原章介を紹介します。

■独り占めのイケメン司会者枠

俳優として主役も脇役もこなし、爽やかな役も嫌味な役も演じる谷原。そんな谷原がMCとしての才能を発揮するきっかけとも言える番組が『王様のブランチ』である。しかしオファーがあった当初は“役者としての軸がぶれるのでは”と悩んだという。そんな時ドラマで共演した『アタック25』の司会を務める児玉清に相談したところ背中を押され、『王様のブランチ』2代目MCとして10年間土曜のお昼の顔を務めた。その後、恩人でもある児玉の後任として『アタック25』の司会を務め、演技と同じ安定感あるスマートな司会ぶりを見せている。今でこそ俳優がMCを務めるバラエティなどが増えたが、谷原が司会業に進出した頃は少なく、さらに芸人のMCとも違う谷原の爽やかという魅力でイケメン司会枠を独り占めしている。

■プロさながらの料理技術

谷原は「父親になって魅力が増した男性芸能人」というアンケートで3位に選ばれる程イクメンとしての認知が高く、6人の子供と谷原の父と奥さんと義母の9人を養うビッグダディである。 休みの日は3食ご飯を作ることもあり、子供が食べる料理から親が食べる料理まで多彩に作り、多い時は1食に4パターンの料理を作ることもあるという。司会を務める『きょうの料理』ではプロの技に迫る料理コーナーを担当していることもあって、レシピは500以上ある。さらにバラエティ番組に出演した際、巨匠でおなじみの堺正章を唸らせ、「いい意味でもう出てこなくていい」と言わしめるほどである。

■ゆっくり見られる料理番組

「買ってきたものでは平均的な思い出になる。」という思いから子供の幼稚園バッグやランチョンマットまで手作りする家族思いの谷原。『谷原章介の25時ごはん』では、新たな深夜の飯テロ番組で、さらに昨年終了したTBSの看板料理番組『チューボーですよ』の後継として注目が集まり、さらに俳優やイケメンが料理をする番組などが減ってきた中での起用ということもあって期待も寄せられている。イケメンでイクメンの谷原が贈る、プロ顔負けの料理とトークをゆっくり楽しめる新番組に注目です!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP