コラム

インパクト強烈な個性派おばさん

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

ふくよかな体型とチリチリ頭で見た人に強烈なインパクトを残すおばさん。現在、放送中の「増山超能力師事務所」では超能力師事務所の中で唯一超能力を使えないフツーの人役を演じ、ドラマのキャラクターと見た目で注目を集める平田敦子。この人、普段は舞台を中心に活動する女優さんですが、最近は連ドラや朝の連続テレビ小説にも出演するなど活躍の場をどんどん広げています。さらに今回のドラマの番宣でバラエティ番組に出演したところ、見た目だけでなくキャラも面白いということがわかり、バラエティへの露出も増えてきています。そんな誰もが一度は見たことある、インパクト強めなおばさん、平田敦子を紹介します。

■急に現れたおばさん

平田は1985年に劇団青年座研究所に入所して以来女優活動を続けているが舞台女優のため、世間にあまり知られず、ドラマなどでもワンポイントのおばさん役などを演じることが多かった。そんな平田が世間から注目を浴びるきっかけとも言えるのが、2015年の27時間テレビである。
大久保佳代子がババアマラソンとタイトルをつけられた88キロマラソンに挑戦する際、リラックスしてマラソンに挑みたいというリクエストにスタッフが答え、大久保の飲み友達や芸人仲間を集めた居酒屋に平田もいた。テレビでも顔や名前が知られている人が多数いる中、並み居る有名人を抑え、急に現れた食欲旺盛なチリチリ頭のふくよかな知らないおばさんの存在感が際立ち、平田さんって誰?とネットが騒然とした。

■魔除けグッズまで出る人気女優

多くの人に認知され始めたのは最近ではあるが、舞台の世界では平田はインパクト大の風貌と凄みのある演技で個性派として多くの舞台に出演している。さらに見た目通りの大食いでTwitterのアカウントでは舞台の差し入れやお弁当、打ち上げの料理など食べ物に関する投稿をよく見かける。そのよく食べるということから、舞台のグッズとして厄まで食べ尽くす魔除けのぬいぐるみも販売されるほどの人気舞台女優である。さらに本人もそのグッズを気に入っているという。そんな彼女だが、夜は炭水化物を制限しているとTwitterでつぶやいている。

■いるだけで光る存在感

彼女はセリフがなくても存在感を見せられる稀有な役者でもある。見た目にインパクトがあるため、セリフが少ない脇に置かれることが多いが、舞台で鍛えられた演技力で画面の端で見せる無表情のおばさんの演技はなぜか笑ってしまう哀愁やなんとも言えない雰囲気を見せてくれる。さらに、怒っているおばさんや笑っているおばさんなど表情豊かな役も見ていて面白い。どんな役でも存在感を放つおばさんがいよいよドラマの世界でも人気者になる日が近づいてきた。ドラマで見せる彼女の表情だけでなく、バラエティで見せる彼女の表情にも平田敦子に注目です!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP