コラム

【イノセンス】坂口健太郎、敗北…医療ミス裁判でまさかの結末

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【イノセンス】坂口健太郎、敗北…医療ミス裁判でまさかの結末

【イノセンス 冤罪弁護士】第3話あらすじ 医療ミス裁判でまさかの結末に!? 拓が喫した敗北の代償【土曜ドラマ】

2月2日に、「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第3話が放送された。同作は意外な実証実験で冤罪事件を解き明かす、ヒューマン・リーガル・エンタテインメント。坂口健太郎演じる若き弁護士・黒川拓が、冤罪の犠牲になっている弱き人々を救うため奔走する姿を描く。前回は更生を目指す青年のアリバイを立証し、起訴前勝利を収めた拓。第3話では、大病院を舞台にした医療ミスの真相に挑む。

大病院で起きた“医療ミス”は真実なのか?

今回拓のもとを訪ねてきたのは、「青ヶ島病院」で発生した“医療ミス”で冤罪を疑う看護士の美紀(青野楓)。逮捕されたのは彼女が信頼を寄せる執刀医・雲仙(平岳大)で、手術中に人工心肺が停止し患者が亡くなったという。さっそく調査を始めた拓と楓(川口春奈)は、雲仙の同期・磐梯(山本耕史)と面会。病院が遺族に送った内部調査報告書の入手に成功した。

拘留中の雲仙に内部報告書を見せたものの、彼は出してもいない指示がでっち上げられていることに驚きを隠せない。「人工心肺機の電源が勝手に落ちた」という雲仙を信じ調査を始める拓だったが、拓が所属する法律事務所と人工心肺メーカーは顧問契約を結ぶ関係。機器の問題を暴けば事務所にも大損害が生じることになるため、拓は解雇も辞さない構えで徹底的な真相追究を誓う。

病院に向かった拓らはスタッフに聞き取りを行うも、どうやら口裏合わせが行われたようで手がかりはゼロ。磐梯も拓たちの動きをけん制するなか、手術に立ち会った研修医が裁判で証言したいと申し出る。ところが裁判当日になると、研修医が一転して証言を拒否したため証人喚問は中止に。雲仙は、内部報告書を含め全て磐梯の手回しによるものだろうと拓に告げた。

機器トラブルの原因を突き止めた拓

病院で拓と対面した磐梯は隠蔽工作を認め、病院を変えるためだと告白。事実を隠蔽する代わりに、磐梯は病院側に人員確保や新規予算の確保を取りつけていた。雲仙の犠牲はやむを得ないと考える磐梯に拓が渡したのは、雲仙が記していた病院の改善案。「なぜ私に?」と不思議がる磐梯に、拓は雲仙からの“必ずトップに立ってこの病院を改革してほしい”というメッセージを伝えた。

磐梯と別れた拓は、手術と同時間帯に病院内のテレビや洗濯機の電源が落ちたという情報を入手。科学者の恭一郎(藤木直人)との検証を経て拓が裁判で示したのは、落雷時に電流が電線を伝う“逆流電”という現象だった。さらに病院の避雷器も予算不足で故障したまま放置されており、結果的に落雷が病院内の機器に影響を及ぼしたと証明。すべてのデータを提示し終えた拓は、声高に雲仙の無罪を主張する。

裁判長が下した判決は、「懲役1年・執行猶予3年」。避雷器の不備という状況だけでは因果関係が認められなかったのだ。雲仙も患者を救えなかった事実から控訴しないと宣言したため、拓は“敗北”を喫してしまう。茫然自失のところに遺族は「誰を憎んだらいいんですか」と詰め寄り、検察官・指宿(小市慢太郎)も「あなたのやったことは余計なこと」「遺族の悲しみを蒸し返しただけ」と非難を浴びせる。自暴自棄に陥った拓は自室に閉じこもり、「もっと確実な証拠を見つけていれば」と異様なほどの怒りを露わにしていた。

雲仙の犠牲で始まる“改革”

第3話では拓が初めて冤罪裁判で敗北を喫し、彼の信念を大きく揺らがせることに。視聴者にとっても辛い展開となったが、いっぽうで雲仙自身が“改革”の犠牲になることを受け入れるという特殊な事例でもあった。雲仙の思いを汲んだ磐梯も判決後、病院に巣食う“膿”を出そうと上層部の不正を告発。結果的に病院の改革へと繋がり始めており、ネット上でも「雲仙先生は何ひとつ悪くないだけにやるせない案件だったな」「拓の心情を思うと辛いけど、磐梯が改革に踏み切ったことが救いだよね」といった声が続出している。

第4話で拓たちは、同僚を殺害した容疑で逮捕された小笠原奈美(ともさかりえ)を弁護。証言から被害者との仲は良好だったと判明するものの、裁判で思わぬ証言が飛び出してしまう。拓がどのように窮地を切り抜けるのか、その手腕に期待しよう!

関連記事