コラム

【イノセンス 冤罪弁護士】第1話あらすじ 坂口健太郎&藤木直人の強力タッグ! 弁護士&科学者コンビに大歓声【土曜ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【イノセンス 冤罪弁護士】第1話あらすじ 坂口健太郎&藤木直人の強力タッグ! 弁護士&科学者コンビに大歓声【土曜ドラマ】

1月19日に、「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第1話が放送された。同作は意外な実証実験で冤罪事件を解き明かす、ヒューマン・リーガル・エンタテインメント。坂口健太郎演じる若き弁護士・黒川拓が、冤罪の犠牲になっている弱き人々を救うため奔走する姿を描く。

“暴走”弁護士・黒川拓?

第1話は「身に覚えのない罪で逮捕されたらあなたはどうしますか?」という問いかけからスタート。黒川は「保駿堂法律事務所」で刑事事件を担当し、過去3年で5件もの逆転無罪を勝ち取っている凄腕弁護士だ。

そんな彼のもとに、自宅に放火したとして逮捕された重雄(吉田栄作)の妻・恵美子(中島ひろ子)から弁護依頼が舞い込む。警察は保険金目当てとして重雄を厳しく追及し、犯行を自白させていたのだ。

新人弁護士の和倉楓(川口春奈)を連れて拘置所に向かった拓は、重雄が5年前に亡くした息子・幸雄の形見をごく一部しか持ち出していなかったことを疑問視。警察による自白の強要があったと語る重雄に、拓は「僕が徹底的に調べます」と宣言した。

火災現場へ検証に向かった拓・楓・パラリーガルの城崎穂香(趣里)は、そこで“ユキオの呪い”だと口を揃える近所の子どもたちに遭遇。報道局ディレクター・有馬聡子(市川実日子)の協力もあり、幸雄が近所の廃工場火災に巻き込まれて死亡したと知る。

裁判で争うための手札が足りない状況で、所長の別府長治(杉本哲太)は拓の“暴走”を危惧。秘密裏に楓を監視役に指名し、警察や検察と対立して事を荒立てることのないよう促した。公判がはじまると重雄の取り調べを行った刑事は自白強要を否定し、「子どもの思い出なんかよりお金が欲しかったんじゃないか」と挑発。激昂した重雄が刑事に飛びかかり、裁判での印象を悪化させてしまう。

拓がたどりついた“呪い”の正体

事件の争点になったのは“出火元”で、検察は2階の子ども部屋への放火、弁護側は1階に置かれたストーブによる失火と対立していた。拓と楓は再び火災現場を訪れて現状を確認し、次に向かった廃工場の敷地内でエアガンの弾倉やBB弾を発見。重雄の自宅が火災に見舞われた際、野次馬のなかにミリタリー服を着た集団がいたという情報を拓が思い出す。事件とは関連のなさそうな点ばかり着目する拓に、楓はしびれを切らして無罪ではなく情状酌量を求めるよう転換を迫った。

廃工場で見つかったサバイバルゲームのアイテムに、引っかかるものを感じた拓。彼は“ユキオの呪い”について何か閃いた様子で、慌てて近所の子どもの証言を引き出そうと走る。

さらに東央大学に在籍する科学者・秋保恭一郎(藤木直人)に火災の再現検証を依頼。拓の暴走を知った別府は楓に実験を止めるよう指示するも時すでに遅く、拓たちが見守るなか自宅を模した木の枠組みに火は燃え広がっていく。

公判で拓は家屋の構造から1階が火元であった可能性を実証するも、検察は失火を示す証拠にはならないと反論。そこで拓はストーブが勝手に着火する検証映像を見せ、証人として参加した恭一郎が「特定の周波数による誤作動だった」と明かす。

拓が導き出した結論は、廃工場で行われていたサバイバルゲームの無線電波が影響したストーブの誤作動。強い電波はストーブ以外の電子機器にも影響を与え、それらが“ユキオの呪い”の正体だという。数々の検証結果や証言が認められ、拓は見事に重雄の無罪を勝ち取るのだった。

ヒロイン・川口春奈より藤木直人が活躍!?

第1話では拓の“暴走”が事件の真相をたぐり寄せ、無事に冤罪を晴らすことができた。そんな拓と絶妙なコンビネーションを見せたのが恭一郎で、裁判では科学者として検察や警察のずさんな検証を批判する心意気も見せている。拓&恭一郎に視聴者も「坂口健太郎と藤木直人のイケメンコンビがキレッキレで最高」「拓の笑顔に恭一郎の鋭い視線だけで興奮する!」と熱視線。2人がどのように知り合ったのかは明かされておらず、まだまだ掘り下げる部分も多く残されている。

第2話で拓たちが弁護するのは、強盗致傷容疑で逮捕された青年。再び冤罪を晴らすことになるのか、物語の行方に注目しよう。

関連記事