コラム

【いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~】第3話あらすじ 四三の功績の裏には兄の存在アリ!? 金栗家を支える兄の優しさに絶賛の嵐!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~】第3話あらすじ 四三の功績の裏には兄の存在アリ!? 金栗家を支える兄の優しさに絶賛の嵐!

1月20日、「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK、日曜午後8時)の第3話が放送。同作は脚本家・宮藤官九郎が手掛けた作品で、日本人の“泣き笑い”が詰まった激動のオリンピック史が描かれている。前回は金栗四三(中村勘九郎)が紆余曲折を経て、東京高等師範学校への進学を決意。彼の想いを汲み取った兄・実次(中村獅童)は東京行きを快く了承し、四三は見事入学試験に合格する。いっぽう彼の進学理由となった男・嘉納治五郎(役所広司)はというと、時同じくして日本のオリンピック参加を決断していた―。

心が折れそうになる四三に対して、兄が贈った言葉とは…?

家族の期待を一身に背負って上京した四三。しかし初日から財布をスラれ、寄宿舎の舎監・永井道明(杉本哲太)から叱責を受けるなど散々な目に遭ってしまう。おまけに東京の暮らしにもなかなか馴染めず、いつしか熊本の地を恋しく思うように。

時は過ぎ、夏休み。四三はようやく念願の熊本に帰省するも、そこで幼なじみであるスヤ(綾瀬はるか)の“縁談話”を聞かされる。上京生活の悩みに加えて、拠り所であった彼女まで失うかもしれない。とはいえ何もできない四三は、その悶々とした気持ちを畑仕事にぶつけるしかなかった。

そんな彼の様子から何かを察した実次。おもむろに「偉か人は“熱中する才能”ば持っとるばい」と話を切り出し、「お前も一角の人間になるには、熱中する何かば見つけるこってい」「家のことは俺に任せて、しっかり学んで来い」と四三の背中を押す。

やがて夏休みも終わり、東京に戻る日がやって来た。気持ちの晴れぬまま四三が汽車に乗車していると、自転車に乗って汽車を必死に追いかけるスヤの姿が。彼女は精一杯「四三さーん! お達者でー!!」と彼の健闘を謳うと、そのまま勢い余って自転車ごと転倒。それでも手を振り続ける彼女の姿を目に焼きつけて、四三は熊本を後にするのだった。

“四三”と“マラソン”の運命的な出会い

東京に戻った四三は、そこで“奇妙な運動会”を目にする。その運動会の主催者は、三島弥彦(生田斗真)が率いるスポーツ同好会「天狗倶楽部」。三島弥彦といえば“負け知らず”のトップエリートで、巷では「運動会の覇王」と呼ばれていた。

彼の登場によって場が大いに盛り上がる中、弥彦は突然天に向かってピストルを放つ。鳴り響く銃声と共に走り出したのは、ゼッケンをつけた逞しい体つきの男たち。その時四三が目にした光景こそ、彼の運命を大きく変える“マラソン”との出会いになった。

四三は初めて見たマラソンに驚きを隠せない。いくら足が速いといっても、四三にとって“走ること”はあくまで「移動手段」。しかし目の前の彼らは“走りたいから走っている”… ただそれだけなのだ。その時彼の脳裏をよぎったのは、実次の“熱中する何かを見つけろ”という言葉。その言葉で何かを悟ったかのように、四三はマラソンに釘つけになる。やがて彼の口から自ずと声援がこぼれ始め、気づけば男たちを夢中になって応援していた。この日のマラソン競技は、きっと彼の心へ火を灯したに違いない。

兄・実次も本当は「学」に専念したかった!?

ようやく四三が、物語の要である“マラソン”と出会った同話。何よりも視聴者の心を惹きつけたのは、四三の背中を押し続ける兄・実次の存在だ。劇中では実次が四三の手紙を読んだり、嘉納の言葉を書写した場面などが描かれている。ちなみに弥彦の母・和歌子(白石加代子)は、華族であるにも関わらず文字が読めない。これらから察するに田舎者の実次が文字を読み書きできるのは、もともと「学」に興味があったからだろう。

それでも彼は一心になって金栗家を支え続け、進学した四三の背中を優しく押してくれる。そんな彼の人柄について、ネット上では「兄弟を支え続ける兄の優しさ。泣けない訳がない」「兄でありつつ、父でもある。本当に立派なお兄さんだなぁ」「兄の偉大さよ!」など絶賛の声が続出。四三の立派な功績は、兄・実次の存在があったからこそといっても過言ではない。

第4話では、四三が学校のマラソン大会に参加する。見事3位に輝くものの、その日からむちゃな練習を敢行してしまうようだ。ついにマラソンと本格的に向き合う四三だが、この先にどんな波乱が待ち受けているのか。来週もお楽しみに!

関連記事