エンタメ

ハリウッドデビュー決定の女優・佐藤玲は“鼻ぺちゃ”も武器に躍進中!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

ハリウッドデビュー決定の女優・佐藤玲は“鼻ぺちゃ”も武器に躍進中!?

大泉洋の歌がうまいと話題の「リクナビNEXT」のCMで、仕事に悩むOLを演じ注目を集めている女優の佐藤玲(さとうりょう)。故・蜷川幸雄さんが主宰する劇団のオーディションに合格し、2012年の舞台「日の浦姫物語」で芸能界活動を始めた彼女は、2017年公開の映画『沈黙』では小松菜奈らと共にハリウッドデビューすることも決定。今年から来年に向けて大きな飛躍を遂げる可能性が大いにありそうです。

■親しみやすいキャラでCM業界から抜擢!

ゲーム「ハースストーン」CMでは、部下を引き連れてやってきた大企業の社長(寺田農)に、自分よりゲームのスコアが低いため深々と頭を下げさせ「お疲れ様です!」と言わせてしまうOL役で登場しています。ごく一般的なOLが、社長に車のドアまで開けさせるほど立場を逆転させる展開で、強烈なインパクトを残しています。「大江戸温泉物語」CMでは、友達や家族と一緒に旅先ではしゃいだりリラックスしたりするなど、休みを満喫する元気な女の子を演じました。

親しみやすいキャラクターがはまりやすいのは、ひょっとしたら本人がちょっと気にしている“鼻ぺちゃ”な容姿も影響しているかもしれませんね。故・蜷川幸雄さんにも“鼻ぺちゃ”と呼ばれてしまっていたそうですが、それも彼女のチャームポイントの一つと言えそうです。

■ドラマに映画に大舞台へと進出中

佐藤は、TBS系ドラマ「表参道高校合唱部!」に準レギュラーで出演。回想シーンで登場する学園のマドンナ役で「あのかわいい子は誰?」とファンを掴んでいきました。波瑠が主演したフジテレビ系ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」では初のドラマレギュラーを獲得。新人鑑識官役として初々しくも芯の強さを見せ、ドラマ出演の方も着々とキャリアを重ねています。 映画の方は前田敦子や松田翔太が主演していた『イニシエーション・ラブ』に出演し、学生の手によって製作された作品『色あせてカラフル』では、主演に抜擢。10月8日から公開される湊かなえ原作の話題作『少女』では、“人が死ぬ瞬間を見たい”という心に闇を抱えた女子高生2人がいる学校に転校してきた謎めく女の子役で出演しています。ストーリーの要となる人物を演じ、役柄や作品規模も徐々にステップアップを遂げています。

来年にはいよいよマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』でハリウッドデビューも決定。窪塚洋介が演じるキチジローの家族として出演し、台湾で撮影してきたことをTwitterで報告しています。蒼井優や佐藤隆太、真田広之らたくさんの役者を輩出している日本大学の芸術学部で演技を学び、舞台でも鍛えられた演技力で、国際的な女優として活躍するチャンスを掴んだ佐藤。新しいチャンスを確実に次へと繋げてきた佐藤の、公開後の反響が楽しみですね!

(文/岩木理恵@HEW)

関連記事