コラム

宇垣、小川…退社した人気女子アナたちのその後は

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

宇垣、小川…退社した人気女子アナたちのその後は

2019年に入ってから各局の人気女子アナたちが相次いで退社を発表し、話題となっています。在局時にはテレビで引っ張りだこだった彼女たちは、今後どのような道に進んでいくのでしょうか?

そこで今回は、彼女たちがこれまで出演した番組を振り返りながら、今後の活躍を予想していきたいと思います。

■元サンジャポコンビはバラエティーに進出?

個性的な出演者が多い、TBS系のニュースバラエティー「サンデー・ジャポン」(日曜9時54分~)。この番組で人気を集めた2人の女子アナが、この春フリーアナウンサーとして新たなスタートを切りました。

2014年から3年間、「サンデー・ジャポン」の6代目アシスタントとして活躍したのが、元TBSアナウンサーの吉田明世。後の夫となる恋人との関係を番組内で語るなど、オープンな性格の吉田は、2016年に同番組で結婚報告をしたことで話題となりました。

2018年5月には第一子を出産しており、育児をしながら自分のペースで働きたいという想いから、2019年1月末での退社を発表しました。2月17日には、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜21時~)に他局初出演するなど、精力的に活動しています。このとき、「これからどんな番組に出演したいか?」と聞かれ、吉田は日本テレビの朝の看板番組「ZIP!」(月~金曜5時50分~)のポーズをとるなど、確実な爪痕を残していきました。

TBS時代からバラエティー番組に出演していた経験から、タレントとしての活躍を期待できそうな吉田。フリーアナウンサーとしてだけでなく、ママモデルとしても活躍する元TBSアナウンサー・青木裕子のように、ママタレントとしても活躍が期待できそうです。

吉田と同じく「サンデー・ジャポン」に出演するほか、昼の情報番組「ひるおび!」(月~金曜10時25分~/火曜日担当)やラジオ番組などでも幅広く活躍しているアナウンサー・宇垣美里も、3月末での退社を発表しました。

「サンデー・ジャポン」で、宇垣はアニメ「美少女戦士セーラームーン」や「魔法少女まどか☆マギカ」などのコスプレや、心に闇を抱えたキャラを披露。アイドルのようなビジュアルとは対照的な一面を垣間見せて、大きな話題をよびました。

過去には潔さ溢れるキャラクターをさらけだして女性人気が上昇した、元TBSアナウンサーの田中みな実といった例もあります。宇垣も退社後にバラエティー番組などでさらなる素の姿が見られるかも?

■元テレビ朝日の小川彩佳&宇賀なつみは意外性で勝負!?

テレビ朝日では、情報・報道番組の看板アナウンサーたちが、新たな船出を決めたようです。

報道番組「報道ステーション」(月~金曜9時54分~)で約7年間キャスターを務めた小川彩佳は、一般男性との結婚と退社を今年2月に発表しました。

選挙特番など報道番組に数多く出演してきた小川ですが、「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」には女優としてゲスト出演しています。その柔軟な対応力で、退社後も報道以外にも幅広い活躍を期待したいですね。

「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜8時~)でアシスタントを担当していた宇賀なつみも、3月末での退社を発表しました。

テレ朝の朝の顔として人気のある宇賀ですが、実は型破りで大胆な一面も持ち合わせています。2016年には花見に行った際に転倒して大けがをし、翌日の放送ではあごに絆創膏をはり、右手首には包帯を巻いた姿で番組に登場して視聴者を驚かせました。

安定したアナウンス力はもちろんのこと、その飾らない性格が魅力の宇賀。フリー転向後は、情報番組以外にもバラエティーなどで活躍する姿が見られるかもしれません。

今までの経験を糧に新天地に挑む彼女たち。これからも、さらなる飛躍を期待したいですね。

(文/玉手葉子@H14)

関連記事