コラム

最終回目前!TERRACE HOUSE 軽井沢編を振り返る(後編)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

最終回目前!TERRACE HOUSE 軽井沢編を振り返る(後編)

2017年12月からNetflixで放送してきた「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」(※以下、軽井沢編。フジテレビでは2018年1月から)。2月12日に 最終回を迎える本シーズンの見どころやエピソードを、前編に引き続き紹介していきます!

■最長滞在者の“寮長”中村貴之、卒業を決めたのは想定外の人物

滞在日数9ヵ月と軽井沢編に最も長く出演していたのが、プロスノーボーダーの中村貴之です。
初期メンバーで、年長者でもある貴之は、最年少メンバーである新井雄大の目に余る行動に対して説教をするなど、頼れる兄貴分としてメンバーから親しまれていました。そのキャラクターから“寮長”とあだ名が付けられています。

そんな貴之のテラスハウスでの様子はというと、歳の離れた女性との恋が多かったようです。
最初にアプローチしたのは、同じくスタートメンバーだった小室安未。大学生の彼女に対し、貴之は10歳の年齢差に悩みながら接触するものの、両思いとはなりませんでした。その次にアプローチした又来綾は、同じく大学生。9歳違いではあるものの、年上の男性が好みということもあり貴之にストレートな愛情表現を見せます。しかし、結局は貴之をその気にさせることはできませんでした。

そんな彼が卒業を決めたのは、かつてのバイト先の元同僚だった年下女性との恋。次のデートで交際を申し込み、どのような結果が出たとしても卒業することをメンバーに宣言しました。結果、告白は成功して、貴之はハッピーエンドを迎えることに。メンバー同士の恋愛ではなかったので、テラハファンにとっては少し物足りない結果だったかもしれませんね。

貴之の恋愛におけるアプローチを振り返ると、あまり積極的とはいえませんでした。その部分が違っていたら、結末はまた違うものになっていたかもしれません。

■バイセクシャル・池添俊亮のジェンダーレスで切ない恋

2018年5月から入居したヘアメイク志望の池添俊亮は、高校生時代にミスターコンで準優勝した実績をもつ美形男子。自身にメイクを施し、中性的な雰囲気をもつ、いわゆる“ジェンダーレス男子”でした。

「自分はバイセクシャルかもしれない、だから男女6人の共同生活の中で答えを出したい」という理由から入居を決めた俊亮。テラスハウスで過ごす中で、バツイチ子持ちのイケメン会社員・河野聡太に興味をもちます。

2人でデートに出かけて楽しい時間を過ごすうちに、聡太への恋心を確信し、自身がバイセクシャルであることを俊亮は自覚します。そして、自身の気持ちに整理がついたことで、入居期間は3ヵ月と少し早めの卒業を迎えるのです。

意中の聡太が女性を好きであると分かっていたため、俊亮はあえて交際を申し込まず、片思いのまま卒業します。最初で最後のデートになると覚悟したとき、その俊亮の姿はあまりに切ないものでした。彼の出演は性の多様化が認知されつつある現在を象徴する出来事だったといえるでしょう。

■天使のような悪魔の笑顔!? トラブルの影に彼女がいる?

黒髪のロングヘアで、これまでに交際した男性とはキス以上の経験なし――。“清純”という言葉を具現化したような雰囲気をもつのが、大学生の田中優衣。ただ、彼女はその見た目とは裏腹に、軽井沢編の人間関係に波乱を生んできた人物なのです。

その一端が垣間見えたのは、モデルの石倉ノアをめぐり、グラビアアイドルの小瀬田麻由と三角関係になったときのこと。麻由よりもノアとの仲を縮めていた優衣は、あくびをしながら麻由の話を聞く、出かける麻由をテンション低めで見送るなど、裏の顔を覗かせたのです。

優衣は現女子メンバーの木佐貫まやと谷川利沙子とも、いくつかの揉め事を繰り広げています。まやの生活態度を巡って、利沙子とともに彼女を非難。その一方で、今度はまやと手を組んで、「カメラが写らないところでデートの演出を考えるなど、裏工作していたのでは」と、利沙子に不信感をぶつけます。

密告の応酬を繰り広げ、3人が一歩も引かない話し合いを行った結果、現在の女性陣の人間関係はドロドロです。ここで注目したいのが優衣の行動で、すべての衝突の中心に彼女がいます。意図的だったのか、それとも無意識だったのか……。決して自分は槍玉にあがらない優衣に、一筋縄ではいかないしたたかさを感じた人も多いのではないでしょうか?

やがて、優衣の衝撃の事実が発覚します。愛大との仲を縮めていた優衣は、酒を飲んだ帰りに愛大の実家に宿泊。そこで、キスとそれ以上の関係を結んでいたことを、愛大から暴露されるのです。「キスは恋人同士がするもの」と優衣が発言していただけに、裏での演出を疑われていた利沙子は呆然。優衣を問い詰めます。

結局、一線は越えていなかったものの、優衣はキスをしていたことを認めます。そして、最終的には愛大と付き合うことになりました。一夜の内容を詳しく説明するなど、生々しい発言もあってのカップル成立に、手放しで祝福できない視聴者も多かったのではないでしょうか? しかし、軽井沢編のクライマックスがここまで盛り上がったのも、優衣の存在があってこそ。最終話まで嵐を巻き起こしてくれることを期待したいものです。

これまで様々なドラマを生み出してきた、テラスハウスの軽井沢編。最後にどのような結末を迎えるのか目が離せませんね!

(文/玉手葉子@H14)

関連記事