コラム

真木よう子に学ぶ、逆境に負けない強い生き方

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

真木よう子に学ぶ、逆境に負けない強い生き方

テレビ東京のドラマBiz「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(月曜22:00~)で主演を務めているのが、クールビューティーに定評のある真木よう子。2017年にはコミケ出展にまつわるひと騒動があったものの、事務所を移籍して心機一転。ドラマBizでは初の女性主人公として、都市銀行の再生に奮闘する“強い”銀行員役を演じる。

今回は、真木の逆境に負けない生き方にも通じる、彼女が今までに演じてきた芯の通ったキャラクターを振り返ってみたいと思う。

■岡田准一が思わずしびれるSP 隊員

真木が肉体的にも強い女性を演じたのが、フジテレビ「SP 警視庁警備部警護課第四係」(2007年~2008年)だ。彼女が演じるヒロインの笹本絵里は、男社会の第4係(SP)の中では唯一の女性隊員。射撃の元五輪候補選手で、身体能力が高く、SPとしての資質と度胸は男性隊員に引けをとらないという設定だった。

この作品では真木はアクションに初挑戦。血の滲むような努力で本格的な格闘術を習得したという。嘘のないアクションシーンにするために、“当たっても仕方ない”という覚悟と勢いで本番へ。火薬を使った銃撃シーンでまばたきをしないようにするなどして、強い女性隊員を熱演した。

笹本は口が悪く暴力的なキャラクターで、勢い余って同僚をビンタすることも。偶然にメガネを飛ばして割ってしまうこともあったが、「割れちゃった……」と同僚の山本(松尾諭)がアドリブでフォロー。結果的には彼女の個性が際立つ名シーンに仕上がっている。

そんな笹本というキャラクターについて、「演じる笹本の方が、(自分よりも)女性らしい部分もあるんですよ」と真木はインタビューで回答している。そういわれると、確かに主人公の井上薫(岡田准一)を気遣うようなシーンもあり、時には後輩想いの一面も見せていた。

撮影現場の挨拶では長めの沈黙の後、「女のカッコイイ時代を作りましょう。ヨロシク」とキャストやエキストラに語りかけ、岡田准一をはじめ関係者一同をしびれさせていたという真木。彼女のクールな生き方を、本作で存分に感じていただきたい。

■最悪な男たちを成敗するレストラン店長

フジテレビ「問題のあるレストラン」(2015年)は、真木の明るさと信念の強さを楽しめる作品だった。

男社会の理不尽さに立ち向かう“女性応援コメディ”の本作品において、彼女が演じたのは主人公の田中たま子。大手飲食サービス会社に勤めていたが、女性へのひどい扱いがまかり通る現場の状況を許せずに退職する。その後、無職の親友や元同僚を集め、ビストロレストランを開店。仕事を楽しみながら、ライバル店に立ち向かっていくという物語だった。

制作発表会見で真木は、彼女自身の嫌いな男性のタイプを「お金を無心する男」と語り、会場をどよめかせていた。また、作中でも描かれているセクハラについては、「会社で働く人にそういう話を聞きました。そんな男にはやり返せばいい」とコメント。女性の決起をよびかけている。

ドラマで真木の“男前さ”が際立っているのは、パワハラを受けた親友(女性)の仇をとるためにオフィスに乗り込み、バケツで水をぶっかけていくシーン。見ていてスカッとするし、大切なものを守ろうとする正義感と芯の強さが感じられた。最低最悪な男性たちに対抗するために闘い続ける、彼女の勇姿は必見だ。

■上層部に負けないキュートな銀行員

「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」で真木が演じるのは、周囲が絶対に言えない正論を代弁してくれる銀行職員の原島浩美。彼女はかつてその正義感から事件を起こし、左遷させられた経歴をもつ。つまり、彼女に与えられた支店立て直しという業務は、これまでの逆境を跳ね除けるチャンスというわけだ。

銀行上層部の企みなどからピンチに陥りながらも、決して権力に屈することなく、「恐れながら申し上げます」と反撃する原島。難題を次から次へと押し付けられながら、それを解決していく姿には、見ていてスカッっとさせられる。

そんな真木の存在感もあって、今後の同作品は“働く女性を応援する作品”になっていくのではないだろうか。その中で、「物腰柔らかく丁寧でいながら、ちょっと天然な鈍感さをもつキュートな女性」(番組プロデューサーのコメント)という役柄であることから、今までにない真木の“かわいらしさ”を垣間見ることができそうだ。

今まで経験したことのない配役やアクションにも、血の滲むような努力で挑戦してきた真木よう子。演じる役柄以上に揺るぎない信念をもっているからこそ、“強い女性”のオファーが殺到するのではないだろうか。今後も社会の理不尽さに一石を投じるような活躍を見せていただきたい。

(文/平原健士(iPPON COMPANY GROUP)@H14)

関連記事