コラム

若き名バイプレーヤーが久々の主演!岡山天音とは?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

若き名バイプレーヤーが久々の主演!岡山天音とは?

(c)金田一蓮十郎/SQUARE ENIX (c)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (c)「ゆうたの」製作委員会・MBS

金田一蓮十郎の同名漫画をドラマ化したMBS「ゆうべはお楽しみでしたね」(日曜深夜0時50分~ ※放送時間は変更になる場合あり)。オンラインRPGゲーム「ドラゴンクエストX」で知り合い、ルームシェアすることになった男女の関係を描くラブコメディーです。

このドラマで本田翼とともに主演を務めているのが岡山天音。彼はキャリア10年にして数えきれないほどのドラマや映画に出演しており、今後さらなる飛躍が期待されている実力派です。

■初めて演じた役…それが“岡山天音”!

岡山は15歳のとき、NHKドラマ「中学生日記」への出演をきっかけに俳優としてのキャリアをスタートします。実は、彼はこのドラマの大ファンで、オーディションが開催されることを知り、自ら応募したのだとか。

自身が漫画家志望だったこともあってか、このドラマで岡山は“漫画家志望の中学生”を演じます。その役名は岡山天音。そうなのです。自分の名前がそのまま役名となり、俳優の仕事がスタートしたのです! そのストーリーは、転校生の彼とろう学校に通う中学生の交流を描いたもの。残念ながら映像は確認できませんでしたが、残された場面写真を見ると、今よりもややふくよかな天音少年の姿が確認できます。

このドラマの撮影がとにかく楽しかったそうで、彼は本格的に俳優の道へと進みます。その中で演じてきたのは、学生、フリーター、引きこもり、女性に騙されて殺人を犯してしまう青年など……。コメディーからサスペンス、シリアスな人間ドラマまで、出演作品のジャンルも多岐にわたっており、その活躍ぶりから“若き名バイプレーヤー”の異名をとっています。

■ひよっこで漫画家になる夢、叶う

ちなみに、岡山は漫画家志望ではなく、本物の漫画家を演じたこともあります。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(2017年)では、ヒロイン・みね子(有村架純)と同じアパートに暮らす漫画家・新田役に。藤子不二雄に憧れ、同郷の坪内(浅香航大)とコンビを組んで、漫画で一旗揚げようと上京してきた青年を演じています。岡山はヒット作に恵まれなくても、明るく愚直に漫画を描き続ける新田を好演。彼の存在を一気にお茶の間に広めることとなりました。

ただ、岡山は「ひよっこ」以前からCMに多数出演しており、正確には“じわじわとお茶の間に浸透していた”というのが正しいかもしれません。彼が出演するCMは、ドラマ仕立てのものが多いのが特徴。トヨタのCMでは、初恋に敗れた親友を励ます青年に。東京ガスのCMでは、明るく働き者の母を思う青年。ホットペッパーグルメのCMでは、居酒屋で女性と芝居がかったやり取りを披露する演劇青年風。第一三共のCMでは、先輩OLの肌荒れを心配する気弱そうな後輩社員といった具合です。

CMでもさまざまな役を演じている岡山。ここでも彼の実力の一端が伺えます。

漫画好きで、特技は絵を描くこと。そして自らを人見知りと語る岡山。いかにもインドア派といった印象ですが、実はダンスを趣味にしています。彼のイメージとはちょっと違う印象ですが、その技前が見られるのがTBSドラマ「放課後グルーヴ」(2013年)。ダイナミックかつ切れ味鋭いストリート・ダンスを披露しており、彼のアクティヴな一面が垣間見れました。

■人見知りぶりをドラマでいかんなく発揮!?

現在放送中の「ゆうべはお楽しみでしたね」で、岡山はゲームおたくで少々人見知りのたくみを演じています。撮影前には役作りもかねて、実際にドラクエをプレーしてみたそうですが、人見知りを発揮してしまい、他のプレーヤーとコミュニケーションすることができなかったのだとか。なんだか、まるでたくみのようですね……。

ただ、彼が演じるたくみは、ゲーム内のコミュニケーションは得意なので、たくみ以上の人見知りといえるかも。岡山にとって、たくみは間違いなくハマリ役といえるでしょう。

作中でたくみは、ドラクエで知り合ったゴローというプレーヤーをルームシェアに誘います。その名前からゴローのことを男性だと信じ切っていましたが、現れたのは華やかな美女。なんとかルームシェアを解消しようとしますが、みやこは「1年以上一緒にゲームをしてきて、性格はわかっているし、タイプの男性じゃないから大丈夫」と強引に押し切られてしまうのでした。

果たして、みやこの出現により、たくみはどう変化していくのでしょうか? そして、そんなたくみを岡山天音がどのように演じるのか? この先もドラマから目が離せません!

(文/地江仲慶太@H14)

(c)金田一蓮十郎/SQUARE ENIX (c)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved. (c)「ゆうたの」製作委員会・MBS

関連記事