TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

「高嶺の花」で石原さとみが恋をする俳優・峯田和伸とは?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

「高嶺の花」で石原さとみが恋をする俳優・峯田和伸とは?

2018年7月から日本テレビで新ドラマ「高嶺の花」(水曜夜10時~)がスタート。鬼才・野島伸司の脚本に加えて、人気女優・石原さとみが主演ということで注目を集めている。

ラブストーリーということで、そのお相手も気になるところだが、キャスティングされたのは個性的なキャラクターが持ち味の峯田和伸。銀杏BOYZのボーカルとして活動するミュージシャンだが、近年では人間的な魅力を生かし、俳優としても急速に注目を集めている。

今回は、そんな峯田の俳優としてのキャリアを振り返るとともに、その魅力を改めて検証してみたい。

■“ぷーさん”と呼ばれる平凡な自転車店の店主

「高嶺の花」で峯田が演じるのは、自転車屋店主の風間直人(39歳)。石原さとみの演じる才色兼備の華道家・月島もも(29歳)と恋に落ちるという、超・格差ラブストーリーだ。

本作品で峯田はキャリア、財力、家柄など何ももたない平凡な男を演じるが、不器用な生き様を全身全霊で表現し続けてきた彼にとっては、ぴったりの役柄といえるだろう。それに、“ぷーさん”とよばれ、不思議な魅力で商店街の人たちから愛される姿は、彼を称賛するファンの声にも重なる。その内面から滲み出る、飾らない“温かさ”がどのように映像化されるのか、その内容に期待したい。

実は風間の“自転車店を継いだ男”という設定は、彼の生い立ちにも重なってくる。TBS「A-Studio」での峯田の話によると、彼の実家は電気店を営んでおり、本来ならば長男の峯田がその家業を継ぐはずであった。しかし、音楽への夢を諦められずにいた兄を見て、次男が「自分が継ぐから気にするな」と言って跡を継いだのだとか。

弟には心から感謝していて「地球で一番好きな人」と言うほどなので、今回の役には没入しやすいのではないだろうか。

■ロックバンドのギタリスト役でデビュー

峯田が俳優としてのキャリアをスタートさせたのは、2003年公開の映画『アイデン&ティティ』。監督・田口トモロヲからのオファーにより、主演に抜擢されている。その役どころは、バンドブームに乗って人気の出始めたロックバンドのギタリスト・中島。本当のロックを求めて葛藤するキャラクターで、バンドブームの終焉とともにソロで歌うことを決意する。

実はその人物設定は、当時の彼が置かれていた状況にそのまま当てはまる。「朝日新聞デジタル」でのインタビューによると、映画出演が決定する直前の時期に、自身のバンド「GOING STEADY」が解散しているのだ。決まっていた全国ツアーは全て白紙。クレームの電話が鳴り止まないどん底の状況で、峯田は映画の仕事を引き受けたのだ。そんな過酷な精神状態でも、自分の心情を役へと素直に重ねながら、峯田は俳優としての仕事を見事にやり遂げている。

この映画で共演した麻生久美子は、日本テレビ「スッキリ」に出演した際に、峯田のことを「計算がないようにしか見えない」と話している。リアルな演奏を含め、作品全体から音楽に対するまっすぐな想いが伝わってくるその姿は、ミュージシャンとしての生き様が感じられる見事な役作りといえるだろう。

■「ひよっこ」の変な叔父さん役でブレイク

鮮烈な俳優デビューから15年。『ボーイズ・オン・ザ・ラン』、『ピース オブ ケイク』など多くの映画やドラマに出演してきた峯田だが、一躍全国区の知名度を得るに至ったのは、2017年度上半期放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演したことがきっかけだろう。

本作品の時代設定は東京オリンピックや高度経済成長に沸いた1964年。茨城県の山奥の村に暮らす有村架純演じる谷田部みね子が、失踪した父親を探して上京することでストーリーが大きく動いていく。

この作品で峯田が演じたのは、みね子の叔父にあたる小祝宗男。明るい笑顔が特徴的なキャラクターだ。ナレーションで「変な叔父さん」と紹介されるほど快活で面白い性格なのだが、壮絶な戦争を体験しており、その背景には影を背負っている。

それまでに峯田が演じていた役どころは、ミュージシャンとしての存在感が強いものだったが、この作品では俳優としての深みを発揮。その役作りに当たっては、なんと自身の祖父をモデルにしたという。当時の写真を実家から取り寄せて、その空気感を自分の中で解釈して演じていたそうだ。身近な人物から想像を膨らませて、役作りに昇華できるのは並大抵のセンスではない。しかも、武道館ライブに向けてレコーディングや曲作りに追われている中で収録していたというから驚きだ。

どんなに困難な状況でも、それを自身の糧にして“表現”できる俳優・峯田和伸。「高嶺の花」ではどんな演技を見せてくれるのか、今後のさらなる活躍に期待したい。

(文/平原健士(iPPON COMPANY GROUP)@H14)

関連記事