TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

広瀬すず、満島ひかり、高橋一生…俳優の魅力を引き立てる坂元裕二ドラマの世界

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

広瀬すず、満島ひかり、高橋一生…俳優の魅力を引き立てる坂元裕二ドラマの世界

広瀬すずが10代最後の主演を務める日本テレビ系ドラマ「anone」。名作ドラマ「Mother」(2010年)、「Woman」(2013年)に続く日本テレビ水曜ドラマ枠で、脚本家・坂元裕二が手がけるオリジナルドラマの第3弾となっています。

フジテレビ系の「最高の離婚」(2013年)や「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(2016年)、TBS系の「カルテット」(2017年)など……。近年では人気作を数多く手がける坂元氏ですが、「Mother」では当時5歳の芦田愛菜が“泣ける天才子役”としてブレイク。「Mother」では満島ひかりが、「カルテット」では高橋一生が注目を集めるきっかけとなりました。

登場人物の謎の多い描かれ方、幾重にも重なるストーリー展開が俳優の魅力を引き立てるのは、坂元ドラマの大きな特徴です。そんな出演俳優たちを通して、坂元作品の魅力を探ってみます。

■女優陣ではさまざまな母娘の姿が号泣を誘う

「Mother」はさまざまな母親の姿が描かれた作品でした。芦田愛菜が演じる少女・怜南を虐待する母親(尾野真千子)。そんな怜南を連れて東京に逃げ、母娘を装って暮らそうとする小学校教諭の奈緒(松雪泰子)。そして、まだ幼い奈緒を捨てて消えた実母で、それに気づかぬ彼女を何かと助けようとする理髪店主の葉菜(田中裕子)。複雑に絡まった母娘の関係を女優たちが丁寧に演じ、特に2人の母親の間で揺れ動く芦田のもの悲しい表情は、多くの視聴者の涙を誘いました。

また、シングルマザーの小春(満島ひかり)と2人の子供たちが、経済的な困窮や病気を克服しながら生きていく姿を描いた「Woman」でも、母娘関係が重要なテーマとなっています。幼い頃に父と自分を捨て、新しい家庭を作った実母(田中裕子)に対する、小春の怒りや哀しみ。やがて、実母が家を出た本当の理由を知ってからの、満島が見せた愛憎混じった複雑な感情表現は、本作の大きな見どころでした。

■重厚なドラマに軽妙な救いを与える男優たち

一方で坂元ドラマに登場する男性キャラクターたちはというと、時にクスッと笑えるコミカルな立ち振る舞いが魅力です。重厚なドラマに、軽妙さと救いを与える役割を担っています。

結婚がテーマのラブコメディ「最高の離婚」には、理屈屋でデリカシーのない光生(瑛太)と、屈託なく複数の女性と浮気をしているモテ男の諒(綾野剛)という対照的な2人の男性が登場します。2人の元妻たち(尾野真千子、真木よう子)に対する瑛太の言動は「これを言ったら嫌われるよ」という自己チュー男性の典型を見る思いで、その反面教師っぷりに笑ってしまった女性たちも多かったのでは?

「Woman」では小林薫が田中の夫を演じ、小春家族をさり気なくサポートしています。口論する田中と満島の脇で、子供たちとふざけあって場を和ませ、小春家族をお祭りに連れ出すなど、常に軽やかな笑顔を振りまいていました。また、「カルテット」では、「唐揚げにレモンをかける、かけない」や「ゴミ出しを誰がするか」など、ショーモない議論を延々と続ける家森(高橋)や別府(松田龍平)のやりとりが笑いを誘っています。

■坂元ドラマらしい謎に満ちた「anone」の展開に期待

坂元ドラマの最新作である「anone」の主人公・辻沢ハリカ(広瀬)は、幼い頃に両親に更生施設に預けられ、その後に両親が自殺したという壮絶な過去の持ち主です。友人が大量のニセ一万円札を発見したことから、彼女はさまざまな人物に出会うことになります。

ニセ札であるその札束の持ち主で、実娘とうまくいっていない林田亜乃音(田中裕子)。末期ガン宣告を受け、自分のカレー店も倒産寸前の持本(阿部サダヲ)。死に場所を探すうち持本に出会うるい子(小林聡美)。林田の印刷所の元従業員でニセ札作りに関係のありそうな中世古(瑛太)などなど。それぞれ人生に、何らかの挫折感をもつ人ばかり。彼ら謎の多い存在が物語に奥行きを与えています。

今回、広瀬はショートヘアにキャップ姿とボーイッシュな姿を見せました。現実とファンタジーの間を縫うような物語に合わせ、「世の中に対して一枚フィルターがかかっている感じを表現したくて『前髪は長めにしてほしい』」と、自ら提案したそうです。

更生施設での生活を、祖母との楽しい記憶にすり替えて生きてきたハリカ。現実とフェイク、真実とウソ、生と死が、物語のあちこちに用意されています。それらの境界線が、今後どのように変化していくのか? 家族をもたないハリカに、新しい家族は見つかるのか? 坂元ドラマの常連といえる田中裕子と瑛太の存在も、今後のカギとなっていきそうです!

(文/岸田キチロー@H14)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア