話題のコラム

【グッドワイフ】第1話あらすじ 夫がスキャンダルで逮捕!? 家族のため、常盤貴子が弁護士復帰!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【グッドワイフ】第1話あらすじ 夫がスキャンダルで逮捕!? 家族のため、常盤貴子が弁護士復帰!

©TBS

1月13日に「グッドワイフ」(TBS系、日曜午後9時)の第1話が放送された。同ドラマは、アメリカの人気連続ドラマ「The Good Wife」を原作にしたリーガルヒューマンエンターテインメント。「Beautiful Life 〜ふたりでいた日々〜」以来19年ぶりのTBS日曜劇場主演を務める常盤貴子。夫がスキャンダルで逮捕され16年ぶりに弁護士に復帰する妻を演じる。

家族のため、16年ぶりに弁護士復帰

主人公・蓮見杏子は出産を機に弁護士の職を辞し、東京地方検察庁・特捜部長の蓮見壮一郎(唐沢寿明)を支える専業主婦。しかし、夫の壮一郎は女性スキャンダルが発覚した挙句、収賄容疑で逮捕され、世間の批判の的となってしまう。

妻の杏子(常盤貴子)は夫の裏切りに深いショックを受けるが、2人の子供のために16年ぶりの弁護士復帰を決意。司法修習生時代の同期、多田征大(小泉孝太郎)の手引きで、多田が共同経営者を務める神山多田法律事務所に仮採用されることとなった。

復帰後初の訴訟の相手は、人気キャスターの日下部(武田鉄矢)。日下部はネット番組で幼女行方不明事件を取り上げた際、犯人は幼女の母親である浜口美里(市原茉莉)の可能性が高いと放送。

世論の風評に追い詰められた美里は自殺してしまい、日下部を名誉毀損で訴えるべく幼女の父親・浜口直樹(泉澤祐希)が依頼にきたのだ。

当初は和解で交渉予定の訴訟だったが、日下部が和解を拒否。さらに直樹を名誉毀損で訴え返してきたのだ。

訴訟請求額は1億円。さらに、杏子が壮一郎の妻であることに気づいた日下部は、格好の材料だと杏子を世間の逆風にさらしあげる。

パラリーガル(弁護士補助)の円香みちる(水原希子)とともに、日下部が裏取りをせずに発言したという証拠を調べ始めた杏子。日下部が、母親が犯人の可能性が高いとする「確固たる情報源」が、警察ではなく、美里がかつて救急車で運ばれた病院関係者の伊達(伊藤さおり)であることを突き止める。

思案を巡らす夫の策略とは?

伊達が出廷し日下部への情報提供は「嘘だった」と証言。杏子たちは、さらに入念な調査で得られた証拠をつきつけ、裁判は有利に運ばれる。

しかし、結果は双方の訴えともに棄却判決となる。杏子の復帰後初の裁判は、日下部からの訴えは退けられたものの、結果として勝利を勝ち取ることができなかった。

報道陣を前に、「報道の自由」についてパフォーマンスをする日下部。ところが……裁判終了直後に行方不明だった浜口の娘・玲奈(野田あかり)が発見されたとの連絡を受ける。

このことにより、日下部の「母親が犯人」だとの発言が、名誉毀損にあたることが証明されたのだ。多田は日下部に幼女が発見された事実を伝え、控訴を告げる。訴訟請求額は「1億円」。

結局、訴訟は8,000万円で和解することに。弁護士事務所のメンバーたちと祝賀会を楽しんでいた杏子は、円香から検察事務官として壮一郎の元で3年間働きクビになった過去を明かされる。

「あまりご主人を信じない方がいいです」と言い残して去る円香。杏子は驚き、不安に駆られるのだった。

一方で壮一郎にかわり特捜部長に就任した脇坂(吉田鋼太郎)は、壮一郎のかつての部下である佐々木(滝藤賢一)を壮一郎の取り調べ担当に指名する。

佐々木は壮一郎の胸ぐらをつかみ、激しい尋問を行う……が、これはすべて監視カメラで取り調べの様子を伺う脇坂に見つからぬようにした演技。佐々木が耳元に顔を近づけ、脇坂がささやき声で司令を伝えるといった方法で、二人は密かに会話をするのだ。壮一郎も検察側に対して策を講じているようだ。

“法廷と理不尽”に立ち向かう杏子の今後に注目

法廷を舞台にした1話完結のストーリーに加え、唐沢寿明演じる主人公の夫・壮一郎の収賄容疑をめぐる真実が徐々に明かされていくという、ドラマ全話で描く“縦軸”も楽しめる。 また、杏子は法律事務所では仮採用の身。半年後の本採用1枠を争う若手弁護士・朝飛光太(北村匠海)とのライバル関係にも注目だ。

第2話のゲストは、橋爪功、ドラマ初出演となる村上佳菜子ら。神山多田法律事務所の名誉顧問が起こした前代未聞の飲酒事故、“絶対有罪”の難事件に隠された真実へと挑む。

関連記事