コラム

【櫻井翔編】嵐のメンバーが愛される理由

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【櫻井翔編】嵐のメンバーが愛される理由

2020年を以て活動休止を発表した嵐。芸能界からも番組やSNSを通じて多くのコメントが寄せられ、影響力の大きさを物語っている。ジャニーズを代表するアイドルグループとして今日まで活躍してきたのは、各メンバーの魅力的なキャラクターが多くの人々から愛されてきたからだろう。

今回はそんな嵐の中で、ニュースキャスターとしての顔も持つインテリ派・櫻井翔に注目してみよう。

■グループ間を越えた後輩たちで構成された“アニキ会”


一部後輩から“アニキ”と呼ばれ慕われている櫻井。最近では、「アニキ会」と呼ばれる存在がファン達の間でも注目を集めている。

昨年7月に放送された「櫻井・有吉THE夜会」(TBS系)で紹介されたところによると、アニキ会は櫻井のことを慕うメンバーで構成されており、KAT-TUNの上田竜也、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔と千賀健永、Sexy Zoneの菊池風磨、ジャニーズWESTの中間淳太など、グループの垣根を越えた面々が集っているという。

その中でも櫻井に「若頭感がすごい」と評され、櫻井アニキに対する後輩たちの礼儀などを厳しくチェックしているのが上田である。本来は先輩や後輩とつるむことがなく一匹狼的なところがあったという上田だが、初めて一緒に食事に行った先輩が櫻井だったという。

昨年5月放送の同番組では、上田が「辛いときにアニキがそっと優しくしてくれて」と、櫻井の優しさに触れたことが慕うきっかけになったと告白。番組でも司会の櫻井をフォローする姿がたびたび見られ、ふたりの師弟関係に注目が集まっている。

クールでワイルドなイメージのある上田をはじめ、さまざまなタイプの後輩たちを温かく包みこむ魅力が櫻井にはあるのかもしれない。

■重すぎる愛に困惑?NEWS増田の櫻井愛


また櫻井を好きすぎるあまりストーカー扱いされているのが、NEWSの増田貴久だ。嵐のレギュラー番組「VS嵐」(フジテレビ系)では、増田がゲスト出演するたびに櫻井が増田を「ストーカーだと思っている」と発言。櫻井がいきつけの店に行くと既に増田の姿があるほか、トイレから出てくると増田が立っているというエピソードが暴露された。

そしてそんな櫻井の告白を、毎度増田は「またまたー」「偶然っすよ」と受け流すというやり取りが繰り広げられている。

しかし、昨年7月に櫻井がゲスト出演した「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に増田がVTRで登場した際は、ストーカー行為について「大体いつも僕が先に(店に)いて、(後から)翔くんが入ってくる」と櫻井のほうが自分を追いかけていると主張。

さらにアニキ会の会合にも「呼ばれてない」(本当はスケジュールが合わなかっただけ)と苦言と呈した。自分は愛されていないのではと不安になっており、最後は櫻井の愛をもっと受けたいとアピールした。

二人の関係についてネットでは「翔くんの公式ストーカーとして頑張ってもらいたい」、「いちいち愛が重くてかわいい」といったコメントが寄せられている。ジャニーズJr.時代は、嵐のバックダンサーとして活動していた増田。人懐っこい性格も相まって、櫻井にもっと懐きたいと思う気持ちがあるようだ。

■相互に信頼関係が結ばれている大野智


また嵐のメンバーの中では、大野智との絶妙な関係性が有名だ。嵐では年長組にあたる2人は、ファンの間で「山コンビ」「山夫婦」と呼ばれ愛されている。マイペースでどっしりと構えた大野と、しっかり者でかいがいしくサポートする櫻井という構図がこの関係を作っているようだ。

2012年12月放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)では、嵐の中で櫻井だけが唯一大野の「香り」をかぎ分けることができたことも。少しの香りの違いもわかってしまうくらい一緒にいる時間が長かったということだろう。番組内では2人でじゃれる姿もたびたび見ることができ、ファンを和ませている。

活動休止会見では、櫻井が大野から「話がしたい」と休止について相談のメールがあったことを明かし、率先して話し合いの場を設け着地点を見出す役回りを担ったことを告白していた。また会見の翌日放送された「NEWS ZERO」(日本テレビ系)では、会見の前に櫻井が「何かあったら必ず僕がフォローするので安心して会見に来てほしい」と大野へメールを送ったと語った。二人の間において、絶妙な信頼感が築かれていることが伝わってくるエピソードだ。

慶應大学卒業のインテリ派で、しっかり者全体の様子を見渡している櫻井。そんな彼が慕われる理由には、さりげないサポートと、母親のような温かさを大切にする関係性がカギをにぎっているのかもしれない。

(文/相場龍児)

関連記事