コラム

嵐のメンバーが愛される理由【松本潤編】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

嵐のメンバーが愛される理由【松本潤編】

2020年をもって活動休止することを発表した嵐。芸能界からもテレビやSNSを通じて多くのコメントが寄せられ、影響力の大きさを物語っている。

ジャニーズを代表するアイドルグループとして今日まで活躍してきたのは、各メンバーの魅力的なキャラクターが多くの人々から愛されてきたからだろう。

今回はそんな嵐の中で、様々な年齢層の俳優から愛される松本潤に注目していこう。

■「ハムレットをやりたい!」熱烈なラブコールを送った吉田鋼太郎


まずは、1月放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)で、松本を絶賛した吉田鋼太郎を取り上げたい。

松本と吉田は共演作品はないものの、プライベートでお酒を飲みにいくなど親密な関係を築いているという。番組中は松本も「一緒にお芝居したらこんな風には絡めないですよ」と笑い、終始フランクな態度で吉田をもてなしていた。

そんな松本は以前、藤原竜也に勧められて吉田が演出を手掛けるシェークスピア劇の稽古場へ訪れたことに触れ、吉田の演出技術を称賛する一幕があった。

厳しい演出をするのかと思いきや、役者に対して怒ることなく懇切丁寧な指導で演出をつけていた吉田の姿を見て、「本当に丁寧で優しくて……すごいなって」と感動したというのだ。

一方吉田も、忙しいスケジュールの中、自身が出演するわけでもない舞台の稽古に松本が見学に来たことについて「熱心なのよ」「普通の人とは違う」と絶賛。「ハムレット」はやれる役者とやれない役者がいる特別な役だと語り、「俺は松本潤とハムレットをやりたい」と熱っぽく語った。

そんな相思相愛な二人に、ネット上では「本当に仲がいいんだな」「綱太郎さんと潤くんの会話が濃くて全部ノーカットで聞きたい」「鋼太郎さん是非潤君とハムレットを」と反響が起きた。

吉田を敬愛する松本と、謙虚な松本の姿を評価する吉田という絶妙な関係性が、二人の親交の深さの源となっているのかもしれない。

■奥田瑛二は人間性の高さを評価


また1月31日放送の「バケット」(同)では、奥田瑛二が松本を絶賛。

過去に松本と二宮和也との共演経験があり、二人とはお酒を飲んだこともあるという奥田。番組では嵐の活動休止の話題になり、印象について「スーパーアイドルが1つのドラマに出たときに、我々以上に考えて出演して、現場をまとめる力はすごいと思って。そういう意味で魅力がある」と人間力の高さを評価するコメントを寄せた。

現場力や人間性の高さが、松本自身が先輩俳優からも愛される理由になっているようだ。

■「花より男子」での関係は今も!小栗旬との信頼関係


また同年代の俳優では、プライベートでも親交が深い小栗旬がキーパーソンとなっている。

昨年4月の「嵐にしやがれ」では、松本が小栗のサプライズバースデー企画に参加した際、感激した小栗が号泣したことを明かした。その暴露話を恥ずかしがった小栗は「ダメだよ潤、そういう話は〜」とこぼし、じゃれ合う姿を見せるなど非常に親密な関係のようだ。

二人のドラマ共演といえば、2002年放送の「ごくせん」(日本テレビ系)、2005年の「花より男子」(TBS系)が印象的だろう。

とくに「花より男子」は、松本にとっても転機となった作品のようで、昨年1月放送の「ビビット」(TBS系)では、TOKIOの国分太一との対談にて、「間違いなく俺らはあの番組に出ていなかったら今こうなっていない」という話を小栗と語ったことを告白している。

一方で小栗も様々な番組で松本とのエピソードを語っている。2015年放送の「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)では、同じく松本と親交の厚い生田斗真とともに「(お酒を飲んだら)潤は帰らない。気がついたらウチのソファで寝てる」と暴露。

”自分が帰ってから楽しいことがあるかもしれない”という理由で、自分が一足早く帰らなくてはならないときはどうにかして飲み会を解散させたがるという松本の“寂しがり屋”な一面を明かした。

松本のこうした愛嬌のある一面を暴露できるのも、二人の間に固い信頼関係があってこそだろう。

数々の代表作を輩出し、俳優としてのキャリアを重ねてきた松本。これまで培ってきた人間性や交友関係が、活動休止以降の活動にもよい影響を与えていくことになるのかもしれない。

(文/相場龍児)

関連記事