TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

新ドラマで共演の米倉涼子と菜々緒、美ボディ競演勃発!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

新ドラマで共演の米倉涼子と菜々緒、美ボディ競演勃発!

女優の菜々緒が、10月11日にスタートしたドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系)で好演を見せている。米倉涼子の演じる傍若無人な元弁護士・小鳥遊翔子が、ワケありの弱小弁護士集団を巻き込みながら、不利な訴訟でも勝利を目指すという法廷ドラマの中で、菜々緒は翔子を敵視する大手法律事務所の野心家弁護士・白鳥美奈子を演じる。初回平均視聴率が好スタートを切ったのと同時に、ネットでは両者の“美ボディ競演”も話題となっているようだ。

■強い女性同士が、仕事も恋もガチンコ対決


米倉と菜々緒の対決は、本作が初めてではない。ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」の第3シリーズ(テレビ朝日系、2014年)では、主人公であるフリーランスの外科医・大門未知子(米倉)に敵対心を燃やすスーパーモデル・九重真耶役でゲスト出演した菜々緒。たまたま自分と同じ服を着ていたスタイル抜群の未知子に対し、一方的に敵意をむき出しにするという役どころで、ともに自身の美脚を惜しみなく見せながらの真っ向勝負という“美脚対決”が話題になった。

「リーガルV」では、そんな2人のさらにグレードアップした“強く美しい女性”のバトルが見られる。菜々緒が演じる美奈子は、翔子(米倉)の元カレとも噂されるエリート弁護士・海崎勇人(向井理)をめぐって対立。弁護士としてだけでなく女としても翔子に一方的な敵愾心を抱くという、「ドクターX」の真耶を彷彿とさせるキャラクターなのだ。「ドクターX」では菜々緒はゲスト役だったが、本作ではレギュラー出演となるため、存分に2人の“美ボディ競演”が楽しめそうだ。

■米倉×ピラティス、菜々緒×キックボクシング=美脚の秘訣!?


ドラマ以外の場所でも、たびたびメディアなどでスタイルの良さが取り上げられる2人だが、プロ意識の高い米倉も菜々緒もスタイル維持に余念がないようだ。5歳から20歳までクラシックバレエ漬けだったという米倉は、食事を我慢するのではなく、体に必要な物をしっかり摂取して、その分体を動かすという方法でスタイルを維持してきたのだそう。20代のころに出会った体幹トレーニングの一種であるピラティスに関しては、忙しい中でインストラクターの資格を取るほど真剣に取り組んでいる。最近でもピラティスは続けているようで、時間がないときは撮影現場でもラジオ体操やストレッチで少しでも体を引き締めているなど、一流女優としての高い美意識がうかがえる。

対して菜々緒のスタイル維持の秘訣は、筋トレや加圧トレーニング、そしてキックボクシングなのだそう。Instagramにトレーニングの様子をたびたびアップしており、ハイキックによる美脚効果が高いとされるキックボクシングを行っている動画を公開した時には、ファンから「キックされたい」などの熱いコメントが寄せられほど話題になった。その努力ゆえか、10月15日に行われた「第35回ベストジーニスト2018」では、3年連続でベストジーニストに輝き、殿堂入りを果たした。当日はキックボクシングで鍛えた美脚がわかるジーンズ姿で、得意の“菜々緒ポーズ”を披露して会場を沸かせた。

米倉も菜々緒も方法は違えど、第一線で活躍する女優同士、美ボディへの妥協はナシということだろう。

現在のドラマ界において、“強い女性役の代表・ツートップ”とでも呼べそうな米倉と菜々緒。両者のバチバチのバトルが繰り広げられる「リーガルV」では、日ごろから鍛え抜かれた2人の美しいスタイルからも目が離せない。

(文/オダギリ)

関連記事