コラム

波瑠、「結婚しないとクビ」!? 芸能人から婚活テクを学べ! 「サバイバル・ウェディング」

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

波瑠、「結婚しないとクビ」!? 芸能人から婚活テクを学べ! 「サバイバル・ウェディング」

「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(2016年・フジテレビ系)、「あなたのことはそれほど」(2017年・TBS系)、「未解決の女 警視庁文書捜査官」(テレビ朝日系)と3年連続ドラマ主演が続いている波瑠。「未解決の女」最終回の平均視聴率も13.9%と有終の美を飾った。

その波瑠が7月スタートの新ドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)でヒロインをつとめる。原作は大橋弘祐氏の小説『SURVIVAL WEDDING』で、波瑠は、寿退社したその日に婚約破棄され、半年以内の結婚を目指すことになる黒木さやかを演じる。

■ スパルタ婚活の痛快コメディ


結婚と職を失った彼女を救うため、「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で復職させるのが、人気雑誌の毒舌でナルシストな敏腕編集長・宇佐美博人(伊勢谷友介)だ。宇佐美は、海外有名ブランドのマーケティング手法を応用するなど、一味違った婚活戦略を提案する。

波瑠は役どころについて、「頑張り屋さんで一生懸命で、だけど不器用なところがあり、編集長やダメな元彼など、周りの人に振り回されることが多い役柄」と分析。「さやかという人物に対して観て下さる方が共感し、『応援したい!』と思ってもらえるよう、一生懸命演じたいと思います」と意気込みを語っている。

■ あの芸能人の婚活テクとは?


婚活テクニックといえば、テレビで独自の戦略を披露する芸能人も少なくない。

「愛され女と独身有田」(日テレ系)に3度出演している森三中の村上知子は、出会ってわずか3週間のスピード婚を決めた婚活テクを2015年11月9日放送回で明かしている。「食べることは1日3回ある。生活をしていく上で“胃袋”が合わないと、一緒の時間を過ごせない」が持論の村上は、「グルメトークで胃袋をつかめるかチェック」するとのこと。現在の旦那とは、手料理を披露した際「初めて結婚したい女性に出会った」と言われ、入籍に至ったという。

また、格闘家の魔裟斗と結婚した女優の矢沢心も、同番組の2015年10月20日放送回で5カ条の婚活テクを紹介。「はじめましてで見極めろ」「最初だけは取り分けろ」「あえて水を手渡せ」「ボディタッチはするな」「相手の得意な話を引き出せ」など、独自のルールを明かした。

新ドラマではどんな婚活テクが飛び出すのか、またそれは実際に使えるものかどうかも含めて気になるところだ。

■ 波瑠×日本テレビ×ラブコメのケミストリーに期待


落ち着いた印象の強い波瑠だが、コメディドラマとの相性も抜群だ。波瑠がヒロインを務めた「世界で一番難しい恋」(2016年・日テレ系)は、大野智との不器用でピュア&ドダバタな恋愛模様が好評で、SNSでは今もなおドラマの続編や“セカムズ”コンビの復活を願う声が見られる。

「サバイバル・ウェディング」は、「東京タラレバ娘」(2017年・日テレ系)の鈴間広枝プロデューサーが担当することもあり、波瑠のコメディエンヌとしての持ち味を存分に引き出してくれるに違いない。

伊勢谷友介吉沢亮など人気の俳優からブルゾンちえみまで、個性豊かなキャストが揃うこのドラマに期待大だ。

(文/室井二胡)

関連記事