TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

体張りまくりな木村佳乃 東山との結婚で生まれた「ある思い」とは!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

体張りまくりな木村佳乃 東山との結婚で生まれた「ある思い」とは!?

2018年5月6日に放送された「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)に、女優の木村佳乃が登場。芸人顔負けの体当たり企画に挑戦し、視聴者から称賛の声を集めている。同番組では過去2回出演し、その都度爪痕を残しまくっていきた木村。そんな彼女の活躍について振り返ってみよう。

■“水草女王”の称号も? 「イッテQ!」で伝説を作る女優に

木村は過去出演した2回の放送において、ためらいなく捨て身の姿を披露している。 初登場となった2015年の放送では、本格的なバンジージャンプやほっかむり姿での熱湯風呂、そして相撲にも挑戦した。相撲対決では、たんぽぽの川村エミコと対決。浴衣がまくれることもいとわず、熱戦を繰り広げ視聴者を驚かせた。

2度目の登場となった2017年の放送でも、イモトと共にセーラー服姿と太眉姿を披露。ここでは顔面パイ投げや、スライダーに挑んでいる。スライダーでは髪に水草がまとわりつくハプニングもあり、“水草女王”の称号を獲得。1回目をしのぐ芸人顔負けの姿に、またもや視聴者からは熱いエールが送られていた。
そのため今回も、視聴者にとっては待望の再登場となったようだ。


■3度目も冒頭から飛ばしまくり! 「芸人がかすむ」との声も

3度目となった今回、木村は冒頭から毛皮をまとい登場。外国人SPを引き連れ、レッドカーペットの上を歩く姿に、早々森三中の大島美幸から「経費使いすぎじゃね?」とツッコミが入った。さらに木村が身に付けていたアクセサリーに、いとうあさこイモトアヤコが価格について質問。木村はブルゾンちえみのネタをまねて「35ドル」と回答し、笑いを誘っていた。

またメイン企画では、大島と網引き対決に挑戦。一度泥沼に転落したものの、顔から落ちることができなかったため、再チャレンジを実施。もはや女優ということを忘れてしまうかのような体の張りようで、周囲を驚かせた。さらに「ヘビの燻製」を試食した際は、飲みこみきれずにリバースする姿を晒す一幕もあった。

そんな木村の姿に、ネットでは「面白すぎて芸人がかすむ」、「もうレギュラーになってほしい」といった声があがり、またもや視聴者に大きなインパクトを与えたたようだ。

■「イッテQ!」出演は直談判! バラエティー進出に対する独自の思い

そんな木村だが、私生活では2010年に東山紀之と結婚。現在2児の母となっている。「イッテQ!」の出演については、2017年にゲスト出演した「ごごナマ」(NHK)で、自身の希望で直談判したと告白している。また雑誌『FRaU』(講談社)のインタビューでは、子どもに対する思いも交えて出演動機をコメント。木村は「子ども向けのものをやりたいと思ったんです。」と述べたうえで、「子ども向けのものをやりたいと思ったんです。自分の子どもに観せるためではなく、子ども全体に向けて、家族全員で安心して観られる番組に出させていただきたいなって」と番組出演に対する独自の思いを語った。
バラエティー番組の中でも高い人気を誇る「イッテQ!」。家族を持つ木村ならではの視線があるからこそ、視聴者にも受け入れられているのかもしれない。

女芸人たちに負けないくらい、お茶の間に笑いを届ける木村。次の出演では一体どのような体当たり企画で、視聴者を驚かせるのか要チェックだ。

(文/相場龍児)

関連記事