TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

脱女子アナ役で、女優・カトパンの活動がさらに充実!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

脱女子アナ役で、女優・カトパンの活動がさらに充実!?

ニュースの読み上げやレポートの技術はもちろん、ルックスの良さも人気の理由の一つとなっている女子アナウンサーたち。近年ではフリー転身後の女子アナが、タレントとして活動するのも当たり前のようになってきた。しかし最近では、タレントだけではなく、テレビドラマで女優デビューを飾る女子アナ達も増えているようだ。ここでは、そんな女優業に挑戦しているアナウンサー達を取り上げてみよう。

■先輩に続け? 女優としてのキャリアを歩み始めた加藤綾子

フリーアナウンサー転身後、最近テレビドラマで女優としての活躍を見せているのが、加藤綾子だ。加藤は、現在放送中の朝の連続ドラマ、「半分、青い。」(NHK)に出演。劇中ではアナウンサー役として、バブル期を意識したファッションとメイクで登場し、話題となった。時代を反映した姿でアナウンサー役に挑戦した加藤は、「これまでのアナウンサーのお仕事の延長ではなく、違った自分で出た気分でとても楽しかったです!」とコメント。同じアナウンサーでも、一味違う経験ができたようだ。

さらに現在加藤は、ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)にもレギュラーとして出演している。こちらは「治験コーディネーター」という、アナウンサーから離れた役どころに挑戦。「半分、青い。」では、アナウンサーとしての経験が活かされたが、本作では、女優として演技力そのものが試されることになりそうだ。
ちなみに加藤同様に元フジテレビの女子アナでは、かつて女子アナブームの先駆けとなった八木亜希子が、女優として活躍中だ。八木は、フリーアナウンサーとして活動する傍ら、さまざまなテレビドラマや映画に出演。近年では、大河ドラマ「真田丸」(NHK)、「カルテット」(TBS系)、「トットちゃん!」(テレビ朝日系)と話題作でも演技を披露してきた。
八木のように、加藤もアナウンサーと女優を両立する存在となるかにも注目だ。

■加藤だけではない!? ドラマ出演を果たす女子アナたちが続出

また、かつてTBSアナウンサーであった枡田絵理奈も、女優デビューを果たしている。枡田は、今年1月期放送のドラマ「99.9%-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(TBS系)に出演。劇中のキャスター役に登場した。TBS在籍時にも、一度本人役でドラマ出演の経験がある枡田。今回は「演技をするというよりは、本当に番組でゲストにインタビューするという気持ちで臨みました」と自然体を心がけていたようだ。

他にも、現在情報番組「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)などに出演している新井恵理那も、今年1月にドラマ「BG~身辺警護人~」(同)に出演。木村拓哉演じる主人公が毎日見ているニュース番組のアナウンサー役として登場した。新井は局アナではなく、数多くのフリーアナウンサーを束ねる芸能事務所、セント・フォースに所属。リポーターなどの経験はあるものの、同じアナウンサー役を演じることには「慣れない」とコメントを寄せていた。

このように、女優デビューを果たす女子アナ達が増えるなか、演技力で爪痕を残すことができるかにも注目が集まりそうだ。とくに今後は、本人やアナウンサー役以外の役を演じることで、アナウンサー兼女優として一歩抜きんでた存在となるかもしれない。女優として芝居に挑戦する女子アナ達に、ますます注目が集まりそうだ。

関連記事