TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

とんねるず石橋×工藤静香だけじゃない! “懐かしコラボ”ブームが到来!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

とんねるず石橋×工藤静香だけじゃない! “懐かしコラボ”ブームが到来!?

2018年4月16日からスタートした、とんねるずの石橋貴明ミッツ・マングローブによる新トーク番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)。芸能やスポーツをテーマに、大人のノスタルジーを喚起する内容で、「昭和」や「80年代」の出来事が語られ、視聴者から「なつかしい!」と反響を呼んでいる。中でも注目を集めたのが、初回放送での「懐かしコラボ」実現だ。

■ ユニットLittle KissのMVでキスした石橋と工藤にある人が嫉妬!?


番組の第1回ゲストには工藤静香が登場。ミッツが自慢の工藤静香コレクションを披露したり、石橋と工藤が共演していた懐かしいバラエティ番組「夕やけニャンニャン」(同系)の映像が流れたりと、アラフォー、アラフィフにはたまらない内容となっていた。その中で工藤は「当時はとんねるずの二人が怖くてしようがなかった」ことを告白。さらに「あの時はやる気ゼロだった。ソロデビューもいつの間にか決まっていた」と明かして視聴者を驚かせた。

そんな石橋と工藤といえば、かつてバラエティ番組「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(日本テレビ系)の企画でLittle Kissというユニットを結成。「A.S.A.P.」(「As Soon As Possible」の略)という曲をリリースした過去もある。その際に作られたMVでのキスシーンを、ミッツは「衝撃でしたよ」と振り返ったが、撮影現場に来ていた石橋の娘がその様子を見てやきもちを焼いていたエピソードも語られる等、懐かしいコラボで昔話に花が咲いた。

■ 篠原涼子と小室哲哉が22年ぶりにコラボで話題に


こうした“懐かしコラボ”が最近はブームになっているのか? 女優の篠原涼子が主演を務める新作映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』の音楽を小室哲哉が手がけ、かつて歌手とプロデューサーであった二人が22年ぶりのタッグを組んだことが発表された。篠原と小室のコンビといえば、大ヒットシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」。今回のコラボについて篠原は、「この映画で、新しい小室サウンドが聴けると思います」と感慨深そうなコメントを残している。

■ 「今夜はブギー・バック」の小沢健二とスチャダラパーは度々コラボを再現


かつては、中山美穂とロックバンドWANDSによるコラボ曲「世界中の誰よりきっと」が大ヒットを飛ばしたり、小沢健二とスチャダラパーの「今夜はブギー・バック」が世代を超えたロングセラーになっていたりと、コラボから生まれるヒットも多かった。ちなみに、小沢健二とスチャダラパーは近年、共に精力的に活動を行っており、スチャダラパーが2010年と2015年に日比谷野音で行ったアニバーサリーライヴには小沢健二が登場。「今夜はブギー・バック」をコラボして、往年のファンだけでなく若いファンも喜ばせた。

“懐かしコラボ”はかつてリアルタイムで見ていた人たちにとっては思い出深く、当時を知らない若い人たちにとっては新鮮なものかもしれない。これからも時代を彩った懐かしコラボを再現してもらいたいものだ。

(文/ゆきかたとも)

関連記事