TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

乃木坂、AKB…紺野あさ美に続く「元アイドル」女子アナは誰だ!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

乃木坂、AKB…紺野あさ美に続く「元アイドル」女子アナは誰だ!?

今年2018年4月、元乃木坂46の市來玲奈が、日本テレビのアナウンサーとして入社した。乃木坂46の卒業生がキー局の正規アナウンサーとなるのは、初めてのこととなる。女子アナウンサーの中には、かつてモデルなどで活躍していた者も多いが、近年では市來のように元アイドルとして活躍していた者も増えているようだ。

■ アイドル出身女子アナの先駆けといえば…


アイドル出身女子アナの先駆け的な存在では、元テレビ東京の紺野あさ美や、元フジテレビの平井理央があげられるだろう。
紺野は、2001年から2006年までモーニング娘。に所属。高橋愛や新垣里沙らと共に、5期メンバーとして活躍していた。グループを卒業した後、慶應義塾大学へ進学し、2011年にテレビ東京へ入社した。局アナ時代には、「紺野、今から踊るってよ」(テレビ東京系)という冠番組を持ち、ゲストと共にダンスを披露。アイドル時代と変わらない、キレのあるダンスが話題を呼んだ。

一方平井は、1998年に子ども向けバラエティ番組「おはスタ」(同)に出演。番組のアシスタントをつとめる「おはガール」として活動していた。歴代おはガールには平井の他にも、後に女優として活躍する蒼井優や上戸彩、松岡茉優らがおり、平井もそんな“金の卵”の一人だったと言えるだろう。
現在紺野も平井も局を退社し、フリーで活動している。彼女たちの生き方は、今後のアイドル出身女子アナたちにとって、ローモデルとなっていくかもしれない。

■ 全国で活躍 AKBからアナウンサーになったアイドルたち


また今回の市來をはじめ、AKBグループの元メンバーたちも、卒業後にアナウンサーのキャリアを選ぶ者が増えている。
市來同様、元AKB48の小林茉里奈も、今春女子アナウンサーとしてキャリアの第1歩を踏み出した。小林は、日本テレビ系列にあたる福岡放送に入社し、4月2日に行われた入社式へ出席したことが報じられた。小林はAKB在籍中からアナウンサーを志望しており、卒業公演でも、「アナウンサーになって、私の姿を見てもらえるよう頑張ります」とスピーチ。今回入社が報じられ、ファンからは「夢が叶ってよかったね」という声が寄せられたようだ。

他にも昨年は、元AKB48の中村麻里子が、兵庫県の放送局であるサンテレビジョンに入社。契約アナウンサーとして、ニュース番組のキャスターや中継リポーターで活躍を見せている。
さらに元SKE48の柴田阿弥も、アイドル引退後に神田愛花や皆藤愛子らが所属するアナウンサー事務所 セント・フォースへ所属。フリーアナウンサーとして活動しており、競馬情報番組「ウイニング競馬」(テレビ東京系)でMCを担当している。


キャスターやレポーター、時にはバラエティ番組のアシスタントなどもこなす女子アナたち。アイドル時代の体当たり企画や、他のタレント達とのやりとりを活かし、将来は看板アナウンサーとして活躍することになるかもしれない。

(文/相場龍児)

関連記事