TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

瀬戸康史、指原莉乃、星野源まで!? 実は引きこもりだった芸能人たち

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

瀬戸康史、指原莉乃、星野源まで!? 実は引きこもりだった芸能人たち

1月スタートのドラマ「海月姫」(フジテレビ系)に出演する瀬戸康史。瀬戸演じる女装男子・鯉渕蔵之介のビジュアルが発表され、ネットでは「かわいすぎる!」と絶賛の声があがっている。そんな甘いルックスで人気を集める瀬戸だが、過去には引きこもりになってしまったことを告白している。そんな瀬戸のように、引きこもりを経験した人気芸能人は想像以上に多いようだ。

■多感な時期に引きこもりを経験した俳優たち


瀬戸が引きこもりをカミングアウトしたのは、2014年に放送されたドラマ「ライド ライド ライド」(NHK)の完成試写会。そこで瀬戸は、もともと社交的な性格であったものの、上京してからは引きこもりになってしまったと告白している。そして記者から現在の状況を聞かれると、「抜け出しているつもりです、一応」と答え、周囲を安心させていた。地元福岡から17歳で上京した瀬戸にとっては、激的な環境変化による影響も大きかったのかもしれない。

また、同じ俳優では、星野源も引きこもりの過去を持つ。星野は詳細を、2014年に出演した「情熱大陸」(TBS系)にて語っている。少年時代にいじめに遭い、パニック障害を発症していた星野は、高校生になってもその症状が続いていたようだ。そしてそのころには家からも出られなくなってしまったという。そんな星野が「命綱みたいなものだった」と言っているのが、クレイジーキャッツの名曲「だまって俺についてこい」だったとか。曲の一節である「そのうちなんとかなるだろう」という言葉を信じるしかなかったと星野は語る。現在ドラマや歌番組など、多方面で活躍する星野だが、こうした経験が現在の幅広い活動にも繋がっているのだろうか。

■引きこもっていた心境を振り返る芸能人も


またアイドル界で引きこもりの経験を告白しているのが、HKT48指原莉乃だ。指原は過去出演した「ワイドナショー」(フジテレビ系)にて、いじめを受けて自宅に引きこもっていた過去を明かしている。当時を「引きこもりの期間が長くなるにつれて、学校へ行くタイミングがわからなくなった」と振り返った。そして番組で取りあげていた「大人の引きこもり」についても、共感できるとコメント。

さらにコラムニストのマツコ・デラックスも、引きこもりをしていたころの心境を語っている。2015年放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)では、雑誌の編集者として働いた後、辞めてしばらく引きこもっていたと明かしている。朝方か夕方なのかわからないまま「もういいや」といった気持ちで、ずっと布団の上で寝ていたようだ。そして当時を「すごい泣きたくなる気持ち半分と、世の中から断絶されてる感じ」と振り返り、なかなか抜け出すことができなかったという。実際に引きこもりで悩む人にとっては、指原やマツコのような気持ちに共感する部分もあるのだろうか。

引きこもりを経験し、各ジャンルで活躍する芸能人たち。人気につながる鋭い感覚は、この経験があってこそ研ぎ澄まされているのかもしれない。

(文/相場龍児)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP