コラム

元AKB・板野友美は、EXILEの元○○、今は野口五郎が○○!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

須藤凛々花の結婚宣言、指原莉乃の3連覇、渡辺麻友の卒業発表と、さまざまな話題を提供した「第9回AKB48選抜総選挙」に続き、恒例イベント「じゃんけん大会」の開催が2017年9月24日に行われた。AKB48。今回は1対1の勝負ではなく、ユニット対抗戦ということで、例年以上にファンの間では盛り上がりを見せている。そんな中、AKB48在籍中は「神7」と称され、選抜総選挙の上位常連だった板野友美が、7年ぶりとなる3rd写真集『release』(講談社)を2017年8月25日に発売した。


■AKB時代は女性ファッション誌の専属モデルやソロ歌手として多方面で活躍


最近はテレビで見かけることの少なくなった板野だが、AKB48時代は女性ファッション誌の専属モデルとしても活躍。さらに歌手としてソロデビューを果たすと、シングルをリリースする度にヒットを記録した。2012年の「2012年タレントCM起用社数ランキング」では、同じグループの篠田麻里子と並んで、女性部門最多となる20社のCMに起用されたほどだ。

2013年8月27日にAKB48を卒業すると、ソロ歌手活動を継続する傍ら、自身初の冠番組『板野パイセンっ!!〜今ドキ女子バックアップバラエティ』(TBS系)を持ったり、ラジオ番組『板野友美のうた女(じょ)〜Girl's Music Channel〜』(TOKYO FM)でパーソナリティーを務めたり、2016年公開の『のぞきめ』で映画初主演を飾ったりと多方面で活躍した。

■大物歌手も認めるセクシーな歌声の原点は、キッズダンサーとしての経験!?


今年2017年2月5日に行われた野口五郎の「デビュー45年祭コンサート」にゲスト出演した際には、野口五郎とともに「東京ナイト・クラブ」を歌い、35歳差デュエットを披露。そもそもこのコラボレーションは、全曲デュエットソングとなる野口のアルバム『風輪 Fu-Rin』を制作する際に、板野のセクシーな歌声にほれこんだ野口が、自ら板野のマネージャーにオファーして実現したもの。野口は2017年7月22日放送の『有吉反省会』(日本テレビ系)でも、「板野友美が好きすぎることを反省します」として登場。その禊(みそぎ)として、「板野友美のイベントにファンとして紛れる」も、オタクっぽい変装をしてイベントに潜入したこともあって、板野に気付かれずにスルーされる様子が放送された。

このように実力派のベテラン歌手にも歌声が評価されている板野だが、そもそもAKB48に加入する前はダンスに力を入れていた。小学1年生からダンススクールに通い、2003年にはEXILEのバックダンサーとして、『Choo Choo TRAIN』で「第54回NHK紅白歌合戦」に出場。AKB48が初めて紅白歌合戦に出場したのが2007年なので、その4年前に大舞台に立っていたようだ。


2017年4月19日放送の『タビフク。』(TBS系)では、同じAKB48出身の永尾まりやとともにバリ島とシンガポールを訪れ、さまざまなファッションに身を包み、ネットには「相変わらずかわいい」「抜群のプロポーションだ」という声が多数寄せられた。前述の写真集でも、惜しげもなく水着姿を披露しているとあって、多数の媒体で取り上げられている。キッズダンサー、AKB48など、これまでの経験を活かしながら、アイドル時代とは違った大人の魅力で、板野のさらなる飛躍を期待したいところだ。

(文/猪口貴裕)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP