テレビ関連ニュース

「ギリギリ」で生きてきたKAT-TUN……。個々の活躍で「リアル」復活!?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

2006年、6人組としてメジャーデビューしたジャニーズの人気アイドルグループ、KAT-TUN。デビュー曲「Real Face」をはじめ、数々のヒット曲を生み出してきた彼らは、3度のメンバー脱退を経験。昨年5月のコンサートを最後に「充電期間」に入り、グループでの活動を休止している。

現在のメンバーは、亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人。KAT-TUNとしての活動は休止中であるものの、今、メンバー個々の活動が活発化していることをご存じだろうか?

■演技に磨きをかける上田、大チャンス到来の中丸


上田といえば、特技がボクシングであることや、『炎の体育会TV』(TBS系)への出演など、肉体派として活躍しているイメージが強いが、冬ドラマ『視覚探偵 日暮旅人』(日本テレビ系)では、“アホかわいい”チンピラ・鶴田亀吉を好演。同ドラマでは、ウェディングドレス姿や、さらには後輩ジャニーズとのキスシーンにも挑戦するなど、視聴者を沸かせている様子だ。また、今年4月からはコメディ舞台『新世界ロマンスオーケストラ』で主演を務めることが決定しており、「俳優」としての成長にも磨きがかかりそうだ。

一方で中丸は、4月から始まる深夜ドラマ『マッサージ探偵ジョー』(テレビ東京系)での主演に加え、同じく4月から放送予定のバラエティ番組『世界ルーツ探検隊』(テレビ朝日系)にて、初となるゴールデン番組MCに挑戦することが発表された。デビュー当時からワイルド系として活躍してきたKAT-TUNの中にいながら、“マイルド”系を貫く中丸にとって、2017年は大チャンスの年になりそうだ。

■絶対的エース・亀梨は、話題の映画で警察官役に!


デビュー時からの人気メンバーといえば亀梨。3月公開の映画『PとJK』では、女子高生と恋に落ちる警察官役としての主演、また、春の新ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)での主演も決定している。同ドラマは、2005年に亀梨が出演し大ヒットしたドラマ『野ブタをプロデュース。』(日本テレビ系)にて、「修二と彰」として大人気を集めた山下智久との再共演に期待が集まっているようだ。亀梨が現在もグループのエースとして、安定の存在感を放っている模様がうかがえる。


一部のファンの間では、『ボク、運命の人です。』の主題歌担当として、「KAT-TUNが復活するのでは?」とのウワサも浮上していたが、同ドラマ主題歌は亀梨と山下の新ユニットが担当することが決まった。グループ復活を待ち望むファンの中には、がっかりした人も少なくないだろうが、それでも今、彼らの活動が活発化していることは喜ぶべき事実だろう。

数々のハプニングの中、“ギリギリ”を生き抜いてきたKAT-TUNには、今こそ個々の魅力を高め、充電期間をブチ破って“リアル”な復活を手に入れてほしいものである。

(文/尾崎梨衣)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
人気記事ランキング

TOP