TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

タレント

ギャップがいい!? かつてのNo.1ホスト城咲仁が料理男子として活躍しているワケ

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

ギャップがいい!? かつてのNo.1ホスト城咲仁が料理男子として活躍しているワケ

2005年にタレントに転身してから、一時期バラエティやドラマなど、テレビ番組に引っ張りだこだった元No.1ホスト・ 城咲仁 。現在は、以前のようにテレビで見かけることはなくなったが、実はさまざまな資格を取得し、「フードアドバイザー」として活躍していることをご存じだろうか?

◼︎元No.1ホストの意外な一面


城咲は現在、テレビショッピングを放送する専門チャンネルQVCにて、『城咲仁のお手軽クッキング』という冠コーナーを持っている。城咲がホストではなく“料理愛好家”として、イチオシのフードを使ったレシピを披露しているのは、なんとも新鮮な“ギャップ”だ。

城咲は努力家である性格を活かし、フードアドバイザーのほかに、「薬膳インストラクター」「雑穀マイスター」など、食に関するさまざまな資格を取得している。コツコツ真面目に資格の勉強をするだなんて、城咲のイメージからは想像し難いが、新宿歌舞伎町No.1ホストになるには、努力が必要不可欠、ということを裏付けているようにも感じるエピソードだ。

また、城咲はレシピ本も出版するなど、現在は主に食に関するタレントとして活動しながら、舞台や映画、サスペンスドラマに出演するなど、俳優としても活躍中だ。

◼︎元No.1ホスト、月9にバラエティに大忙し!


もともと歌舞伎町のNo.1ホストであった城咲。ホスト当時の最高年収は、なんと1億円を超えていたそうだ。そんな城咲は2005年に芸能界入りし、一時期はテレビで見ない日はなかったほどの活躍を果たしている。その物腰柔らかな言動は、世間が持つ「ホスト」のイメージを変えたのではないだろうか。

主にバラエティ番組に引っ張りだこだった城咲だが、2005年には当時大人気だった森山未來、伊東美咲主演のフジテレビ系・月9ドラマ『危険なアネキ』にレギュラー出演し、活動の幅を広げていった。

◼︎そのモテぶりは、今も健在!


最近の城咲は、食に関する仕事を多くこなす一方で、モテ術をレクチャーする本やDVDの出版も行なっており、元No.1ホストとしての経験は現在も活かされているようだ。また、2015年に放送されたバラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)では、現役ホストと対決する一幕もあった。そこで城咲は女性客をトリコにし、見事圧勝。元No.1の実力を見せつけた。


以前よりテレビで見かけることが少なくなった城咲だが、現在はフードアドバイザーとして活躍しながら、俳優としての仕事も着実にこなしている。月曜名作劇場の小泉孝太郎主演・TBS月曜名作劇場『魔性の群像 刑事 森崎慎平4』に出演や舞台などでも活躍している。今後も俳優や“料理男子”として活躍する城咲に要注目だ。

(文/尾崎梨衣)

関連記事