大河ドラマ

『直虎』の裏に、歴史のシゴトあり。大河ドラマの見どころ「時代考証」とは?

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

毎週日曜の夜、歴史ファンのみならず多くの視聴者を楽しませてくれるNHK大河ドラマ。現在は『おんな城主 直虎』が放送中だが、放送前には「主人公の直虎は、実は男性だったのでは?」との声が挙がるなど、違った意味で注目を集めた。

◼︎井伊直虎は、実は男だった!?


同作で女優の柴咲コウが演じている主人公の井伊直虎は、戦国時代に遠江井伊谷(現在の静岡県浜松市北区にあたる)の領主だった人物だが、直虎に関する史料はこれまでに数点しか発見されておらず、謎に包まれた人物として知られていた。これまでに性別は女性とされてきたが、放送直前になり、井伊家の末裔であり井伊美術館の館長を務める井伊達夫氏が「直虎は女性ではなく男性だった可能性を示す史料が発見された」と発表した。

直虎が女性なのか男性なのか、歴史研究者の間でも結論はまだ出ていないが、大河ドラマを作る上で難しいのは、この史実との照らし合わせなのだという。ドラマの内容と歴史事実に矛盾が出てしまえば、セリフやストーリーに影響を与えるため、大河ドラマを作る際にはプロの歴史学者や研究者が「時代考証」の担当に就く。彼らはドラマのシナリオを読み、歴史上の出来事や実在の人物像などと相違がないかチェックしているのだ。

◼︎「現代語風」の言葉が逆にハマったパターンも?


時代考証の担当者のチェックは大河ドラマを作る上で欠かせないものだ。史実と少しでも違いが出てしまえば、ドラマのリアリティが弱まり、視聴者は疑問を感じてしまうだけでなく、歴史が本来と異なる形で伝わってしまうことにもなる。

しかし、大河ドラマはあくまで「ドラマ」であることを踏まえると、完璧に事実通りでなくてはいけない、というわけではないはずだ。たとえば、『真田丸』では 長澤まさみ演じる真田家の重臣・高梨内記の娘である“きり”が、現代語風の言葉を使っていることが話題になった。はじめは「違和感がある」との声が挙がったが、徐々に「天真爛漫でおてんばなきりを表現するためには、現代の若者のような言葉がぴったり」といった前向きな見方もされるようになった。真田丸が普段大河ドラマを見ないような若い層にも人気が出たのは、こうした要素もあったからなのかもしれない。


日曜夜の娯楽の定番となった大河ドラマ。華やかな役者陣が演技で楽しませる一方で、時代考証の担当者は、歴史ドラマの魅力を影から支えている。「縁の下の力持ち」といえそうな時代考証のシゴトを想像しながら見てみると、大河ドラマをより楽しめるのではないだろうか。

(文/河村綾香)

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP