コラム

【仮面ライダージオウ】第14話あらすじ 世界の破壊者・門矢士が大暴れ!? 重要な役割を与えられた「仮面ライダーディケイド」【スーパーヒーロータイム】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【仮面ライダージオウ】第14話あらすじ 世界の破壊者・門矢士が大暴れ!? 重要な役割を与えられた「仮面ライダーディケイド」【スーパーヒーロータイム】

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

12月9日に「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第14話が放送された。第13話では預言者・ウォズ(渡邊圭祐)がタイムジャッカー側につき、「仮面ライダーディケイド」の主人公・門矢士(井上正大)にゲイツ(押田岳)とソウゴ(奥野壮)の妨害を依頼。ソウゴは“アナザーゴースト”と門矢に敗れ、肉体と魂が分離した状態になってしまう。

ゲイツをボコボコにする門矢士

ソウゴの魂は「仮面ライダーゴースト」の主人公・タケル(西銘駿)にしか見えない状態で、ゲイツやツクヨミ(大幡しえり)は肉体と魂が分離したことを知らない。第14話では意識不明のソウゴを助けるため、ゲイツが2015年に時間遡行。アナザーゴーストに戦いを挑んだ。

しかし「仮面ライダー龍騎」の姿になった門矢が割って入り、「お前とやるのはこいつの方がよさそうだ」と「仮面ライダーゴースト」に変身。歴代仮面ライダーの力を持つ門矢にゲイツは歯が立たず、あっさり変身解除まで追い込まれてしまう。

その結果“ゴーストライドウォッチ”を奪われるが、門矢は何故か「代わりにこいつをやるよ」と“ディケイドライドウォッチ”をプレゼント。そのままアナザーゴーストと共に去っていった。

ソウゴの変身がより複雑に?

一方で魂となったソウゴは、タケルと共に2015年へ。アナザーゴーストの正体はマキムラ(堀池直毅)という人物なのだが、彼は妹のミカ(尾碕真花)を事故から庇って命を落とした時に力を手に入れている。そこでソウゴとタケルは事故を未然に防ぎ、アナザーゴーストを発生させないようにした。

ミカを助けて2018年のソウゴが一時的に意識を取り戻したものの、タイムジャッカーのウール(板垣李光人)が2015年で無理やり生きているマキムラをアナザーゴーストに変えてしまう。

そのため再びソウゴの体と魂が分離したのだが、2018年の世界に帰還したタケルはソウゴの魂を謎のアイテムで可視化。その後ゲイツとツクヨミにこれまでの事情を話した。

そしてタケルはゴーストライドウォッチをソウゴに託し、「ミカちゃんのお兄さんは死んでいない」と説明。これまでは“アナザーゴーストを倒すとマキムラが死んでしまう”という事実が気がかりだったが、ウールが焦って生きたままのマキムラをアナザーゴーストに変えたため光明が見えてきた。

再び2015年にやってきたソウゴとゲイツはアナザーゴーストと再戦。ゲイツは戦いのさ中、門矢から貰った“ディケイドライドウォッチ”をソウゴに渡す。

ジオウはさっそくこれを使って、“ディケイドアーマー”にチェンジ。“ディケイドライドウォッチ”は他のライドウォッチを装填できる特別製のようで、ソウゴは“ディケイドアーマービルドフォーム”や“ディケイドアーマーゴーストフォーム”へと次々に変身していく。

最後はディケイドアーマーゴーストフォームの必殺技でアナザーゴーストを撃破。マキムラも無事で、今回の騒動は一件落着となった。

かと思いきや、元に戻ったソウゴが「お腹が減った」と食卓に向かうと、そこには我が物顔で食事をする門矢が。最後に彼は「お前、王様になりたいんだってな。だが無理だ、この世界は俺に破壊されてしまうからな」とソウゴに告げていたが、いったいどのような意味なのだろうか…。

歴代ライダーの中でも“ディケイド”は特殊?

平成ライダー10周年記念作品「仮面ライダーディケイド」は特殊な位置づけの物語で、門矢が歴代ライダーの世界を旅していくロードムービーのような作風だった。

門矢の目的は、自分の元居た世界を侵食する“別の世界”を破壊すること。「仮面ライダージオウ」でも特別な役割を与えられているようで、第14話ではウォズが「門矢士の登場によって、大いなる歴史の流れがはじまる」と語っている。

また、門矢は第15話を紹介する次回予告にも登場。そんなディケイドに視聴者からは「ジオウの世界でめっちゃ大暴れしてるじゃん!」「門矢さんはライドウォッチを渡したのに変身できるの?」「まさかディケイドがキーマンになるとは… おのれディケイド!」といった声が上がっていた。

今後彼がどのように物語をかき回していくのか、楽しみにしていよう。

関連記事