コラム

【獣になれない私たち】第6話あらすじ 呉羽に衝撃の過去! 複雑な胸中を抱えた恒星に晶が驚きのアドバイス【水10ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【獣になれない私たち】第6話あらすじ 呉羽に衝撃の過去! 複雑な胸中を抱えた恒星に晶が驚きのアドバイス【水10ドラマ】

11月14日に、「獣になれない私たち」(日本テレビ系、水曜午後10時)第6話が放送。同作は「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)の脚本家・野木亜紀子が手掛けた作品で、現代に生きる人々の“リアルな姿”を徹底的に描いていく。前話では晶(新垣結衣)が恒星(松田龍平)とキスする場面を京谷(田中圭)と呉羽(菊地凛子)が目撃。今回は呉羽に“偽装結婚”疑惑が持ち上がり、真偽を確かめるべく恒星が調査することに。

呉羽の偽装結婚を疑う晶と恒星

晶と恒星のキスシーンを目撃してしまい、その場から立ち去る京谷。いっぽう呉羽はなぜか大笑いをはじめ、そのまま「5tap」でビールを酌み交わすことに。気まずさを覚える晶と恒星だったが呉羽は上機嫌で、2人を夫・橘カイジのパーティーに誘う。晶と予定があると恒星はウソをついて店に残り、晶も京谷と顔を合わさないために恒星を利用したことを謝罪するのだった。

後日、パーティーに参加した知人の三郎(一ノ瀬ワタル)に探りを入れる恒星。カイジの人物像について掴みどころのない返答に終わるが、三郎によると“カイジと呉羽は偽装結婚”と噂されているらしい。呉羽のショップに出向いた恒星がスタッフに聞き取りを行うと、彼女が前事務所から訴えられていたことが発覚する。

京谷が出ていき自宅で一人きりになった朱里(黒木華)は、京谷が以前名前を口にした5tapを初めて訪問。恒星と店長の斎藤(松尾貴史)の会話に割り込み、カイジが手がけたゲームの話しで盛り上がっていた。そこに晶が来店したため、朱里は顔を合わさないよう慌ててその場から逃げ出してしまう。

呉羽に衝撃的な過去

呉羽の結婚について、裁判の回避が目的だったのではと疑いはじめた晶と恒星。呉羽の前事務所とつながりを持つカイジは強い影響力を持っているため、呉羽は“不本意”ながらカイジと結婚したと2人は結論づける。実際に効果てきめんだったようで、結婚を機に前事務所は訴えを取り下げていた。

共同の仕事を控えて懇親会で顔を合わせた晶と京谷だが、同僚間で男女関係をめぐる口論が始まったため空気は最悪な状態に。店外で2人きりになった晶と京谷もそれぞれの浮気について喧嘩口調になり、京谷は怒りに任せて「いまの晶、可愛くない」と言い放った。咄嗟の行動とはいえ恒星との関係を非難された晶は納得がいかず、京谷の浮気相手・呉羽のショップへと向かう。

呉羽と顔を合わせるなり一気に不満を爆発させ、ひとり混乱して涙を流した晶。そんな彼女に呉羽は数カ月前子宮を全摘出した事実や、それを恒星には明かせなかったことを告白する。晶の「橘カイジには伝えられたのか」という問いに頷く呉羽。そんな2人の会話をたまたま聞いていた恒星は何も告げずに出ていき、呉羽に頼まれた晶があとを追った。

苛立ちを隠さない恒星に、「何も話してなくてごめん。でも好きだったよって」と呉羽の言葉を伝える晶。恒星の気持ちを見抜いていた晶は、カイジが“大したことのない男”であれば「呉羽さんを奪う。獣のように」とけしかける。

カイジに“負けた”恒星の気持ち

今回のエピソードでは呉羽が子宮を失っていたという衝撃的な過去が発覚し、視聴者を驚かせた。カイジには伝えられて恒星には話せなかったという事実は、呉羽に好意を抱いていた恒星にとってショックだったはず。結果的に呉羽はカイジを選び、しかも恒星はそれを“偽装”と考えていたのだから余計に腹が立ったのだろう。

晶からハッパをかけられた恒星は、実際にカイジから呉羽を奪うことになるのか。ネット上にも「晶と恒星がくっつくと思ってたけど一筋縄じゃいかなくなってきた」「恒星から呉羽へのフラグが立ってますます展開が読めない」などの声が続出した。

第7話では、恒星が札束を所持していたことに晶が戸惑いを隠せなくなる。恒星と晶の関係がどのように変化していくのか注目しよう!

関連記事