コラム

【リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~】第1話あらすじ 異色の“グレーヒロイン”が痴漢冤罪を晴らす! 軽快テンポで視聴者も大興奮【木9ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~】第1話あらすじ 異色の“グレーヒロイン”が痴漢冤罪を晴らす! 軽快テンポで視聴者も大興奮【木9ドラマ】

(C)テレビ朝日

10月11日に「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」(テレビ朝日系、木曜午後9時)の第1話が放送された。同作は小鳥遊翔子を演じる米倉涼子を筆頭に、向井理、林遣都、高橋英樹ら実力派キャストが集結した次世代リーガルドラマ。弁護士資格を剥奪されたスキャンダラスな主人公・翔子が、超エリート弁護士らを相手に“勝利を賭けた無謀な戦い”に挑んでいく。

型破りでかつてない“グレーなヒロイン”登場!

第1話は、喪服に身を包んだ翔子が葬儀場に登場する場面からスタート。葬儀に参列していた大手弁護士事務所「Felix&Temma法律事務所」の海崎勇人(向井)と白鳥美奈子(菜々緒)は、翔子の存在に気がつくと驚いた表情を見せる。

ペーパー弁護士の大学教授・京極雅彦(高橋)は、翔子とコンタクトを取ろうにも返答が一切なく困惑。「Felix&Temma法律事務所」に彼女を訪ねるも、1年前に退所していたことを知らされる。いっぽう翔子は、人知れず葬儀の場に現れては金になりそうな故人の事案を収集。その矢先、遺族から責められ思いつめた表情で断崖に佇む若手弁護士・青島圭太(林)に接触し、「勝つまで戦うの」と彼の腕を掴む。

以前、翔子から「法律事務所を始めませんか」と持ちかけられていた京極。大学の退官日を迎えるもやはり連絡がつかず、彼女の素性を調べた元検事の弁護士・大鷹高志(勝村政信)からは「騙されたんですよ」と指摘されてしまう。翔子が開設した事務所ビルに大鷹と向かうと、そこには「京極法律事務所」の名が。翔子は悪びれる様子もなく「ここがあなたの法律事務所です」と告げる。

翔子からスカウトを受けた青島と前科持ちの伊藤理恵(安達祐実)、馬場雄一(荒川良々)も事務所に合流。そんな中、電車内の痴漢騒動で容疑をかけられた会社員・安田勉(児嶋一哉)の弁護を引き受けることになる。一貫して容疑を否認していたものの安田は送検されてしまい、圧倒的に被害者が有利な状況。翔子も「儲けも少ないし、売れない弁護士がやるクズ案件」と斬り捨ててしまう。

翔子の“鉄道好き”が功を奏す?

接見を通し安田が一流企業「君島化学」の社員で、見込み利益300億円のバイオ技術の特許出願に絡んでいると知った翔子。途端に目を輝かせ、青島たちにテキパキと事件の情報収集を指示していく。その一方で事件の影響を考慮した君島化学上層部は、「Felix&Temma法律事務所」に弁護を依頼。海崎は安田に、裁判で戦うつもりなら進退を決めてからにするよう迫る。

数々の状況証拠を集めた翔子は弁護士資格を持っていないものの、公判では“鉄道の専門家”として証人台に。鉄道雑誌での掲載歴や検定認定書が役立ち信頼を勝ち取ると、被害女性がとった事件当時の不自然な行動や証言の矛盾点を次々と指摘していく。追い詰められた女性は涙を流しながら「ごめんなさい…」と繰り返し、安田は無罪を勝ち取る。

事件の裏には安田の才能に嫉妬した同僚の存在があり、女性に痴漢被害のでっち上げを依頼していたことが判明。これをネタに京極が君島化学に乗り込み、損害賠償請求と特許をめぐる告発会見を予告。同席していた海崎も、周到に考えられた京極側の計画に君島化学の敗北を認めざるを得なかった。

米倉涼子が求めた“新しい挑戦”に視聴者の反応は?

「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)シリーズで高視聴率を叩き出してきた米倉。新しい挑戦を求め自ら懇願した新ドラマとあって、放送前から話題を呼ぶことに。傍若無人な翔子と軽快なテンポで進むドラマに、視聴者からは「ドクターXに続いてめっちゃ面白い!」「翔子さんのキャラもいいしスカッとできる内容でこのまま追いかけたい」「米倉さんの相変わらずの美貌と演技でずっと見てられる」と称賛が続出。翔子の過去については謎の部分が多く、今後の展開に期待する声も相次いでいる。

第2話では、京極法律事務所に世界的企業「太陽製紙」の元取締役・永島美鈴(斉藤由貴)から弁護の依頼が。3人の部下からパワーハラスメントを受けたと告発され、不当解任の憂き目に遭ったという。永島の依頼に、果たして翔子はどのように答えるのか、次回も目が離せない。

関連記事