コラム

【仮面ライダージオウ】第5話あらすじ アナザーライダーの中からアナザーライダーが出現!? 「仮面ライダー555」半田健人の登場に歓喜の声!【スーパーヒーロータイム】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【仮面ライダージオウ】第5話あらすじ アナザーライダーの中からアナザーライダーが出現!? 「仮面ライダー555」半田健人の登場に歓喜の声!【スーパーヒーロータイム】

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

9月30日に「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の第5話が放送された。第4話ではアナザーエグゼイドを倒し、「仮面ライダーエグゼイド」の力を手に入れた主人公のソウゴ(奥野壮)。着々と“魔王”への道を歩んでいるようだが、今回はどんな“アナザーライダー”が登場するのだろうか。

『仮面ライダーフォーゼ』のアナザーライダーが登場

第5話では、てんびん座生まれで18歳の女子高生だけが失踪する事件が発生。ソウゴとゲイツ(押田岳)、ツクヨミ(大幡しえり)は、アナザーライダーの仕業だと推測し調査を開始する。

3人は、すでにとある女子高生が失踪している天ノ川学園に潜入。てんびん座生まれで18歳の生徒を見つけて監視し、アナザーライダーを見つける作戦をとった。するとゲイツとツクヨミが、カリン(杉本愛里)という該当する生徒を発見。一方で別行動をしていたソウゴは、カリンが屋上から何者かに突き落とされる場面を目撃する。

ゲイツやツクヨミと合流したソウゴがカリンのもとに駆けつけると、何故か彼女は無事でそばには“アナザーフォーゼ”の姿が。ソウゴとゲイツが仮面ライダーに変身して戦うも、アナザーフォーゼは姿を消しカリンもその場から逃げ出してしまう。

ソウゴとゲイツがカリンの後を追うも、建物の陰から飛び出してきた“仮面ライダー部”の部員と衝突。「本物の仮面ライダーだ!」とテンション高めな彼らの勢いに負けて、部室へ連れていかれる。仮面ライダー部とは、都市伝説として伝わっている“仮面ライダー”を追う部活のこと。ソウゴは“仮面ライダー部”の元顧問・大杉先生(田中卓志)から、とある教師に託された「仮面ライダーフォーゼ」の力を宿す“ライドウォッチ”を受け取った。

アナザーライダーの中からアナザーライダー!?

ソウゴとゲイツは一番最初に事件が発生したとみられる2011年に時間遡行。アナザーフォーゼになっていたのは佐久間(水石亜飛夢)という男性で、タイムジャッカーのスウォルツ(兼崎健太郎)から力をもらっていた。

2011年のソウゴとゲイツはアナザーフォーゼとバトル。ソウゴは“フォーゼウォッチ”で“ジオウフォーゼアーマー”に変身し、必殺技でアナザーフォーゼを倒す。しかし倒したはずのアナザーフォーゼが立ち上がり、表面の外装がはがれると中から別のアナザーライダーが。肩には「FAIZ」と書かれていたが、いったい何者なのだろうか。

一方で2018年に残ったツクヨミはカリンに接近。彼女を守るために「私たちのところへ来ない?」と声をかけると、謎の男(村上幸平)が現れ「邪魔しないでもらえるかな」とツクヨミに襲い掛かろうとした。すると横から「仮面ライダー555」の主人公・巧(半田健人)が登場し、謎の男を羽交い絞めに。ちなみに謎の男も「仮面ライダー555」で登場した仮面ライダーカイザ・草加雅人なのだが、ラストは巧が雅人に「久しぶりだな、草加」と睨みをきかせて終了した。

『仮面ライダー555』巧と雅人の登場に歓喜の声

毎回レジェンドライダーは中盤あたりに出てくるが、今回は終盤に満を持して巧&雅人が登場。これに視聴者からは「半田健人やっぱかっけえええええ!」「めっちゃ焦らされたからラストで思わず叫んだ」「はやくファイズに変身してくれ」といった声が上がっている。ちなみに2人が出演していた「仮面ライダー555」は2003年から2004年の作品で、映画化やゲーム化もされた人気作。“オルフェノク”という怪人との闘いを中心に、ライダー同士の衝突など複雑な人間模様なども描いていた。

そんな「仮面ライダー555」の巧と雅人は、どのように『仮面ライダージオウ』の物語に絡んでくるのか。次回の第6話ではソウゴと巧が協力して事件を調査するそうなので、新旧ライダーの共演に期待したい。

関連記事