TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

【この世界の片隅に】第8話あらすじ “終戦”に対するすずの怒りの叫び! 多くの犠牲者を出した戦争は一体何を生み出したのか?【日9ドラマ】

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

【この世界の片隅に】第8話あらすじ “終戦”に対するすずの怒りの叫び! 多くの犠牲者を出した戦争は一体何を生み出したのか?【日9ドラマ】

9月9日に「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の第8話が放送された。第7話では、ついに広島に原爆が投下される。広島の江波に住む家族を心配した主人公・すず(松本穂香)は、広島に連れていってほしいと懇願するがあえなく断念。呉の町に置いていかれたすずは、空を飛ぶ飛行機を見上げて「うちは負けんよ」と誓いを立てる―。

終戦に対するすずの怒りの叫び

ある日、呉の町に紙切れが降り注ぐ。紙切れには“降参しろ”という敵国からの警告文が記載されており、通達を見たすずは「冗談じゃない、何が降参じゃ!」「馬鹿にしくさって!」と怒りを露わにした。

その夜、すずと教練から戻った夫の周作(松坂桃李)は久しぶりに口を交わす。先日の空襲で“広島に帰りたい”と駄々をこねるすずに、やるせない想いを抱いていた周作。しかし帰郷はしないというすずの言葉にホッと安堵し、ふたりは久々に笑顔を見せ合う。

それから数日後の8月15日。正午から重大発表がされると通達があり、近隣住民が北條家のもとへと集まった。ラジオで流れたのは“終戦宣言”。日本は戦争に負け、終戦を余儀なくされたのだ。

今まで敗北の経験がなかった住民は戸惑うばかり。そんな中すずだけは「最後の一人まで戦うのじゃなかったんかね!」「戦えるじゃろ、まだ。今だってここにこんだけおるのに」「まだ生きているのに、まだ左手も両足も残ってるのに!」と悲しみと怒りを爆発させる。

兄や晴美、その他多くの人が犠牲となった戦争。ここで戦争を止めてしまったら何のためにみんなは犠牲になったのかと、すずは喪失感を募らせていく。いっぽうで実の娘を失った径子も、晴美の遺骨を前に「もっとはよ終わっていれば…」と悲痛な叫びを上げていた。

喜びと悲しみが交錯する呉の人々

悲しい出来事が続く中で、すずに吉報が舞い込む。大雨の中届けられた郵便物には、すずの妹・すみ(久保田紗友)から無事を知らせる内容が記されていた。雨に濡れて全部の文字は読めなかったものの、少なくともすみは草津にいると知りすずは胸を撫で下ろす。

雨も止み、晴天に恵まれたある日。北條家の隣りに住む刈谷タキ(木野花)が、近所の住民を刈谷家に集めた。彼女の口から語られたのは、広島の原爆によって息子が亡くなったという衝撃的な内容。彼は被爆で全身が焼け爛れた状態のまま、広島から呉まで歩き息絶えていた。タキは遺体が運ばれていくのを目の前にしながらも、息子と気づかなかったとのこと。

母親なのに気づいてあげられなかったと涙するタキを見て、周作の同僚・成瀬(篠原篤)が口を開く。成瀬はタキの娘・幸子(伊藤沙莉)と祝言をあげる予定だった男。そんな彼が放った言葉は、「わしがこちら(刈谷)に来ます。息子になりますけ」「幸子さんも出て行かんで済みますけ」と息子を失ったタキを気遣うものだった。

終戦が宣告されてからまもなく、町では敗戦を認めない者たちが騒ぎを起こすように。そこで周作は、事態を収束させるために駆り出されることになった。すずが周作の見送りに行く途中、彼からリン(二階堂ふみ)の自宅の場所を教えてもらう。

実は以前からすずはリンの消息を心配しており、周作に様子を見てきてほしいとお願いしていたのだ。早速リンの自宅を訪れたすずだったが、そこには無残な瓦礫の山が。リンの死を悟ったすずは、彼女と過ごした僅かな思い出を振り返りながら悲しみを噛みしめていた。

現代人と戦時中の人々の“終戦”に対する捉え方

終戦を通して様々な悲しみが描かれた同話だったが、中でも視聴者が注目したのは“まだ戦える!”と怒りに満ちたすずの叫び。ネット上では「負けてもいいよ。生きてればって思うのはおかしいのかな?」「あんな恐ろしいものが終わって良かったって感想だけど、当時を生きていた人の感覚はそうじゃないんだね」など、終戦に対する捉え方のギャップに驚く人が続出している。終戦を迎えればこれ以上犠牲者はなくなるだろうが、今まで失ってきたものがあまりにも多すぎるのも事実。“止めるくらいならなぜ戦争なんて始めたのか”という想いが、すずの怒りとなって表れたのではないだろうか。

第9話は、いよいよ最終回。騒動の鎮圧に出かけた周作が未だ帰ってこない中、すずは意を決して広島へと向かう。一体どのような結末が彼女を待ち構えているのか、最後まで見逃せない。

関連記事