TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

現場と場数と出会いが人を育てる!~『セブンルール』獣医・毛塚千穂~

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

現場と場数と出会いが人を育てる!~『セブンルール』獣医・毛塚千穂~

朝から夜まで忙しく駆け回る獣医師がいる。
休日返上ということも当たり前だ。時には本拠地を離れ、遠くの動物たちの症例に立ち会うこともある。
1人で約600種類1万3千匹の健康を預かる須磨海浜水族園の獣医・毛塚千穂(31歳)。大学を卒業して7年、獣医として走り続けてきた。
「そのルールこそが人生を映し出す」をコンセプトにした関西テレビ『セブンルール』。今回の主人公は、多数の動物を相手に奮闘する女性獣医師の活動に迫る。

■夢を実現する舞台

「スマスイ」の愛称で親しまれてきた神戸市立須磨海浜水族園。
60年ほど前に開園し、30年前に現在の施設になったが、後に多く誕生する大型水族館の第一号だった。その当時に記録した年間入場者数240万人は、当時の日本記録である。

毛塚は子供の頃から動物が好きで、動物園か水族館で働くのが夢だった。ところが飼育員の競争率は非常に高く、何かプラスαの実力を持とうと大阪府立大の獣医学科で学んだ。
卒業と同時に「スマスイ」に就職できたが、たった1人で約600種類1万3千匹の健康を守る重責をいきなり担わされた。
ここから彼女の走り続ける生活が始まったが、新米2年目の奮闘ぶりは当時の番組が記録に収めていた。

■新人の頃の1日

彼女の一日は朝8時からスタート。
まずはイルカプールを掃除しながらイルカの様子を観察。午前9時30分には朝礼が始まり、その後に餌の準備をしてイルカに与える。
2ヶ月に1度は採血をし、健康状態をチェックすることも忘れてはいけない。

次はアシカの検診。口の中が清潔かどうかチェックする。そしてアザラシの体重測定。このように一日中動物たちの健康管理を行なっている。
そんな中、緊急コールが鳴った。食欲が無いシマヘビだ。原因を探るべく、口の中を診察。原因は吸虫と呼ばれる寄生虫だった。体重にあった量の薬を水に溶かして投与。「ケガをした動物がその後健康にイキイキとお客さんの前に出ているのを見るとやりがいを感じる」と述べていた。

彼女の一日は午後5時に閉園してもまだ続く。
作業を終え、帰宅したのは午後9時。ひとり暮らしで自炊を行なっていた。遅い夕食の後は勉強。新人の彼女にとって毎日初めて起きることばかりなので、予習と復習は欠かせない。「前任の獣医のように頼れる存在になりたい」と話していた。

■園外での活動

月に2度は、仕事が終わった後に外部の動物病院で実際の診察方法を教わっていた。
「病院だと手術の流れや薬剤の使い方などが分かり勉強になる」とコメントしていた。上司や同僚は、「医師として逞しい」「新人ながらも一人で多くの頭数を診るのは素晴らしい。相当なプレッシャーが掛かっていると思う」と話していた。

獣医として園外に出かけることもある。
この日は車で4時間掛け、愛知県知多郡美浜町にある南知多ビーチランドへ。イルカが妊娠しており、自らエコー検診を体験したいと交渉し特別に許可を貰っていた。そこの獣医は大ベテランで、エコー検診を教えて貰った。自分の担当のイルカの妊娠に備えての勉強だった。水族館の獣医は全国で数十人しかいないので、お互いに情報交換をし、交流することが大切なのだという。

和歌山で保護されたウミガメが全身出来物だらけで対処することにもなった。手術の経験の無い彼女に、場数を踏ませようという園長の配慮だった。
後日和歌山からウミガメが運ばれ、手術が始まった。
3時間かかったが、手術は成功。ウミガメは高知県の施設に移され、その後元気を取り戻したという。

■休園日でも診察

水族館の獣医は、休日返上で診察することがある。
ペンギンが体調不良となった日には、診察をし、採血検査をしなければならない。2日後、検査結果は異常なし。飼育員によると、「逆に原因がわからないのでこれから慎重に観察しないといけない」とのことだった。しかし数日後、例のペンギンは元気よく水槽を泳ぎ、食欲も戻った。
ところが毛塚は、安堵すると同時に「医療のレベルが私のレベルになってしまっている」と反省。「責任感を感じる」と話していた。

こうした新米の頃から、彼女は多様な動物の多くの症例に出会い、場数を重ねると共に数々の先達に出会い、確実に実力を着けてきた。
今では9頭いるイルカは顔で見分けることができる。仕事が山積みの中、飼育員からは絶えず相談事が持ちかけられるが、園内を1日中走り回っていてもやりがいを感ずるという。
「生き物の魅力を伝えたい」という彼女が、忙しさの中でも笑顔を忘れずに、動物に献身し続けている。
そんな彼女のセブンルールはどんなものか、大いに好奇心を掻き立てられる番組と言えよう。

文責・次世代メディア研究所http://jisedai-media.main.jp/

『セブンルール』関西テレビ制作・フジテレビ放送 毎週火曜よる11時~
https://www.ktv.jp/7rules/

関連記事