TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

橋本環奈と栗山千明に亀裂!?~亀梨和也『FINAL CUT』新展開へ~

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

橋本環奈と栗山千明に亀裂!?~亀梨和也『FINAL CUT』新展開へ~

12年前の真犯人とにらむ男の妹・雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)に別人を装って接触していた慶介(亀梨和也)は、とうとう雪子と会っている時に若葉と鉢合わせてしまった。姉妹二人には決定的な亀裂が入ってしまったのか?
また母を犯人扱いした首謀者・ミスターメディアこと百々瀬(藤木直人)に慶介は宣戦布告した。遂に人気司会者の思いもよらぬ弱点と、事件に意外な人物が関与していたことが明らかになる。ところが百々瀬の鮮やかな巻き返しにあった慶介は、大ピンチに陥る。

■これまでの“FINAL CUT”

初回で井出P(杉本哲太)に突き付けた“FINAL CUT”は、隠し撮りにより名プロデューサーの実態が真逆というものだった。最後は警察幹部でさえ、弱みを握ってスクープ放送に漕ぎつけるというやり口は、ジャーナリズムを逸脱したものだった。

第2話で突き付けた“FINAL CUT”は、手段を択ばない真崎D(水野美紀)の本音や取材のやり口。特に事実をねつ造してでもスクープをものにしようという姿勢は致命的だった。

第3話は、追加取材の中でこれまでの認識が事実と異なることを知った小池D(林遣都)の、スクープか良心かで揺れる部分を抉った。最終的には弱さを露呈させてしまったが、報道現場の落とし穴として身につまされた関係者は少なくなかったはずだ。

そして第4話のターゲットは、カメラマンの皆川(やついいちろう)。カメラは時に凶器となりうるが、子供を追い詰める姿は常軌を逸していた。取材する側とされる側の強者・弱者関係に思いを巡らせた視聴者が多かったはずだ。

■第5話の概要

当時、母を犯人だと断じたのが司会の百々瀬(藤木直人)だと聞き出した慶介。
一方で、12年前の真犯人とにらむ男の妹二人に、それぞれ別人を装って接触していたが、とうとう三人で鉢合わせてしまい絶体絶命の窮地に陥ってしまった。
12年前、なぜ警察が発表するより先に、百々瀬は恭子を犯人と断じたのか。慶介は百々瀬の行動や経歴を洗い始める。その矢先『ザ・プレミアワイド』が好評企画の第2弾を突然中止にしたとの情報が入る。百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は、百々瀬のバックに何者がいるのか確かめようと、井出Pに揺さぶりをかける。翌日、百々瀬が井出とともに出席した会食の場に同席していたのは、慶介の警察の上司・高田(佐々木蔵之介)だった。
ついに百々瀬に迫った慶介は、人気司会者の思いもよらぬ弱点を突き付ける。ところが百々瀬の鮮やかな巻き返しに慶介はあってしまう。
さらに鉢合わせして以来、会っていなかった雪子から「兄が帰ってきた」と連絡が入る。

■視聴者の評価

『FINAL CUT』の視聴率は、初回7.2%、2~4話が共に6.5%とあまりパッとしないが結構ねばっている。
録画再生視聴率も、リアルタイム視聴率とほぼ同数あり、総合視聴率的にはまずまずだ。
データニュース社「テレビウォッチャー」の満足度でも、初回3.59の後、2話以降が3.48、3.65、3.62と、今クール一桁に留まる他のドラマと比べると結構高い。
「いろいろな謎が解けていくのが楽しみ」女43歳(満足度4)
「展開が全体的に早い。妹二人に近づいていたが、同一人物であることが4話でばれるとは思わなかった」女31歳(満足度4)
「回を重ねるごとに面白くなっている。この業界の裏側が面白さを際立たせている」女68歳(満足度4)
「続きが読めなくて気になる」女40歳(満足度4)

視聴者の声や評価を見ても、幅広い層に関心を持たれていることがわかる。
「切なくも痛快な復讐劇」と制作陣が謳うように、基本的にはエンターテインメントだ。それでもメディア新時代にメディアのあり方を問うという志が、幅広い世代の共感を呼んでいるようだ。
展開自体がどうなって行くのかにも興味が行くが、メディア批評の着地がどうなるのかにも大いに関心がある。どう転がって行くのか、注目したい。

文責:次世代メディア研究所 http://jisedai-media.main.jp/

『FINAL CUT』関西テレビ制作・フジテレビ系列放送 毎週火曜よる9時~
https://www.ktv.jp/finalcut/index.html


  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア