TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

亀梨和也×橋本環奈×栗山千明 復讐と三角関係に揺れる『FINAL CUT』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

亀梨和也×橋本環奈×栗山千明 復讐と三角関係に揺れる『FINAL CUT』

“FINAL CUT(ファイナルカット)”とは、公開されると相手の人生が終わる致命的な映像のこと。
亀梨和也演ずる主人公・中村慶介には、メディアに犯人扱いされ、自殺に追い込まれた母がいた。その無念を晴らすため復讐を誓い、母を追い詰めた者たちへ“FINAL CUT”を突き付けることで、目的達成のために“言いなり”にしていく。
ところが事件の真相の鍵を握る美人姉妹・小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)にも接近したが、初めて“人を深く愛する”ことも知る。その“許されざる恋”は、図らずも彼の復讐劇を狂わせていく。

SNSなどで誰もが映像を発信できる時代。
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける「加害者」にも「被害者」にもなり得る時代の“恐ろしさ”、メディアに翻弄される人々の“やるせなさ”、そして禁断の復讐と三角関係の中で真実の愛に覚醒していく“切なさ”の中で、亀梨和也×橋本環奈×栗山千明の関係はどう変化していくのか。三人はそれぞれどう成長していくのか。また役者としてそれぞれの新境地をどう切り開いていくのか。

策略あり、愛憎あり、どんでん返しありのスリリングな復讐劇は、正に“FINAL CUT”に向けて始まる。

■初回の概要

12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子(裕木奈江)が経営する保育園の園児が何者かに殺害された。警察による捜査が進むなか、百々瀬塁(藤木直人)が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げた。番組がきっかけで、世間からの誹謗(ひぼう)中傷にさらされ、次第に追い詰められた恭子は、ついに自ら命を絶ってしまう――。

その後12年の時を経て、美術館で働く小河原雪子(栗山千明)は、絵の勉強をしているという男性と出会う。妹の若葉(橋本環奈)が思いを寄せてデートを繰り返している相手とは知らず、好感を抱く雪子。しかし、その男性の正体は、それぞれ素性を隠して姉妹に近づいた慶介だった……。

慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。そんな中、娘の心臓移植のために『ザ・プレミアワイド』の取材を受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。
事実と異なる内容に編集され、放送されたことによって入院先の病院に多大な迷惑をかけてしまったという喜美子は、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)のごう慢な対応についても困惑していた。かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、皆川義和(やついいちろう)による取材によってメディア被害を受けた経験がある慶介は、再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。

一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)の姿があった……。
そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。そこで突きつける、公開されると井出の人生を終わらせる映像“ファイナルカット”とは・・・。

■作品への期待

主演の亀梨和也は同ドラマを、「(台本は)単純な悪者退治ではないストーリーで、今の時代だからこその新しい復讐劇」「角度によって物事の見え方が違うというのがテーマ」と述べている。重層的かつ多角的に堪能できる作品のようだ。

三角関係に陥る美人姉妹の姉を演じる栗山千明も、「さまざまな情報が行き交う今の世相を反映していて、すごく面白い」と太鼓判。また物語の展開については、「『この家族どういうこと!? 』という疑問が、このドラマのスパイスであり、ミステリー要素」「毎話少しずつ明らかになる小河原家の秘密にも注目」という。
妹を演ずる橋本環奈も、「スカッとするドラマになっている」とのこと、ストーリー展開にも大いに期待が持てそうだ。

プロデューサーの豊福陽子は、『僕のヤバイ妻』、『チーム・バチスタ』シリーズ、『素敵な選TAXI』、映画『アンフェア』などを手掛けている。
演出の三宅喜重は『嘘の戦争』、『僕のヤバイ妻』、『銭の戦争』、映画『阪急電車 片道15分の軌跡』など、日暮謙は『過保護のカホコ』、『〇〇妻』、『家政婦のミタ』などを創って来た。
そして脚本の金子ありさは、『わたし、結婚できないんじゃなくてしないんです』、『花燃ゆ』、『電車男』、『ボクの妻と結婚してください』などを書いてきた。

いずれも名作・傑作ぞろいで、こうした才能が化学反応を起こすと、どんな新境地が切り拓かれるだろうか。
初回は9日(火)の夜9時から15分拡大版。初回から息詰まる展開で、テンションは一気に上昇するようだ。楽しみにしたい。

文責:次世代メディア研究所 http://jisedai-media.main.jp/
『FINAL CUT』関西テレビ 毎週火曜よる9時~
https://www.ktv.jp/finalcut/index.html

関連記事