TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

平穏な奥様?波乱万丈のスリル?~『奥様は、取り扱い注意』が遂に要注意~

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

平穏な奥様?波乱万丈のスリル?~『奥様は、取り扱い注意』が遂に要注意~

ワケありの人生をやり直し、人も羨むちょっとセレブな専業主婦となった主人公。一見幸せに見える主婦たちが抱えるトラブルに首を突っ込む中で、ご近所の主婦たちとの友情や旦那の存在により、本当の優しさと温かさを知って行く『奥様は、取り扱い注意』。
主演は綾瀬はるか。夫役に西島秀俊、ママ友に広末涼子と本田翼をキャストした。F1F2(女20~49歳)に好感度の高い俳優が揃っている。

■ドラマの実績

初回視聴率は11.4%。2話以降は11.3→12.4→11.2→14.5→12.9→12.7→12.4→13.6。多くのドラマは2話で下がることが多いが、同作は下がらなかった。そして3話と5話以降は全て初回より高く、9話までの平均も12.5%と初回を上回っている。
さらに録画再生率も上々だ。初回視聴率は11.2%の後、2話以降11.9→12.0→11.4→11.9→12.9→12.3と推移している。ライブ視聴とほぼ同等で、自分の自由になる時間にじっくり見たいドラマとして、内容が高く評価されていることがわかる。

視聴率だけではなく、全話を見続ける人の数でも同ドラマは特徴的だ。
データニュース社「テレビウォッチャー」は、関東でモニター2400人のテレビ視聴動向を調べている。これによると、ライブあるいは録画再生で同ドラマの初回を見た人は176人。2話以降の全話を見続けた人の数は、123→97→87→78→76→74→70人と推移した。特に5話まで見続けた人は、その後ほとんど見るのを止めていない。

「面白い。綾瀬はるか好きです」女31歳(満足度5・次回絶対見る)
「綾瀬さんのアクションシーンが新鮮」女47歳(満足度4・絶対見る)
「海外ドラマのような脚本が良い」女39歳(満足度5・絶対見る)
「絶対負けないヒロインが綾瀬はるかに合ってます」女47歳(満足度5・なるべく見る)
「出演者といい今期最高ドラマかも」女52歳(満足度5・絶対見る)

以上は8話まで全部見続けている人々の初回視聴後の感想だ。F1F2(女20~49歳)の占める割合が高いが、ドラマにハマったコアなファンが如何に多いかわかる。
そもそも綾瀬はるかのアクションが初回冒頭シーンから話題が沸騰していた。さらにF1F2にとっては、結婚生活の中での“夫婦関係の悩み”が散見され、自分事として関心を集めた。
他に綾瀬はるかが夫を誘惑する“ちょいエロ”なサービスシーンもあり、男性にも注目された。ただし夫婦一緒に見づらいシーンが散見されるためか、タイムシフト視聴が秋ドラマの中で断トツとなっていた。

■第10話の概要

菜美(綾瀬はるか)が、愛する旦那・勇輝(西島秀俊)の本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた夜、史上最大の“夫婦喧嘩”が勃発した。自分のすべてを尽くした死闘の中でお互いへの愛を再確認した菜美と勇輝は、一時“休戦”。任務のために菜美に近づきながら本気で菜美を愛してしまった苦悩を打ち明けた勇輝は、“普通の主婦”としてドイツで暮らすことを提案する。しかし、お行儀の良い、見せかけだけの“未来”を菜美は受け入れることはできない。
そんな中、優里(広末涼子)は久々に啓輔(石黒賢)の思いやりに触れ、横溝(玉山鉄二)との対決を決意。しかし横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに優里に暴力をふるい、優里は重傷を負って入院してしまう。勇輝は菜美に、これからも2人が夫婦でいるために優里の事件を“黙殺”するように忠告。しかし京子(本田翼)から優里が佳子(宮下今日子)と接触していたと聞いた菜美は、事件の真相を明らかにするために動き出す。
優里は、自分の過ちをふくむすべてを菜美に告白。親友の“幸せ”を守るために、菜美は横溝への復讐を決意する。しかしそれは、菜美と勇輝の“幸せ”の終わりをも意味してしまうのか。

主婦として平凡な日常を過ごすこと、愛している人と一緒に暮らすこと。そんな「普通の幸せ」を手に入れるために特殊工作員という過去を捨てた菜美(綾瀬はるか)。しかし主婦たちの問題を解決する中で、自分が本当に求めていたのは「スリル」だったことに気付いてしまった。そんな中、勇輝(西島秀俊)がある任務のために自分に近づいていたことが判明。勇輝は、「スリル」のある生活を捨てて夫婦として生きていこうと菜美に告げたが・・・。
親友の幸せを守るため、勇輝の制止を振り切って“奥様”としての最後の闘いに挑む菜美。奥様たちをどんな未来が待っているのか。そして菜美の最後の選択はどうなるのか。

ここ2~3話で夫(西島秀俊)の素性が明らかになり始め、視聴率が上がり始めていた。今回で実態が全て明らかになり、視聴者の注目はいよいよピークに達するだろう。最後の最後での“奥様”の決断。これは多くのF1F2にとって、他人ごとではない“人生如何に生きるべきか”に触れる大テーマになりそうだ。

文責・次世代メディア研究所
『奥様は、取り扱い注意』日本テレビ水曜よる10時~
http://www.ntv.co.jp/okusama/

関連記事