コラム

綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』は“大化けの可能性”ゆえ取り扱い注意!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

『奥様は、取り扱い注意』が、要注意な快進撃を見せている。
主演は綾瀬はるか。
広末涼子、本田翼、西島秀俊、石黒賢とベテランが揃う豪華キャスト。最大の売りは、綾瀬はるかのアクションと大人の色気。これまでの天然キャラを覆し、スカッと爽快感&魅惑的な世界が見所だ。

■5話までの実績

視聴率では、初回が11.4%で秋クール全ドラマの中で6位。まずまずの滑り出しだった。
その後、第2回11.3%、第3回12.4%、第4回11.2%と安定的に推移し、そして第5回で14.5%と一挙に3%以上跳ね上がった。この14.5%は全ドラマの中で4位の成績である。

『奥様は、取り扱い注意』が凄いのは、以上の視聴率だけではない。
この数字はリアルタイムに番組を視聴した世帯の割合を示す。ところがドラマは録画再生などタイムシフトで見る人が多く、ものによっては後者の数字の方が大きくなることもある。
同ドラマの場合、初回が11.2%、第2回11.9%、第3回12.0%と推移しており、全ドラマの中でトップを快走している(以上はビデオリサーチ社の関東900世帯調査から)。
気楽に見る人に加え、じっくり集中して見たいという視聴者も少なくないドラマなのである。

■視聴者の反応

タイムシフト視聴する人が最も多い以外に、同ドラマにはもう1つ特徴がある。
初回から全話を「リアルタイムで見る」あるいは「録画チェックをする」人の比率が極めて高い点である。データニュース社「テレビウォッチャー」は、関東地区で2400人のテレビ視聴動向を調べている。これによると、同ドラマ初回を見た人は176人。そのうち5話までを視聴あるいは録画チェックし続けた人は87人と、約半分の人が脱落せずに見続けている。
2話目から見始めた71人の中でも、23人とほぼ3分の1の人がハマっている。この数字は通常のドラマよりかなり高い値となっている。

「ストーリー設定といい、出演者といい今期最高ドラマかも」女52歳
「綺麗な綾瀬はるかだけでなく、「精霊の守り人」で見せた素晴らしいアクションも見られて満足!」女62歳
「主人公を応援したくなった。面白かった」女39歳
「綾瀬はるか演じる主人公がカッコ良かった」女22歳

一度見た人を惹きつける力の強いドラマだが、特に女性の評価が高い。
主婦の課題がきっかけにあり、それを巧妙な作戦と、最後は痛快なアクションで解決される辺り、多くの女性を惹きつけているようだ。

「綾瀬はるか、広末涼子、本田翼を見て癒される」男46歳
「綾瀬はるかのアクションシーンは見どころある」男35歳
「綾瀬はるかの新境地が可愛い」男79歳
「綾瀬はるかの代表作になるレベルの面白さと新たな一面の発見」男51歳

しかも女性だけをターゲットにしているわけではなく、お色気とアクションとの落差で、多くの男たちも篭絡しているいるようだ。これが高い数字につながっている。

■第6話の概要

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めた。花を相手に京子が悪戦苦闘する一方、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始める菜美。そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から、菜美は町の広報誌の取材を申し込まれる。
取材当日、菜美は約束の時間通りに冴月の家へ。するとそこに、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)がやってきた。帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに菜美が冴月の家に足を踏み入れると…なんとリビングに冴月の夫・達郎の死体があった。現場の状況から、菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分をアリバイ作りに利用したと直感する。

翌日から“第一発見者=容疑者の一人”として捜査に協力することになった菜美は、勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚し、マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道。菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したのだが、ウワサがウワサを呼んで街には殺伐とした雰囲気が漂い始めた…。
「大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!!」・・・持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付けた菜美は、自らの手で事件を解決しようとする。

第5話までは家庭内やママ友内のトラブルなどがテーマだった。しかし後半戦に入り、次第に大きな事件と主人公が対峙する物語に進化して行くようだ。生い立ちから某国の特殊工作員だった経歴などが、いよいよ物語の展開に本格的に関わって来るのか。危険な匂いが強くなってきた同ドラマの今後が見逃せない。

文責:次世代メディア研究所  http://jisedai-media.main.jp/<
『奥様は、取り扱い注意』日本テレビ水曜よる10時~
http://www.ntv.co.jp/okusama/

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP