TV番組情報をコラムとしてお届け!dmenuTV

コラム

『貴族探偵』主役・相葉雅紀は残念!・・・でも脇役の評価は上々!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

『貴族探偵』主役・相葉雅紀は残念!・・・でも脇役の評価は上々!

今回退任が決まったフジテレビ亀山千広社長が、2月の会見で「30周年は良いタイミング。新たな枠のスタートとしたい」と、月9のイメージ一新の作品と位置付けた『貴族探偵』。
ところが8話までの平均視聴率は8.8%。フジの8chにちなんだゾロ目となっているものの、「月9のイメージ一新の作品」となるにはあまりに寂しい数字だ。前クールの『突然ですが、明日結婚します』の6.7%を、最終的には上回ることは間違いなさそうだが、去年秋の『カインとアベル』8.2%とはいい勝負。去年夏『好きな人がいること』8.9%には届かない可能性がある。いずれにしても一桁脱出は絶望的で、とても成功作とは言えない。

■敗因は低い満足度

敗因は視聴者の満足度が極端に低い点。
データニュース社「テレビウォッチャー」の記録では、初回から2.99と5段階評価の3を切ってしまった。2点台は月9史上初めての低い数字だ。人気アイドルグループ嵐の相葉雅紀を起用しながら、“推理しない探偵”などの設定は明らかに不評だった。
2話以降も満足度はあまり上がらず、8話までの平均は3.19しかない。視聴率が7%を切った『突然ですが、明日結婚します』の満足度にすら及んでいない。ドラマの平均は3.6~3.7なので、相葉ファンを含み、実際に視聴した人の評価は極端に悪いと言わざるを得ない。

視聴者の声に耳を傾けると、まずキャスティングに問題があることがわかる。

「つまらなかった。相葉ちゃんの演技が下手すぎて浮いていた」女31歳(満足度2)
「キャスティングも人物設定合っていなく、違和感を感じた」男29歳(満足度1)
「相葉くんの貴族ぶりが気に食わない」女55歳(満足度4)
「幼稚で子供の学芸会のようなドラマ。主人公は相葉雅紀ではなく武井咲?フジテレビは『もしかしてズレてる』」
女60歳(満足度1)

ただし脇役への評価は一定程度高かった。

「個性的な出演者が多く面白い」男44歳(満足度5)
「脇役陣のキャラが面白い。特に事件の再現の演出が毎回笑える」女39歳(満足度4)
「あの3人だけのスピンオフをみたい」男34歳(満足度3)
「殺人の再現の松重さんが面白かった」女25歳(満足度3)
「生瀬さんのツッコミが面白い」女47歳(満足度3)

主役がイマイチなこと、さらに物語が面白くないため、前向きな視聴者が良い点を探した結果、脇役に面白みを見出しているようだ。

「つまらなすぎ」女44歳(満足度1)
「面白くなるのを期待して見ているが、単調でつまらない」男29歳(満足度1)
「つまらなかったので、10分も見ずに消した」女35歳(満足度1)
「いつみても面白くない」女61歳(満足度1)
「いつもいつも見たいとは思っている。でも何故か途中で寝てしまっているようだ。つまらない、ということなのだろうか?」女55歳(満足度2)

■起死回生はなるか?

苦しい状況となっているが、「終幕へのカウントダウン!映像化不可能の名作をドラマ化、そして女探偵は貴族探偵の謎に迫る」と同局は終盤の起死回生を謳っている。

喜多見切子(井川遥)の死の真相、そして貴族探偵(相葉雅紀)の関わりを追う高徳愛香(武井咲)は、政宗是正という人物にたどり着く。愛香に頼まれた鼻形雷雨(生瀬勝久)が、政宗を警察庁のデータベースで調べると、シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、貴族探偵と同じように一切が謎に包まれた人物だった。
愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された渓谷に花を手向けに行く。切子は上流の山道から転落して流された事故死とされていたが、当時の関係者は遺体には目立った外傷がなかったと証言していた。鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、当時の資料を持ち出すよう頼む。
その喫茶店に、作家の大杉道雄(小市慢太郎)がいることに鼻形が気づく。鼻形は大杉の妻で、元女優の本宮真知子(高岡早紀)のファンだったのだ。愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉にサインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。
そんな時、鼻形の携帯が鳴る。貴族探偵の執事・山本(松重豊)からだ。貴族探偵が珍しい蝶を探していると愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見したと言う。愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、貴族探偵の天幕が張られている。貴族探偵はまたしても事件の謎解きを愛香に求めてきた。
殺害されたのは水橋佐和子(田中千絵)。真知子の妹で、キャンプ中に殺害された。貴族探偵は、そのあまりに美しい遺体の姿に目を奪われる…。

さてさて同ドラマの番宣文は、どの部分が売りなのか良く分からない。
それでも終盤の起死回生を狙った1話である。多くの視聴者が納得する挽回の一策がどんなものなのか。もやは視聴率は難しいとしても、低迷している満足度がどこまで改善するのか。
このままでは月9のイメージを大きく塗り替えかねない同ドラマが、最後にどこまで健闘するのか注目したい。


文責・次世代メディア研究所 http://jisedai-media.main.jp/

『貴族探偵』フジテレビ 毎週月曜よる9時~
http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

関連記事