コラム

上げ潮「火曜ドラマ」が新境地!?~“大人の四画関係”はどうヒットするか?~

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

TBS火曜10時の「火曜ドラマ」は今、上げ潮に乗っている。

長期に渡りバラエティ番組が放送されて来た枠だが、2014年4月から新しくドラマとなった。主演俳優は基本女性が務め、20~40代の女性ターゲットに絞り、徐々に支持を集めつつある。

これまで放送した12本を振り返ると、幾つかの傾向が見える。
まず視聴率も満足度も今ひとつのドラマを見ると、人気があり旬の女優を主役にしたからと言って、今の時代は番組がヒットするとは限らないこと。
『まっしろ』は堀北真希。「設定に無理がある」などの批判があった。
『ホテルコンシェルジュ』は西内まりや。「古い」「二番煎じ」などの声が聞こえた。
『結婚式の前の日に』は香里奈。スキャンダル問題などが響いたようだ。
『せいせいするほど、愛してる』は武井咲と滝沢秀明。実際にティファニーが協力するなど、キラキラの世界を描いていたが、「ストーリーが古臭い」など疑問の声も少なくなかった。

逆に視聴率か満足度の高いドラマは、“斬新”“振り切った内容”など、設定や物語に光るものがあった。
視聴率は一桁止まりだったが、『重版出来!』は満足度4.20と断トツ首位。火曜10時枠に限らず、連続ドラマの平均がここまで高いのは滅多にない。漫画雑誌の編集に注ぐ愛と熱意が、視聴者の感動につながったようだ。
そして視聴率も満足度もピカイチだったのが『逃げるは恥だが役に立つ』。35歳童貞と意識高い系妄想女子が、契約結婚から恋愛に陥って行く展開が斬新だった。
他にも『カルテット』は、視聴率も満足度も傑出したわけではなかったが、SNSで大いに盛り上がった。以上のようにTBSの火曜10枠は、上げ潮に乗って、じわじわ数字を上げている。

こうした流れの中で、『あなたのことはそれほど』が始まる。
“2番目に好きな人”と結婚した主人公・渡辺美都(波留)。ずっと想い続けていた中学時代の同級生・有島光軌(鈴木信之)と偶然再会したことからすべてが始まる──。
夫・渡辺涼太(東出昌大)は、愛妻家の完璧な男。ただし妻が好きすぎて、彼女の嘘に気付きながらも結婚生活を続けようと努力し、次第に精神に変調をきたすようになる。
そして光軌の妻・麗華(仲里依紗)は、見た目は地味だがしっかりもの。父の浮気が原因で両親が離婚という過去を持つ。

運命だと信じていた男との再会に心を揺さぶられる女。
不倫されたと知っても妻を愛し、責めない男。
浮気をしている夫を手のひらで転がす妻。
軽い遊びのつもりが抜けられなくなる男。
それぞれがそれぞれのやり方で大切なものを守ろうとする姿に、人間の狡さや弱さが描かれる大人のいびつなラブストーリー。

こうした大人の四画関係は、とにかく従来の「火曜ドラマ」にはなかった世界だ。
後は視聴者への納得性と吸引力の問題。上げ潮に乗る同枠の新たな世界の開拓に期待したい。

文責・次世代メディア研究所 http://jisedai-media.main.jp/


『あなたのことはそれほど』TBS毎週火曜よる10時~
http://www.tbs.co.jp/anasore/

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP