コラム

“小”vs“大” “個人”vs“組織”はTBS日9ドラマ“勝利の方程式”

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

ここ数年でTBS日曜9時の「日曜劇場」が、「小vs大」「個人vs組織」の構造の中で男たちが熱く闘ったドラマが3本あった。
15年秋クールの『下町ロケット』、14年春の『ルーズヴェルトゲーム』、そして13年夏の『半沢直樹』だ。
各ドラマの視聴率と満足度を追うと、共通する傾向があることがわかる。

『下町ロケット』は初回視聴率が16.1%で始まり、多少の上下はあるものの、じわじわ上げて行き、最後は22.3%と20%の壁を突破した。初回から最終回へ4割弱も上げている。
前提には満足度の高さがある。データニュース社「テレビウォッチャー 」が3000人のテレビ視聴動向を調べたもので、実際に視聴した人の満足度を5段階で判定してもらい、その平均を算出したものだ。これによると、初回から3.95と高く始まり(ドラマの平均は3.6~3.7)、2話で4.18、4話で4.26.8話で4.32とうなぎ登りに上がって行った。この満足度に併せるように、視聴率が上がっていたのである。

これに比べると、『ルーズヴェルトゲーム』や力強さにやや欠けていた。
初回視聴率14.1%は、『下町ロケット』と比べ大きな遜色はなかった。ところが2~4話は初回を上回ることなく、6話でようやく16.0%、再び率は足踏みし、最終回でようやく17.6%となった。
前提となる満足度は、初回が3.64と凡庸だった。その後じわじわ上がって行くが、4.0を超えるのが4話、4.1に達するのが最終回前、そして最終回でようやく4.22だった。盛り上がりが遅かったと言えよう。
それでも他のドラマと比べると、視聴率も満足度もかなり高い。「小vs大」「個人vs組織」構造のドラマが評価されたことには違いないが、大ブレークには至らなかったと言わざるを得ない。

大ブレークは、言わずと知れた『半沢直樹』だ。
初回視聴率が19.4%で始まり、2話以降一度も下げることなく上昇を続け、最終回は42.2%とTVドラマでは歴代2位の金字塔を打ち立てた。
実は満足度も初回から4.16と極めて高く、3話で4.3突破、5話で4.48と極端に高い数字となった。その高い評価を最終回前まで続け(最終回は終わり方に賛否があったために、4.22とやや下がった)、シリーズ平均でも4.34と「テレビウォッチャー」が調査を始めた2012年以降の全ドラマの中でも最高レベルとなった。

以上のように、「小vs大」「個人vs組織」構造ドラマはことごとくヒットしてきた。『半沢直樹』に至っては、日本のテレビ史上屈指のヒットだ。
これから始まる『小さな巨人』は、これら3本と構造が極めて似ている。
挫折を味わった一個人vs「警察」という巨大組織。
所轄vs警視庁本庁。
大人社会での駆け引き、出世争いの中で信じられるのは己の信じる正義のみ。
奮闘する男たちの戦いを描くエンターテインメント。
要素は全て、過去のヒット作と酷似しているのである。

さて注目の初回。
警視庁捜査一課強行班1係長の香坂(長谷川博己)は、難事件を解決する活躍をみせていた。その祝勝会、前捜査一課長で今は所轄の署長をしている三笠(春風亭昇太)と料亭で会食していると、現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れる。三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっている。

会食を終えた香坂は、料亭の前で中小企業の社長・中田隆一の飲酒運転を疑い取り調べた際、偶然、彼の車を傷付けてしまう。すると翌朝、大手ニュースサイトの見出しに“飲酒状態の刑事、車を破損”と掲載されてしまった。
香坂は警察の不正を調査する監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、宴席の直後に取り調べをしたのではないかと問いただされる。黙秘を続けるが、上司にあたる小野田が呼び出され、日本酒を飲んだことを打ち明けられ、警察の名誉を傷付けたとして所轄への異動を命じられてしまう。

香坂が所轄にやってくると、日本経済のトップに立つIT企業の社長が誘拐される事件が発生する。捜査一課の時と同様に捜査をしようとする香坂だったが、これまで部下であった警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)に「所轄は後方支援。現場は本庁に任せてください」と釘を刺される。
香坂のもとに残されたのは、問題だらけの所轄刑事のみ。
彼は窮地を脱し、果たして捜査一課に返り咲くことはできるのか!?

こうして始まる新たな「小vs大」「個人vs組織」構造のTBS日曜劇場。過去3作の例にならえば、初回の出来が大ブレークかそこそこのヒットかを決めている。
どんなテイストに仕上がっているのか、大いに注目したい。
文責・次世代メディア研究所 http://jisedai-media.main.jp/


『小さな巨人』TBS 毎週日曜よる9時~ http://www.tbs.co.jp/chiisanakyojin_tbs/

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP