コラム

『MOCO'Sキッチン』オリーブオイル“苦情殺到問題”の問題!

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア

news画像

日本テレビ系情報番組「ZIP!」の人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。
2011年4月にスタートした本コーナーは、料理を担当する速水もこみち さんがオリーブオイルを「これでもか!」と多用する姿が好評を博している。

番組の開始当初からスタートしている『MOCO'Sキッチン』は、先週末(3/10)時点で1496ものレシピを紹介。今週(3/13~)で1500レシピを達成する。
達成記念として、通常は1日1品のところ、今週は「パーティー料理」と題して4品を同時に料理。3/14放送では「肉料理」、「魚料理」、「スイーツ」についてあと少しで完成、というところまで調理が進められた。

本コーナーに関し、「使用するオリーブオイルの量が多すぎる」と問題視する意見が、先月放送倫理・番組向上機構(BPO)に寄せられた。
このニュースは、3/10にJ-CASTニュース によって報じられて以降、インターネット掲示板やTwitterで大きな話題を呼んでいる。

あるサイトでは、「MOCO'Sキッチンに苦情殺到」とタイトルを付けて大々的に報じているが、果たして本当に苦情は“殺到”しているのだろうか。

ニュースソースである放送倫理・番組向上機構(BPO)のサイトを見ると、17年2月に視聴者から寄せられた意見の概要を公式サイト上で公表しており、その中で全1713件の視聴者意見のうち20件を抜粋して紹介している。

抜粋された20件の意見というのは番組やラジオ・CMに関するもので、多岐に渡っている。具体的には以下のような意見だ。

・午後の情報番組は、いつも同じ内容しか放送しない。この番組のせいで、豊洲市場の風評被害が広がっているので、やめてほしい。
・夜のニュース番組で、女性キャスターが結婚報告をしていた。いつからアナウンサーやキャスターが、個人的なことを発表するようになったのか。
・若い女性がブラジャーをつけ、微笑むCMが流れている。生々しくて不愉快だ。万人の目に触れるテレビで流すべきではない。

ニュースになったのは、これらに並んで書かれている以下の意見だ。
・朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか。

つまり、2月に寄せられた1713件の意見のうち、たった1件の意見として紹介しているだけなのだ。紹介されている意見は、いずれも1713人いれば1人は考えそうなことであり、特に変わった意見ではない。たまたまBPOが抜粋して紹介したに過ぎないのだ。それが、あたかもMOCO'Sキッチンに苦情が殺到しているかのような報道ぶりである。

1件とはいえ意見があるのは間違いないので、誤った報道ではないのだが、人は物事の側面だけをあたかも全体のように捉えてしまいがちなので注意したい。

筆者は一般社団法人日本味覚協会 の代表を務めており、食に関する講演の際に、よく参加者の方から「私は健康を意識して食品添加物は取らないようにしています」との意見を聞く。確かに食品添加物=悪、という印象があるが、実はそれも情報の「側面」に過ぎない。全ての食品添加物が体に悪いわけではなく、むしろ一部が悪影響なだけなのだ。

例えば、「ビタミンC」。
烏龍茶の原材料名には「ビタミンC」と表示されているのだが、これはビタミンCの持つ抗酸化作用を生かし、酸化防止剤として入れているためだ。よって、「酸化防止剤」と表示しても良いことになっているが、イメージが悪いため、多くの食品会社では「ビタミンC」と表示している。まったく同じものなのに、表示の仕方によって印象が変わるのは滑稽だ。

情報が溢れるネット社会で、真に正しい情報を読み取るのは不可能に近い。正しい情報かどうかは、多視点から書かれた類する複数の情報を入手し、比べることで、はじめて判断ができる。現実的にそれは難しいので、記事を読んだときは、これも一つの意見、と一歩引いた視点を持つことが重要だ。
もちろん、この文章も、「一つの意見」であることを忘れないでいただきたい。


(一般社団法人日本味覚協会 代表 水野考貴)
著者ブログ:『味覚ステーション~世界一面白く食品・栄養・味覚を学べるサイト』

  • twitterTwitter
    でシェア
  • twitterFacebook
    でシェア
  • LINEで送るLINE
    でシェア
TOP